2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こんなエヴァ小説がどうしても読んでみたい!!4

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 01:45 ID:TUP0Ekc/
さて、このスレにお越しのエヴァFF読者の皆様方。
あなた方はこんな風に思ったことはございませぬか。
こんなカンジのエヴァFFが読みたいなあ……と!!
ということでこのスレは時折皆様が脳内で展開させるエヴァ小説の
妄想を存分に解き放つスレです。

<<このスレの使い方>>

・こんなカンジのエヴァFFが読んでみたい!!! あるいは
 こんなアイデアを思いついた、でも自分でFFなんか書けない!!!
 という設定・展開を披露する。

・ソレに対して感想などを話す。

・すでにweb上に似たようなエヴァFFが存在している場合、
 紹介する。

・あとはこのスレを読んだFF作家様が
 ネタをとって実際に書いてくださるのを待つ、と(藁

※こちらをご覧のFF作家の皆様へ
 当スレに発表されたアイディア・設定の利用に関しては一切の制限はございません。
 完全フリーです。
 使えそうなものがあったら気兼ねなくガンガン持ってっちゃって下さって結構です。
 
前スレ
「こんなエヴァ小説がどうしても読んでみたい!!3」
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1055118499/l50

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 01:45 ID:TUP0Ekc/
過去ログ
「こんなエヴァ小説が読んでみたい!!」
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1014659988/l50
前スレ
「こんなエヴァ小説がどうしても読んでみたい!!2」
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1053106282/l50

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 01:46 ID:???
             .  + .  *     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                 ■ ■
 ■      ■■■     .      /   _ノ     ,_ノ\   .+  ☆  .      ■ ■
■■■■  ■  ■           /    / iニ)ヽ,   /rj:ヽヽ ヽ              ■ ■
  ■    ■  ■ ■■■■■■■l::::::::: ;〈 !:::::::c!  ' {.::::::;、! 〉 .|■■■■■■■■  ■ ■ 
.■■■■ ■ ■■           |::::::::::  (つ`''"   `'ー''(つ   |             ■ ■
   ■     ■  +.  ☆  。. . |:::::::::::::::::   \___/    | ☆ . *  +.   
   ■     ■            ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  .  . .   +☆  .● ●
               .  + .  *                  ■ ■



4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 02:33 ID:???
ガクラン着てやってきた最後のシ者。

「ああっ、首がもげてしまったぢゃないですか……」

もちろん零号機自爆跡の湖から自転車漕いで登場だ!

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 02:50 ID:???
>>4
一瞬意味が分からなかったが、究極超人あ〜るか。
あんなキャラが最後の使徒だったら、簡単に説得されてアダム狙うのやめにしそうだが

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 18:24 ID:???
実は本編エヴァはすべて、
交通事故で脳死状態になった学園エヴァのシンジのみた悪夢だった、という落ちのFFが読んでみたいな。
まあ、ドラえもんの逆というか。
微笑むシンジをみて泣き出すアスカ、悲しそうに笑うゲンドウ&ユイ夫妻、
などがみてみたい。

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 18:43 ID:???
28 :これまでのログ :03/06/09 20:59 ID:???
「こんなエヴァ小説が読んでみたい!!」のログです。htmlファイル化済み。
ttp://eva-2ch.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/dat/eva0046.zip
「こんなエヴァ小説がどうしても読んでみたい!!2」のログです。htmlファイル化済み。
ttp://eva-2ch.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/dat/eva0135.zip

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 18:45 ID:???
>6
まぁ、TV26話の学園エヴァはゼーレに捕まって脳に電極入れられた
加持の見た幻想なわけだが

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 18:46 ID:???
>>8
メイトリックス。

10 ::03/06/23 18:46 ID:???
「ドラゴンボール」の実写映画化に続き、
先日フランスで行われた第54回カンヌ国際映画祭で
なななんと「新世紀エヴァンゲリオン」がアメリカで実写映画化されると
発表されました。

ジャパニメーションの海外配給を数多く手がけてきた米国のADV Filmsが
製作の中心となり、ビジュアルデザインは、「ロード・オブ・ザ・リング」
を制作してきたニュージーランドのWeta Workshopが参加するなど、話は
かなり具体的に進んでいるようです。

使徒、エバゲリがどのようにデザインされ、アスカ、シン、レイを一体誰が
演じるのか、それ以前に短かい時間の中で、あの難解なストーリーを
どうまとめるのか?などなどなどその内容に興味は尽きません。

その“エバゲリ”が全く新しくなって今月いよいよDVD-BOXで発売されます。
今後、実写化によって世界的規模でブームが再来する可能性もあり、
まだ見たことがない人も、今こそ要チェックですね〜!


11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 18:49 ID:???
からくりサーカス風エヴァ。
チルドレンは変な薬で体質を変化させられている。
レイはからだのなかからきゅるきゅると音がしてどうやら人形みたい。
アスカは体中をサイバネティクスとかで改造されまくったチルドレン-O。プライドが高い。

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:18 ID:???
新スレ乙。
記念に頭から離れなくなったコレを投下。
楽しんでいただけると光栄です。
ご利用は計画的に。



■世界の中心で愛を叫んだ獣の子
  〜 或いは如何にして我々は悩むのをやめ、
     シンジ君を愛するようになったか 〜



●第弌話:ミサト、殲滅

 戦闘機の爆風が青いルノーの上を通り過ぎた。
げほっと煙にむせながらも、その運転手である葛城ミサト――
この第三新東京市を実質的に支配する特務期間NERVの作戦部長
―― はシートに伏せていた、世の女性の8割は嫉妬の視線を
向けそうな体を跳ね起こし、ルノーの車体で今庇おうとした人物の
安否を確かめようとルノーのドアに張りついた。

