2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

これでフラッシュ作って!!

1 :モテナイ男:04/02/24 07:05 ID:kHpPbIq6
http://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/l50
すげぇ・・・。感動しますた
FLASH職人さんおながいします

2 :Now_loading...774KB:04/02/24 07:08 ID:iDq7PLY+
Aゲット

3 :Now_loading...774KB:04/02/24 07:08 ID:???
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

4 :Now_loading...774KB:04/02/24 07:56 ID:???
自分で作れよ厨房が

5 :Now_loading...774KB:04/02/24 22:35 ID:???
自信ないけどできますた。
ttp://www108.sakura.ne.jp/~hosikawa/sakuhin/karin/hp.swf

6 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:43 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/1

1 :('A`) :04/02/24 02:44
親父が17歳、母親が32歳の時に兄貴が生まれた。
2年後に俺が生まれて、二人はようやく籍を入れた。
親父は昔から格闘技を色々やっており、
体が大きかった俺の誕生に狂喜したらしい。
4歳くらいからほとんど我流(父が言うには正道会館)の空手を仕込まれた。
父は働き者だったが、母は料理が作れない。家事もしない。パチンコ大好き。
うちにはフライパンすらなかった。
中3の時親父が「オムライス作ってやる」っていって買ってきたのが
うちに最初に存在したフライパンだった。ほとんどホカ弁で俺は育っていた。
今思うと。
小学校時代、体が大きく人の倍鍛えていた俺は
当然ケンカばっかりしていた。女子が気になったりしたこともあったが、
まぁ当然ほかの子供らから疎外された存在の俺が女子と仲良くすることはなかった。
家の借金の話を聞かされたのは、中2の時だった。
その時は「ふ〜ん。大変やの」としか思ってなかった。

7 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:44 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/11

11 :('A`) :04/02/24 03:00
中学に入ってから、柔道部に入った。
親父はえらく怒って、部活の話が出るたび稽古をつけられボコボコにされた。
中学ではほとんど揉め事を起こさなかった。
小遣いが全くもらえなかったので、中2の総体が終わった後、
家の近くの工場で年をごまかしバイトをしていた。
時給が1100円、7時から3時までのバイトだった。
学校→部活→バイトの生活は相当厳しかったけど
中3の卒業時には90万近い金をタンス預金していた。
親父は「いつまで夜遊びしとんじゃ!」といつも怒っていた。
小遣い稼ぎとか言っておきながら、いざやり始めると
友達と遊んだりなんかほとんどしなくなった。
で、当然女子との交流なんてまったくなかった。まぁ当然だろう。
でも中3の時に一回だけ告白されたことがあった。
体育館の前だったんだけど、その階段くらいに隠れて楽しそうに見ている
野次馬女子たちの存在にすごく怒りを覚えて、壮絶にフッた。
今思えばなんてもったいないことしたんだろうと思った。
ほとんど女子と話したこともないのに。アホか俺は。

8 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:44 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/19

19 :('A`) :04/02/24 03:14
中2の時から借金の話を聞かされて、
母親がよく金の話をするようになった。
中3の時に親父が不倫をし始めた。
親父はまだ当時33、4.
母親はもう50近いオバさんなんで無理はないだろう。
中学生の俺ですらそう解釈していたが、
母親は親父の愚痴やら借金のことやらを俺にぶちまけた。
深夜に疲れて帰ってきた息子に。まぁ働いていたことは言ってなかったが。
母は兄貴をなぜか溺愛していた。
そのせいか兄貴はずいぶんだらしない体型のだらしない性格になってしまっていた。
俺を本当に邪魔者扱いしていた。今でもなんでだろうと思う。
「実の子を可愛くない母親なんてなんだかんだいってもいないだろう」
と思いながらも、愚痴などのストレスや、
兄貴の存在、団地に4人住まいという狭さもあって、
高校入学時、働いていたことを告げて
「金ならある。入学費も学費も生活費も全部自分でどうにかする。
ハタチまでは名前だけつかわしてもらうけん。」
と言って家を出た。
母親は「まぁ、当たり前やろ」みたいなことを言った。正直びっくりした。
親父は少しさびしそうな顔をしていた。

9 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:45 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/23

高校に入ってからは、部活には入らなかった。
学校→ファミレスor工場→深夜コンビニ
と相変わらず年をごまかしてバイトばっかりしていた。
公立だったので授業料は安く、家賃も格安のところだったので
金に困ることはほとんどなかった。
定時制は4年行かなければならないので嫌だった。
高校をすぐ卒業して警察になりたかったから。昔からの夢だった。
その夢が一気に遠のいたのは、高2の秋ごろだった。
母からの電話で、「お前、貯金とかどんだけあるん」
と言われた。最初は「は?」としかおもわなかった。

10 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:46 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/33

33 :1 :04/02/24 03:43
詳しい話を聞いた。
家には800万近い借金があるらしい。
詳細理由は色々聞かされたが、まぁ母親の実家の問題と、
母親自信のギャンブル狂、あとは兄貴の大学費用くらいのもんだろう。
最初は「実家でてまで愚痴か・・・」っておもったが、そうではなかった。
遠まわしに「返済手伝ってくれ」みたいな言い方をされた。
それから毎日のように電話がかかってきた「自己破産しかないかな」
「どうしようもない」「大輔(兄貴)のことどうしよう」など。
また中学時代のストレスがフツフツと甦ってきてしまった。
そんな時、修学旅行の季節がきた。
まったく青春とは縁がなかった俺は、バイトもあり当然「欠席」プリントに書いた。
しかしその後、教師から呼び出されて、
「自由参加って事にはしとるけど、もうほとんどみんな強制参加なんや」
といわれた。そのあと色々押し問答があり、ストレスや教師の態度、
言われていることの矛盾になにかが切れてしまった。
「お前に俺の何がわかるんじゃ!!」
と叫んだ後、突っかかってきた教師に手を出してしまった。
空手+柔道+バイトでだいぶ鍛えてられていて、
背もほかのほとんどの教師より高かったので、
止めに入った教師も殴り倒し蹴り倒し、暴れまくった。
もう何も考えられなかった。
最後に俺を止めたのは、高校の教師ながら空手も国体選手である教師だった。
今まで体験したことないような衝撃だった。
俺の退学が決まったのは、2週間後だった。

11 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:47 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/42

42 :1 :04/02/24 03:55
警察になりたいために入った高校も退学になって、
俺はそれはもう後悔ばかりしていた。
でも揉めた教師に謝罪することになったのは、退学になってから2年後のことだった。
退学後親と久しぶりに直接話した。
「とりあえず大検をとる。んで800万も3年以内に返す。
年に300万づつ持ってくるけんもう電話とかしてくんな。利子とかは自分でなんとかしろ」
と告げた。母親は冗談だと思っていたが、そのあと何も言わないので
本気だと解釈したと思う。その後親父とも連絡して、そう告げると
「300万も17のガキが年間貯金できるか!アホか!」とかいわれた。
俺は「うっさい。とりあえず毎年12月に金持って実家帰るけん」と言って切った。
その後俺は銀行に毎月25万納金の定期預金を申し込みに行った。

12 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:49 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/51

51 :1 :04/02/24 04:12
高校の時から23、4万くらいは稼いでたけど、
これからは月25万+生活費なんかがかかってくる。
月35万くらいは稼ぎたいと思って、バイトの先輩に色々相談して、
金のいい+時間の融通が利くバイトを紹介してもらった。
朝から居酒屋タイムランチ+夜本営業へのの仕込み
夕方からはバーテンダーだった。これは正直驚いた。
まさか自分がバーテンをやるとは。
この仕事は工場の社長さんのところによく遊びに来る
社長の高校時代からの友達の人が、
市内の歓楽街にいくつか店を持っている人で、
空手やっていたなどの共通の話題があったので話をたまにしていたら、
えらくその人に気に入られて、そのままその人に引き抜かれた。
社長も「こいつの下で働いて勉強してこい。金もいいぞ」と
快く送り出してくれた。俺もすごく新鮮そうでわくわくしていた。
俺の新しいオーナーになる人は、その後俺の実の親父のようになった。