「ごっめーん、おまたせぇ!ってあれ?」

ええと、ここらに制服姿が見えたんだけど違うのかしら、
と思いながらも周りを見回すミサト。
いない。駅前の広場には人っ子一人いなかった。
遠くに見えるビルの頭から覗いているのは、黒い体に白いショルダーの第三使徒。
蚊のようにたかる戦自の戦闘機と白兵戦を行っていた。

(続く)

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:18 ID:???
「うそーん!ここじゃなかったらどこだって言うのよぉ!髭のアホー!」

遅刻してきたくせに逆切れである。
妙な齢の女性はどこか妙である。
ちなみに妙齢とは若い年頃の女性のことを言う。
この場合、妙“な”と付けるのが正しいのである。
しかして“微”までつけると友人の金髪女性のように、
まだまだ私も微妙な年頃なのね、と思い違いをするので
それだけは勘弁していただきたい。

 さてその葛城嬢、いまだにサードチルドレン役を押し付ける目標が
見つからず、きょろきょろと辺りを見まわしている。
このままでは自分が使徒と共に殲滅対象となってしまうので必死である。
もしや駅舎の中に退避した!?
あんな戦闘機が落ちてくるところに、
のほほんと立ち止まってるボンクラはいないわよね!
と、本編の主人公がよよよと泣き出しそうな事で思い直し、
カチャリとルノーのドアを開けるのだが、
一歩、すらっとした脚を踏み出そうとしたところに
妙な物が落ちているのに気が付いた。

(また続く)

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:19 ID:???
 くしゃくしゃなワイシャツ、黒い制服のズボン。
靴下がつっこまれたままのスニーカー。
それらが、まるで吊るされていた紐が切れたように、
上からワイシャツ、ズボン、靴と重なって落ちているのだ。
「ななな何よコレ?」
赤いハイヒールのかかとで、その奇っ怪な重なりを突ついてみる。

もそ。

また突付いてみる。

もそもそ。

ワイシャツの下で何かが蠢いている。
そうのこうのしているうちにも後ろの戦闘空域では、
戦自の戦闘機が大挙して退避運動をはじめているのだが、
この奇っ怪な小山と格闘しているミサトには気が付くことができなかった。

「こ・子犬?なんでぇ!?」
ワイシャツの下から顔だけを覗かせる薄茶色…いやこの場合、
クリーム色と言った方がいいかもしれない…毛並の小さなチワワ。
ロングコートチワワと呼ばれる犬種の小さな小さな子犬が、
もそもそと顔を覗かせたのだ。
顔より大きいのではないかと思われるほどの大きな耳は
ふさふさ毛で覆われ、潤んだつぶらな瞳の可愛らしい子犬。
じゃあこの服の持ち主は誰だってんのよ!と内心絶叫しながらも、
ミサトは子犬を除けて制服のズボンから生徒手帳を取り出した。

(まだまだ続く)

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:21 ID:???
…碇、シンジ。
スポーツバッグのネームもシンジ。
「シ、シンジ君?」
ズボンの中からブリーフが転がり出る。
となると私が迎えに行こうとしていたシンジという少年は、今、全裸!?
ももももしや彼は裸族なの?コテカは!?スペアのコテカは!?
という間違った想像に行きついた妙な齢の女性は、こうしちゃおれんと
口元に手をメガホンのように当てて、裸族と誤解された可哀想な少年の
本名を、鬼ばかりの世間にあまねく公表した。
「シンジ君!碇シンジくーん!怒らないから出てきてぇ!」
何を怒らないのかは、この想像力逞しい女性の脳を開いてみないと
判断をつけがたいが、まあこの際そういった細かい術式は、
専門である友人の金髪女性に任せることにしよう。

 で、幾ら呼ばわっても出てこないシンジという少年に
痺れを切らしたミサトは、ついにルノーから下車し、
駅舎に向かって歩きはじめた。
と、そのすらりとした脚に向かって飛び跳ねる小動物あり。
けんっ、けんっと元気よく鳴きながら、
“あそぼ”という雰囲気満点にじゃれついてくるのだ。
普通の犬数奇であれば腰が砕けてしまうよな元気よさである。


(ま(ry

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:22 ID:???
 しかし流石に使徒と枕を並べて殲滅寸前の女性は違う。
「ああもうっ!なによこの子犬は!うるさいったらありゃ…し…な…」
と罵声を浴びせたのだが、語尾が撃墜された戦闘機のように綺麗に消えていった。
大声にびくっと怯えたチワワの子が、びっくりしたと目を はちはち とまばたき、
きゅぅんと鼻を鳴らしたのだ。
まるで整列!と叫ばれた兵士のように居住まいを正してはいるが、
子犬の事である。どこかゆらゆらと危なっかしい。
ミサトは見てしまったのだ。
その潤んだつぶらな瞳を真っ向から。
ごくっ、とミサトの喉が鳴る。


――― 駄目よ私はシンジ君探しに行かなきゃいけないのよ
つぶらな瞳で見ないで私はそんなにいい人じゃないのそんな
薄汚れた私をそんな無邪気な目で ―――

(ま(ry

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:22 ID:???
“アハハ… アハハハ…”

  この笑い声は 私?

  どうして笑っているの?

  ああ そうか 私はシンジ君と浜に遊びに来ていたんだ

  子犬のシンジ君 貰って来てよかったわ …

 ミサトは太陽のさんさんと降り注ぐ浜辺で、
 けん、けん、と鳴きながら跳ねまわる、
 チワワのシンジ君と追いかけっこをしていた。
 次はシンジ君の鬼。その次は私の鬼。
 ゆっくりと過ぎ行く緩やかな時間。
 ミサトの心は、なんでもない日常の幸せというものに
 暖かく包まれていた。



「どわ ――― っ!?」
震えるチワワを優しく抱っこして、キラキラと輝く夢見る瞳に、
ふわりと笑みを浮かべていたミサトは、
突如としてやってきたN2地雷の爆風でごろごろと
あても無く転がっていった。

18 :12:03/06/23 19:23 ID:???
第弐話、逝く?(w

19 :もう終わりか負け犬♪♪♪:03/06/23 19:27 ID:???
>>10
3匹目のアンチエヴァ蛆虫負け犬=ネカマ プ 逃げるなよ負け犬♪

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:32 ID:???
ike


21 :12:03/06/23 19:34 ID:???
おーけーGO。

●第弐話:博士の正常?な愛情


「もう、何をしているのミサト!
 忙しいんだから世話をかけさせないでちょうだい」
ネルフ本部のエレベーターから降りて開口一番にそう叫んだ女性。
水着に身を包み、白衣を羽織った姿の眉だけ茶色の金髪女性。
前回で何度も話の上では登場していた、ミサトの友人、赤木リツコ女史である。

 ごみん、と片手で伏し拝むミサトを見て、リツコはふとおかしい事に気付く。
「貴方…この非常時に、なにを平和そうにニタニタしてるの!?」
そう、あれからミサトは夢見る瞳、柔らかい笑みのまま。
「いやー、ごめぇーん」
と間延びした謝罪を繰り返すのみ。
だめだこりゃ、またどっかで一升瓶をラッパ飲みしてきたわね、
と友人の非道を腹の中でけなしながらも仕事を忘れない赤木女史。
やはり今から使うモルモットは気になるようである。
「で…シンジ君…?はどこ?」
ミサトの後ろを透かし見る。

 いない。いるわけがない。
ミサトが“シンジ君”と勝手に名付けた子犬は抱っこされて、
ミサトの豊満な胸に寄りかかってくー、すー、と
寝息をたてているのだ。
その問いに、ミサトは胸を張って自分の胸元を指差す。
「貴方の胸の自慢はいいから…」
と胸に太い杭をブッ刺しながら赤木女史はうめいた。
流石に“妙な”齢であっても大きい小さいは気になるようである。

22 :12:03/06/23 19:35 ID:???
 「じゃじゃーん」
暗いネルフ本部の廊下に、ミサトの明るい声が響き渡る。
それはなにかこう“あず○んが”の智が
なんとも意地悪な事を言う時の朗らかさで。
抱え上げたのはチワワの“シンジ君”。
寝惚け眼で“なぁに?”とミサトの顔を振りかえる。
怒ったのは赤木女史だ。
ミサトが仕事中にヘラヘラして酒を飲んでいるのはいつものこと。
道を忘れて毎度毎度出迎えに行くのも我慢しよう。
だが…、だが…人類の希望である碇シンジを確保せずに、
クソの役にもたたない子犬を拾ってくるのはどういうことだ、と。

こ こ で ブ チ キ レ で す よ 。


 ちゃきっと白衣の奥から取り出した黒光りの拳銃を、
ピタリ、ミサトの額にポイントする。
その動作にもまったく動じずに、キラキラ瞳のミサト。
「もう一度言うわ…、いかりしんじくんはどこ?」
アフォにもわかるように、ハッキリクッキリ発音する赤木女史。
でへへ〜、としまりのない笑顔で、ずずぃと赤木女史の鼻先へ
“シンジ君”をぶら下げるミサト。
だ め だ も う 見 て ら れ な い 。
…が、我々の全幅の期待を真っ向から裏切って、
流石にミサトをハートマン軍曹のようにするわけにもいかない赤木女史は、
引き金を引きたいとノタウチ回るほほえみデブを当社比30%にダイエットして、
かわりに罵声の弾丸をミサトに浴びせる。

23 :12:03/06/23 19:36 ID:???
「貴方ねぇ!今日こそは言わせてもらうわ!自分の仕事を部…下…に…」

鼻先にぶら下がっている子犬の“シンジ君”はびっくりした。
突然怒鳴られたのだ。小さくキャン、と鳴いてじたばたもがきはじめる。
そんなものを鼻先にぶら下げられている赤木女史。
顔を離してしまったのが運の尽きだった。


――― ああなんてつぶらな瞳なの耳も葉っぱのように大きいのね
嫌だ私は猫派なのよこんな小汚い子犬の出る幕なんかでもこの耳は
すごく柔らかそうね嫌々私のうちには猫がいるのよ同時には飼えないわ
駄目よ貴方はミサトのうちの子のはずなのよ ―――

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:37 ID:???
いいかんじw

25 :12:03/06/23 19:37 ID:???



“アハハ… アハハハ…”

  この笑い声は 私?

  どうして笑っているの?

  ああ そうか 私はシンジ君とミサトと浜に遊びに来ていたんだ

  子犬のシンジ君 貰って来てよかったわ …

 赤木女史は太陽のさんさんと降り注ぐ浜辺で、
 けん、けん、と鳴きながら跳ねまわる、
 チワワのシンジ君と追いかけっこをしていた。
 シンジ君に追いすがるミサトと赤木女史。
 赤木女史が抱え上げて高い高いをすると、
 私もやると不満そうなミサトがシンジ君に手を伸ばす。
 ゆっくりと過ぎ行く緩やかな時間。
 赤木女史の心は、なんでもない日常の幸せというものに
 暖かく包まれていた。


「問題…」
その頃、第三使徒の侵攻に震える誰も来ないケージで、
髭のネルフ司令が寂しそうにぽつりと呟いていた。


26 :12:03/06/23 19:38 ID:???
参話四話はあとちょっちかかるっす(汁。

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:40 ID:???
2スレ目か1スレ目に同じ感じのがあったね。

28 :12:03/06/23 19:43 ID:???
>27
あれ見ていつか書きてーと思ってたら、
いつのまにか発作的に書いてしまっております(w

29 :289:03/06/23 19:47 ID:???
どうでもいいが、なんで第弐話からなんだ?