13 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:50 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/60

60 :1 :04/02/24 04:27
バーテンダーはなってみると、
今まで女とほとんど会話したことないような俺にとっては
地獄だった。マスター+先輩が流暢にしゃべっている横で
仏頂面でグラス拭いたり立っているだけだった。
結局、半年でオーナーは俺に違う仕事をふった。
俺は学生時代青春をほとんど経験してなかった自分を
これほど呪ったことはなかった。
お客さんに「ねぇマスターこの子なんで怒っとん?」
とか言われた続けたことは今も思い出すと頭が痛い。
バーテンから体力勝負の仕事に移る時、大検をとった。
一秒も勉強した覚えもないし、もともと勉強も苦手だったけど、
高校中退もあり得意な科目を4つとればいいだけだったので、すんなりとれた。
これで借金返して警察試験に受かるだけや。そう思うとうれしかった。
新しい仕事を始めて、朝と合わせて月45万近く稼げるようになった。
睡眠時間は数時間しかなかったが、人間とは怖いもんで
慣れてしまえばあまり苦にならなかった。
一年目は月25万、2年目は月33万に定期預金を増やした。
そして、予定より早く800万を実家に送ることはできた。
その時はもう二十歳になっていた。
結局10代後半は、仕事ずくめで終わった。

14 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:51 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/74

74 :1 :04/02/24 04:43
ハタチになってすぐくらいの時、
昔もめた担任が捕まった。
酒場で飲んでいる時話が合ったほかの客を乗せて、泥酔で車を運転して、
川に転落。同乗者は死んでその教師は川辺まで自力で泳ぎつき、
何を思ったかそのまま歩いて家に帰ってしまった。
高校時代の友達からしばらくあいつ裁判待ちらしいで。と聞かされた。
そんな時その教師から電話がかかってきた。かなり驚いた。
「電話とかして大丈夫なんか。ってゆうか何やらかしとるんよ先生〜」
というと
「お前に謝っときたかった。」
から始まって、よく覚えてないけど退学になった時の事を
色々謝られた。辞職した後他の思うところある何人かの生徒にも連絡したらしい。
俺は「あの時は殴ったりして吸いませんでした」
と告げた後「でも人一人殺した罪を償うにはこんなことしとる場合ちゃうでしょ」
と突き放して電話を切った。
その2ヶ月後、母親が原付で事故って死んだ。

15 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:53 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/81

81 :1 ◆573cqkpQek :04/02/24 05:00
葬式は親父の働いてる公益会館でやった。
親戚一同集まっていて、皆泣いていた。
もちろん兄貴も親父も目が赤かった。
俺は泣けなかった。昔から「この母親の葬式の時俺は泣くんかな」
と思っていたが、悲しいと言う感情すらなかった。
たとえどんな親だろうと、俺は親が死んだのに泣けないのかと自己嫌悪になった。
その後親父と金の話になった。
「金大丈夫なんか」と聞いたら「もうちょっと色々あるけどもうほとんど大丈夫や。」
といわれた。親戚のおじさんおばさんにも「君・・・お金・・・すごいねぇ」
とかほとんど意味のわからないことを言われた。
親戚中でけっこう話が広まっていたらしい。
広めたのは母親だったそうだ。もう呆れてしまった。
自分が作った借金を息子に返済させていることを嬉々として親戚に語る母親。
恥知らずにもほどがある。本当に呆れた。
「こんなヤツが死んで泣けるわけないだろ。アホか。」
と親戚一同がいる中でつぶやいた。