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:50 ID:???
壱話目で犬変化しているのだろう。

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:51 ID:???
このスレでここまでちゃんとしたFFが書き込まれるのって、1スレ目以来じゃないか?

32 :12:03/06/23 19:54 ID:???
ああ、ゴメソ。いちを「弌」と書いてしまつた。
「壱」だったねそういえば。

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 19:56 ID:???
俺のPCだと、「いち」の変換でそんな文字でない…

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 20:06 ID:???
オレも出ない…
マカー専用弌なのか?

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 20:18 ID:???
マカーだが、ATOK15にはなく、ことえりには弌があった。

ということでFAか?
ことえりも意外なところで使える(のか?)

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 20:29 ID:???
IMEでも「弌」は表示できる。
「三」+「弋」はIMEの辞書にはあるが表示できない。

37 :12:03/06/23 20:46 ID:???
次いきまーす。


●第参話:決戦、ネルフ総司令


 誰だ、この二人は。
ケージの上に設えられている監視所で、見下ろすゲンドウは一声うめいた。
“フフ… ウフフ…”
瞳にはハイライトが入り、キラキラと辺りに輝きを溢れさせている。
虚空を見ながら口元には優しい笑み。
息子であったシンジを迎えに行った二人が、そろってこの有り様なのである。
赤木君がまたヘンなクスリでも開発したか?と思って
最近の消耗資材のリストを見てもおかしいところはない。
何があったというのだ?
それも作戦部長に到っては胸元に小さな子犬などを抱えている。
クソムシのように小さな子犬だ。
息子 だ っ た シンジと言えば、影も形も見えない。


 「…赤木君。シンジはどこだ?」
重々しい口調でマイクを通して腹心の技術部長に尋ねる。
ふっと監視所を見上げて微笑む赤木女史。
「あら、ゲンドウさん。見えないんですか?」
「…司令と呼べ」
ゲンドウの抗議にも耳を貸さず、赤木女史はミサトの頬をぺろぺろと舐める
チワワの“シンジ君”に掌を広げた。
御照覧あれ、ということらしい。
その余裕を持ったゆったりさがゲンドウの神経を逆撫でする。
今夜はトコトンまで折檻だな。新しいアレを試してやろうか。
彼の男が吠える。


38 :12:03/06/23 20:46 ID:???
そのどす暗い監視所とは違い、ケージではミサトがくすぐったそうに
笑いさざめきながら“シンジ君”の頭をこちゃこちょしていた。
この二人は使徒戦の恐怖でついに頭をやられたらしい。
こんなケチな子犬を人間のシンジだと思っているのだ。
「冬月…レイを起こせ…」
こんな狂人たちとつきあっている暇はない。
予備がだめなら本命を使うだけだ。
…三人目のセッティングは自分がやる事になると気がついて、
内心歯噛みが止まらないゲンドウであった。

 「…?どうした?冬月」
インターフォンから聞きなれた副指令の老いた声が帰ってこないのだ。
どこかで断線を起こしているのかと思ってオペレーターの一人に繋いだ。
「どうされましたか?」
「いや、作業を続けろ」
そう誤魔化し、インターホンの受話器を下ろす。
断線しているわけではない。
ならばどうして?
…遂に逝ったか、冬月。お前はいつも前のめりだったな。

39 :12:03/06/23 20:47 ID:???


 そんな思惑をよそに、発令所の冬月は完全に沈黙していた。
指揮席の隣に立ち、モニターに映るとある光景を見つめていたのだ。
キラキラ目に優しい笑みを浮かべて。



“ハハ… アハハハ…”

  この笑い声は 私か?

  どうしてそんなに笑っているのだ?

  ああ そうか 私はシンジ君と葛城君と赤木君で浜に遊びに来ていたんだ

  こんなに喜んでもらえるとは 子犬のシンジ君 貰って来てよかったなあ …

 冬月は太陽のさんさんと降り注ぐ浜辺で、
 けん、けん、と鳴きながら跳ねまわる、
 チワワのシンジ君と追いかけっこをしていた。
 接吻をしようとする冬月とじたばたもがくシンジ君。
 赤木女史がシンジ君を取り上げようと冬月の腕を引っ張る。
 エヴァ初号機が冬月を握りつぶさんと手を伸ばす。
 浜辺に残る初号機の足型に、更にもう一段人型の壕ができていた。ミサトだ … 
 ゆっくりと過ぎ行く緩やかな時間。
 ネルフ副司令は、なんでもない日常の幸せと
 エヴァ初号機の逞しい掌に力強く包まれていた。



40 :12:03/06/23 20:48 ID:???

●第四話:奇跡の価値は


 あれがシンジだと言うのか?
ゲンドウは信じられなかった。
しかし、現場を克明に見た作戦部長がそう証言するのだ。
あの子犬はシンジ君の服の中から這い出て来たと。
冬月は応答しない、レイも来ない、予備はどこにもいない状況で、
ゲンドウは決断するしかなかった。
シンジと認定、エヴァに乗せろ、と。
抵抗は少なからずあったが、アルコールと煙草の禁止を言い渡すと
すぐに収まったのだが、この状況。
その馬鹿馬鹿しさは折り紙つきである。
エントリープラグの中で、子犬が大写しでクンクン鳴いているのだ。
それを見てなぜか笑おうとする自分の顔面を
鼻の前で組んだ指で押さえながら、
楽しさに高揚する気分の中でゲンドウは指令を飛ばした。

「…エヴァ初号機を出せ」

冬月はなぜか発令所の隅で、大きなプレス機で押しつぶされたかのように
肉の少ない老体をより細くして転がっていた。
赤木印の注射器が刺さっているように見えるのは、目の錯覚か?


41 :12:03/06/23 20:49 ID:???
大きなGに歪むチワワの顔。
同じように歪むオペレーターズの3人。
体のあちこちに包帯を巻いているミサトはがっくり、膝と肩を落とし、
「ごめん…ごめんねシンジ君…」と呟いているだけであった。
頼りない事この上ない。
キビキビ動いているのは赤木女史くらいのものである。
瞳は涙でかすんでどうにもならねぇぜオルァ、
との声が聞えそうな心境ではあったのだが。

しんと静まりかえった発令所。
対峙する使徒とエヴァ初号機。
赤木女史はしくしく泣くミサトをパイプ椅子の角で優しく正気づかせ、
尻を蹴り飛ばしてマイクのあるコンソールへ向かわせた。
「…し・シンジ君、まずは歩く事だけ考えて…」
画面に映るミサトの映像を見て、ひょこ、と小首を傾げるシンジ(チワワ)。
その愛らしさはオペレーターズを撃墜し、またミサトの涙を誘うのであった。

荒い息で折れ曲がったパイプ椅子を放り投げた赤木女史は、
木霊のように聞こえる声に気がついた。
「この鳴き声は!?」
シンジ君がくんくんと鳴いている…、でも二つの音源から鳴っているような…
「マヤ!」
パターン・オレンジが消えかけているオペレーターズのうち、
一人がよろよろと席に戻る。
ちなみにミサトは一番最初に殲滅済み。パターン・オレンジ消失。
「外部スピーカーが開いてました…閉めます…」
血みどろの震える手を伸ばして操作をしようとするマヤ。
こちらは妙齢の女性である。“妙な”ではない。
その手を止める赤木女史の声。

42 :12:03/06/23 20:50 ID:???
「待って!」
赤木女史はスクリーンに映る第三使徒を見つめる。
…戸惑っている…
智恵もなく理解も無いはずの使徒が、なぜかは知らないが戸惑っているように見えるのだ。
エヴァは動かない。動かない物が出てきたけどどうしよう?
とでも考えているのか…

エヴァ頭部の角の辺りをためつすがめつしている第三使徒。
エヴァのスピーカーからはシンジ君の鳴き声。
まさか!
赤木女史の頭に雷光が光った。
漫画的表現ではない。本当に光り、赤木女史の脳天を直撃したのだ。
ちなみにMAGIの中に息づくバイオ部分の維持装置が、
その放電によって、ことり、と動きを止めたのは閑話休題。
「エントリープラグをイジェクトして!」
「え!?それでは…」
批難の声を上げたマヤを落ちていたパイプ椅子で殲滅して、
マヤの指でイジェクトのパネルを操作する赤木女史。
『 狡 猾 』。この言葉は君に賜ろう。


43 :12:03/06/23 20:51 ID:???

チワワは吃驚仰天していた。
水の中に落しこまれたかと思えばぐらぐら動いて暗くなり、
お天道様の光いっぱいの出口が開いたのだ。
もう、まっしぐらに犬掻きでプラグ外に飛び出るシンジ(犬)。
その目の前には真っ白い巨大な第三使徒の仮面が待ち構えていた。
だが、一介のチワワにはそんなことはわからない。
ただ濡れ鼠のまま、けんっ、と鳴いて挨拶をした。
またけんっと鳴いて濡れ鼠の無礼を詫びるチワワ。
ふるふると体を振ってLCLを振り飛ばすチワワに、
第三使徒の体には震えが走っていた。
ひっきりなしに首を傾げる仮面。
空を覆いはじめる真っ白な厚い雲。
「だ・第三使徒の上空に…巨大なパターン・青発生!」
まだ殲滅されていないロンゲのオペレーターが叫ぶ。
スクリーンの中の使徒は、もう仮面を手で覆い、
白いショルダーをぶるぶると震わせている。
もう我慢ができない。そんな動きだった。


44 :12:03/06/23 20:55 ID:???
突 如 と し て 、 ち ょ こ ん と 行 儀 よ く
お す わ り し た チ ワ ワ の 上 に、
厚 い 雲 を 破 っ て 輝 く 光 芒 の 橋 が 降 ろ さ れ た 。

第 三 使 徒 に も 同 じ よ う に 。


“アハハ… アハハハ…”

  コノ声ハ 私?

  笑ウッテ ナニ?

  アア ソウカ コレガ楽シイッテコトナノカ。

雲間から大いなる手が光を纏い、第三使徒に向けて降ろされる。
第九、歓喜の歌が満場を埋め尽して行く。

その大いなる手に第三使徒は縋りつき、昇天してゆくのだ。
神の大いなる手…、浅はかな人間達の共通した感慨を残して。


“チイサキモノヨ 希望アレ”


智恵の実を持たぬはずの使徒は今、
知性のきらめきを感じる精神波を残して、光の中消えていった。

45 :12:03/06/23 20:58 ID:???
ちょっとメシ休憩を挟んで次書いてきま (;´Д`)


46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 20:58 ID:???
電波((((λ))))ゆんゆん

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 21:11 ID:???

はい、ここでアイ●ルのCMが入ります。


48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:01 ID:???
_..                ,,.-'ヽ
ヽ "゙ー-、、         / : :!
 i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /
  ヾ_:::,:'           -,ノ
  ヾ;.   ,         , 、;,
    ;;   (:::) , ... 、, (:::);:
    `;.       C)   ,; '
    ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、
   ;'            ;:
    ;:            ';;

『我は使徒を創りし者にして使徒を従えし者、
内に全てを秘めし者、闇を纏いし血塗られた救主・・・ダークメサイア』


49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:04 ID:???
>>48 ワラタ

50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:11 ID:???
ちょっち遅れたけど>>1乙彼。