16 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:54 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/84

84 :1 ◆573cqkpQek :04/02/24 05:15
オーナーも葬式に線香をあげに来てくれた。
帰りは一緒だったので、帰りにラーメンを一緒に食ったとき、
すこしだけいつもと違う会話をした。
「金も一区切りついたみたいやし、お前どうするんや?仕事続けるやろ?」
「続けますけど、警察受けたいんで、少し減らしたいんです。すいません」
「まじでほんまになる気なんか?向いてないでぇお前には」
「まぁとりあえず彼女の一人くらい作りたいですね。まだできたことないし」
「まぁお前みたいな生活しよったらなァ。でも筆降ろしはしてもろたやんけ(^^」
「ありゃ付き合ってないじゃないですか〜。普通に彼女が欲しいです。」
「じゃあうちの婿養子になるん前提で裕子と付き合うか?
あいつお前のこと気にいっとるで。年もちかいし、お前なら俺も安心やわ」
「ほんまですかぁ!?」
「まぁ、嘘やけどな。笑」
「嘘ですか。」
とかしょうもない会話をしていたら、オーナーが
「でも葬式の後これだけクールなお前はすごいの」
といわれた、その後、なんかわからんがすごくなにかが押し寄せてきた。
ラーメン屋で俺は泣いた。おいおい泣いた。
オーナーはびっくりしていた。
母親が死んだのがきゅうに来たのか。今までの色々あったこと
苦労したことが急に思い出されたのかよくわからないが
今まで生きてきて一番泣いた。
店員も客も失笑していた。
「うるさい。笑いたきゃ笑えや。」
そうおもって机に突っ伏してしばらく泣いた。

17 :Now_loading...774KB:04/02/24 23:56 ID:???
ttp://love2.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1077558292/91

91 :1 ◆573cqkpQek :04/02/24 05:29
今俺は21になった。
朝に料理して夜はバーテンに復帰した。
ほとんどオーナーが強制的にやれ。みたいな感じでやらされた。
まだ接客でギクシャクしているところはあるけど、
慣れてくるとこれが面白い。
マスターがもうすぐ店を自立して出すらしいので、
オーナーが「ここで2年がんばればこの店お前に超安くやるわ。
警察もあるやろうけどまぁよく考えてみろ。」と言われた。
今は警察か店を持つか悩んでいる。
まぁ女性客を相手している時に
「あぁやっぱ俺ってもてんなぁ」と思う時も多々あるけど、
これから克服していかんとな。と思います。まぁ顔はどうにもならんけど。
色々あったけど、10代をフイにしてきたけど、
色々な経験ができて良かったと思う。
尊敬する人に出会えて良かったと思う。
自分の性格上いろんな面倒なことに巻き込まれてまた苦労するだろうけど、
最後に後悔しないように年取っていきたい。
ここまで呼んでくれた方どうもありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
僕もこれからモテナイなりにがんばっていこうと思います(^^
最後のほうつまんなくてすいません(^^;

18 :Now_loading...774KB:04/02/25 00:04 ID:???
コピペしてる時間があったら自力で作れ!

19 :Now_loading...774KB:04/02/28 17:23 ID:???
          //
          //
     / ̄ ヽ/ヘ
   ,/      ヽ |
   |/⌒彡、 .|'
  /  冫、)ヽ丿
  /   ` /   |
  |   //   /
  ヽ  //   /
   `//_,/
   //

20 :Now_loading...774KB:04/02/29 18:31 ID:???
ミ・д・ミ <圧縮警報!圧縮警報!

21 :Now_loading...774KB:04/03/01 19:31 ID:???
期待AGE

22 :Now_loading...774KB:04/03/06 01:43 ID:???
その後オモクソ「ネタですた」って暴露してるのは無視かおい。

23 :Now_loading...774KB:04/04/17 18:17 ID:???
あほ

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)