>>12
〇いふるエヴァ、楽しませてもらってますぜ、旦那。

51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:12 ID:???
笑いすぎて腹イテェ

52 :12:03/06/23 22:18 ID:???
おまっとさーん

●最終話:世界の中心で I を叫んだ獣たち

「あなた…誰…?」
 けんっ
「そう…サードチルドレン、…碇シンジなのね」
 ぱたぱた

 月の光が差し込む病室。
ネームには綾波レイとある。
月光の中には丸椅子の上にちょこなんと座るシンジ(チワワ)と
ベッドから上体を起こしているアルビノのレイ。
それよりさっきからの会話は、どう聞いても意思が通じているように
聞こえるのだが、そのあたりも不思議少女、というところである。

しかし、レイの心中は穏やかでなかった。
その赤い瞳は動揺に揺れていた。
なぜ私、こんなに喋りかけているの?
この子は犬という生き物ではないの?
どうして私の胸の内を押し上げてくるような気持ちがするの?
それよりなぜ犬が病院に入って来れるの?
彼を追い出そうとナースコールに手を伸ばしたが、
彼女はその手を止めた。
シンジが丸椅子からぴょん、とベッドの上に飛び乗ったのだ。
尻尾らしい短いものをふりふりさせながら、
ナースコールまでベッドの上をとてとて歩く。
レイは目を奪われていた。
その愛らしい姿に。


53 :12:03/06/23 22:19 ID:???

これが かわいいってこと?

ナースコールに伸ばした手をふんふん嗅ぐシンジ。

かれは なにをしようとしているの?

ぺろっとレイの掌を舐めるシンジ。
どうぞよろしく、の意を込めて、けんっと鳴いた。

これが… あなたのあいさつなのね…

レイの手は、無意識の内にシンジの頭をゆっくりと撫でていた。


“ウフフ… アハハハ…”

  この笑い声は 私?

  どうして笑っているの?

  楽しいって なに?

  胸のワクワクすることって なに?




54 :12:03/06/23 22:19 ID:???
 レイは太陽のさんさんと降り注ぐ浜辺で、
 けん、けん、と鳴きながら跳ねまわる、
 チワワのシンジ君と追いかけっこをしていた。
 自分でもなぜかはわからない。
 でも、そうしないと胸がはちきれそうな気がするのだ。
 初めての楽しいという感情。暖かい気持ち。
 レイがそれを言葉として認識するのには、
 もう少し時間が必要なのだろう。


55 :12:03/06/23 22:20 ID:???


レイは自分の変化に気を取られていて気が付いていなかったが、
彼女の周りにはたくさんの人間達がシンジと転び合っていた。
包帯でぐるぐるまきのミサト、冬月、オペレーターズ。
おぞましい笑顔を満面に浮かべるゲンドウ。
咆哮をあげる初号機。
レイが見たことも無い赤毛の娘にその護衛。
あろうことか、メガネや強面や、バイザーをした老人達までも。
そのうちの一人、バイザーをした老人が年甲斐もなく
シンジと鬼ごっこをしながら呟いた言葉は、
海辺のさざなみにかき消え、泡と消えていった。


 「よい、人はこれでよいのだ…」


旧世紀は、この瞬間をもって幕を閉じた。





56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:22 ID:???
えー、もう終わりぃ?(何

とりあえずグッジョブ!

57 :12:03/06/23 22:24 ID:???
読んでくださったかた、どうもありがとう。

実は、ギャグというか電波コメディは初挑戦なのでした。
この場を用意してくれた皆様に感謝。 (´∀`)ノシ



58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:24 ID:???

>12にありがとう、
 >12におめでとう、
  そして>12にさようなら…


59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:37 ID:???
パイプスチールイスに座ってるチワワを想像して笑ってしまった。w


60 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:39 ID:???
おもろかったよ。ぐっじょぶ。


61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:41 ID:???
>12 新スレ早々神出現! グッジョブ!

>58,59 わ、笑い死にさせる気かっぃ!!

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:44 ID:???
>>59
  ,..、_      _  __  ..,,__         _,, ,,_  _           __
  l ./====/ \| .l ,、| ./ , 、    \''゙ <.| i=' `l ヽ\     _  7 フ,、
  / /.l`‐- ゙、| |=| .i- l ./= ,>   /,_、.ノ| |.| !∧.| l'    !、`'゙ _,,,..ゝ_,、
. /  |.| || | | |.|`' __'`ノi、l / /    二| /'゙∠,,> = '゙l .|     ゙7 .l ∠~_,,,,.)
 ~| |.| !! |.| .|.| | | .|ヽ. ./     .フ  <'ヾフ / .| .|    /!./ /_  ゙
  | .|.!-'`二l  .|| |._| .|/  `‐-   /,、 |゙、ノ.>  '-┐、 `.-‐'' .// ./ ヾ‐---‐、
  |_,,,|   \_丿!-‐'>,.-'゙~`、/   ` |_,,l/-‐'゙‐、_| `‐- -‐' ヽ_/  `‐- - ‐'


シンジ(チワワ)「くぅん?」 (…と首をかしげる)

63 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 22:56 ID:???
ttp://eva-2ch.hp.infoseek.co.jp/the_reprise_of_evangelion.jpg

さんざガイシュツのこれのFF化に挑戦したヤシはいないのか?
雰囲気としてLASの大作になりそうだが。

64 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:01 ID:???
>>63
劇場版だからな、前中後編でそれぞれ100KBずつぐらいでまとめるか?
漏れにはあの絵一枚から妄想を超新星爆発させるのは無理。
すこしずれるけど、EOEのポスターってレイ逆さまの赤い奴だけだったかな?
2,3種類あった気がするんだが。
それこそ漏れの記憶改竄で妄想ですか。そうですか。

65 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:04 ID:???
>>64
いや、ポスターに詩?もあるでしょ。
あれ読んでたら、結構イメージ出てこない?

66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:11 ID:???
>65

ほほう……
せっかくだからそのイメージとやらを書いてみそ?
400字詰め200枚ほどで。

67 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:15 ID:???
頑張って妄想してみたが、スクロールバーが出なさそうだw

ちなみに64じゃないです。

68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:15 ID:???
君の瞳に映る陽光も、君の柔らかな髪の温もりも
僕がいるこの世界には要らないモノ

君がそこにいるから僕の心は再び閉ざされる
そして僕は再び願う
僕の心を、この孤独な心を満たしてくれる存在を
ただここに僕が存在するだけの世界
この世界から救ってくれる他人の存在を

そして今日もまた僕は独り、陽光の下に立ち尽くす
ここに立ち尽くすだけの僕、とても寂しい存在

逃げなくてもいい
恐れなくてもいい
笑わなくてもいい
泣かなくてもいい
それが僕が願った世界
とても、とても素敵な世界

そして、僕は再び願う
僕を慰め
傷つけてくれる存在を

69 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:17 ID:???
いい加減にしやがれクズが

70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:17 ID:???
>>63
今1年ぶりぐらいに見直してみたら、いろいろ細かく書いてあるね。
でも無理ぽ。
少しだけ(妄想)出来たのは、シンジは生きる辛さをまた味わったのかと。
EOE後のことがこの一枚から想像出来んのが一番痛いかな。
二人だけでもよさそうな気はするし、
人が還って来て普通の社会ってのもありそうな気がする。
これまで、そしてEOEのような終わりはおそらく無いと思う。
なんというか、ありきたりなヒューマンドラマ的エンディングを迎えるような気がしてならん。


ハッ!? はめ(妄想させ)られた!?

>>66
ああ、書き込もうと思ったら突っ込まれてる(ノДヽ)
テキトーな数言っただけなのに。20KB×3位の方が現実(堅実)的だった。
許してくれぇ…。

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/23 23:19 ID:???
The sun is in your eyes,
the heat is in your hair.
They seem to hate you,
Because You're there.

この下、シンジの腕にかかって読めないや。

72 :70:03/06/23 23:38 ID:???
代わりといっては代わりにもならんかも試練が。

栄華を極めていた超高度文明を瞬く間に崩壊させた大破壊(インパクト)
生態系は荒れ狂い、人知を超えた怪物が跳梁跋扈する。
力こそが正義となり、悪が蔓延し暴力が支配する世界にも希望はあった。
モンスターハンター……情け無用の賞金稼ぎ達に人々は明日を見た。

って、久しぶりにメタルマックスやったもんで(w
モンスターハンターにアスカ(勝気)、メカニックにシンジ(弱気)
ソルジャーにレイ(冷気)を。
解る人だけ解ってくれ…

73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 00:14 ID:???
主人公をかばって死ぬのはミサトさんか…案外ハマってるな

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 00:52 ID:???
>>64
逆さなのはミサト。ほとんど全部の女性キャラが赤い水中に死体(?)で浮いていて、
レイ一人だけが水上に浮かんでそれを見下ろしている。

75 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 01:11 ID:???
And I need a friend;
oh I need a freind.
To make me happy,
Not stand here on my own.

Look at me standing here
Up straight in the moonshine.
No need to run and hide, It's a wonderful life.
No need to laugh and cry, It's a wonderful life.

--------------------------------------------------
3段目(Look at ...)の1行目がよく分からん

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 01:18 ID:???
(Look at me standing here) on my own again
と思われる。

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 01:38 ID:???
>>75
>Up straight in the moonshine.
sunshineかも

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 02:33 ID:EMV2G6+J
>>72
ラスボスはMAGIですか?
「人類…知性と言う武器を身につけた悪魔のサルめ!滅びるがいい!」

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 02:44 ID:???
635 名前: @七三分け@ 投稿日: 02/02/24 06:42
いや〜、正直いいますと、去年は、もう少しこのネタ引っ張ろうかと思ったんですよ。
んで、調子ぶっこいて、2002年春にこの偽映画の偽公式サイトでも作ろうかと
思ってたんですよ。
んで「偽予告編」とかフラッシュで作ろうかと思って、もう100円ショップで、バッハの
『目覚めよと呼ぶ声あり』のCDまで買ってあったんですが(笑)。
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/2700/mezame.MID

もうサイトのページ構成も考えていて、最後のページでは
黒バックにグレースケールで、
望遠で雪の降る公園のベンチに独り寂しく座りうつむくシンジのトリミング、
その下に、真っ白な雪の上に足跡を残すスニーカー、革靴、男女幾人かの足元のアップ。

白地にマティスのL(黒地に白いマティスEBでないところがミソ)で

「なんやシンジ、そんなところにおったんか」

その声に顔を上げるシンジのアップ。
雪の中に佇む、「いつもの」友人の姿、姿、姿…(バスト止まりで顔は見せず)。

「みんな、ココにいたんだね…」



80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 02:44 ID:???
637 名前: @七三分け@ 投稿日: 02/02/24 06:43
ま、作る時間がないというのが逃げとして。

以前、某所で、新海誠さんの↓このサイトの存在を知り(朝日新聞にも載ってたですね)
http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/stars/index.html
「私とリアル年齢がほぼ同い年の人が、たった独りで、1台のMacで作った」
ってのにブっ飛びまして、
「G2とG4、Macの性能の差が表現の差じゃないって事を(以下略)」
なんてことを言う気はなく、「カッチョエェ〜〜ッッ!」と驚愕しまして、即ブックマーク。
さらに↓1999年に新海さんが作られたこちらの作品が、私が頭の中に描いていた
「アイはさだめ〜」のイメージにピッタリ。
http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/cat/index.html
凄いクオリティで作られており、いまさら私が3年も遅れて似たような表現方法で
つたないクオリティで「ネタです」とか言ってエラそうに発表できるはずもなく、
もうこのネタを引っ張ることは止めよう、と思ったんです。

んで、さっきMOの中を探したら、このポスターネタの、レイヤー分けしてある
元データが残ってたんで、「偽セル画」をネタに再利用して、「THE END」ということで。



81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 02:46 ID:???
これほどまでに新海の存在が疎ましく思ったことは無かったw

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 03:29 ID:???
こうしてみると、新海って本当にコロンブスの卵なんだなあ。
誰もが「できっこない」と思っていたことを、「いや、やってみたら
できちゃいました」てなものだからなあ。

もし「彼女と彼女の猫」がなければ「アイはさだめ」が軌道にのった
かも知れなかったのか。まっこと、分からないものというか、バタフラ
イ効果だよな。

83 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 16:11 ID:???
サキエルがそこそこ強いSS。

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 16:26 ID:???
エヴァのキャラで新カラテ地獄変をやってほしい
シンジが「前後の玉門・秘門を貫き通してやりたくなったわっ!!」とか
「この淫婦の腹にポンプ注入してやれい!!」
一匹の牝となりさがれッ!!」
「死に臨んで嘘はつきたくありません!」
「あの世の土産に姫の肌の女である部分を・・・この指で触れたい!!」
「ただ死に臨んでは正直でありたい い、いや正直でありすぎました」
等々の迷言の数々を是非

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 17:51 ID:???
エヴァが三体ともすぐ暴走して敵を食い始めるっていう設定で本編再構成。

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 17:55 ID:???
>>84
こんなか?
ttp://papyrus.file.ne.jp/hajiox/data/digima99/digima99-26.lzh

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/24 18:22 ID:???
>>86
ワロタ

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 14:55 ID:???
ドラゴンボール風エヴァ
エヴァが気を纏ったり、
かめはめはみたいなエネルギー弾出したり、
敵と目にも止まらぬ速さで打ち合ったり、
「地球のみんな!オラに(以下略」

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 15:02 ID:???
>>88
それドラゴンボール風じゃなくてドラゴンボールじゃん

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 15:06 ID:???
シンジがじゃなくてエヴァがなら見たい。
悟空シンジはいらん。

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 15:34 ID:???
>>86
こう言うモノって、どこで見つけるの?
他にもあったら教えてチョンマゲ。

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 15:38 ID:???
>86
直林すんなや.、アフォが

93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 15:40 ID:???
>>92
hがないから、直リンクとは呼べないのでは

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 15:55 ID:???
>>93
香具師の心には常にHが潜んでおる。

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 16:36 ID:???
何処までも続く赤い海・・・
シンジは其処に立ち尽くしていた。
「こんな世界認められないよ!やり直したい…帰りたいよ、あの時に…」
「そう、それがあなたの願いなのね」
「あ、綾波!?」
「今から貴方を過去へ送るわ、頑張ってね碇君」
「え?ちょ!」

突如足元に口を開けたデラックスの海に飲み込まれるシンジ
デラックスの海を抜けるとそこは…懐かしいあの場所だった。

「(ここは…あれは第三使徒?前より大きくなったような…)」
「え?ペンギン?」
「クケェ(誰!?)」

振り返るとスカート姿の自分が立っていた。

「なんでこんな所にペンギンが?」
「クケ?(ペンギン?)」

恐る恐る自分の姿を見回すと、黒光りする手(というか羽)
黄金色に輝くクチバシ、水に強そうな足…

「クケェェェ!(なんで!なんでさ!なんでペンペンになってるのさ!)」
「この子、機嫌…悪いのかな」
「クケェェェェェェェェェェ(綾波!裏切ったな!僕の気持ちを裏切ったな!)」

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 16:44 ID:???
「クケェェェ…(こんな姿でどうやってやり直せって言うのさ…)」
「(あれ、落ち込んでる?)……ちょっと可愛い…」

シンジ(だったモノ)はシンジ(らしき人)に持ち上げられてしまった。

「クケェ?(何?僕に構わないでよ…)」
「なぁに?」
「クケェ(放っておいてよ…)」
「あ、暴れないでよ」
「クケェ!(こ、後頭部が柔らかい…だ、騙されないぞ!そうやって僕を利用する気なんだな!)
 …クケェ〜」
「あれ?ふにゃっとしちゃった…」
「クケー…(僕って最低だ…)」

オワリ

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 16:47 ID:???
>>92
またひとつおりこうになったな

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 17:20 ID:???
>>92
E計画責任者によるコメント「無様ね。」

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 17:48 ID:???
>>95-96
ぜひそれでエロ路線に突入してください。
女シンジ萌え。

100 :ともやが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 19:59 ID:???
100?

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 19:59 ID:???
ところで前スレラストのシンジ大戦を形にする香具師はいないのか?

102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:03 ID:???
無茶言うなよ(w
やってしまえば神だな。

103 :ともやが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:06 ID:???
誰かやって下さいよ

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:07 ID:???
それよりおまいさんシンジ大戦じゃないけど
↓こんなのもっと読みたいですよ



  んがっんががががっ
  ちゅんちゅんちゅんちゅん
  どーん
  アパーム!弾持って来いアパーム! 
  だから僕はアパームじゃないって何度も
  アパーム…弾…
  ああっ 綾波までっ

「シンジ…」

  ダムダムダム
  どどーん
  な・なに?とうさん

「問題…」

  え?なに?
  おぅりゃあっ ぶわくねつっ!
  ずばーん
  弐号機返り討ちで被弾ッ!
  あー フィードバックがんがん上げちゃって…




105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:08 ID:???

「…第三新東京市の名物は清酒力士に十万石饅頭、イエスかノーか」

  何言ってるのさ とうさん!今戦闘中なんだよ!?そんなノホホンとしてられないんだよ!?
  フィードバック プラス60%の現在240%です
  痛くないのかしらね…

「(チッ)お前には失望した…もう会うこともあるまい。…ダミーシステム起動」

  うわああああっ何すんだよとうさんっ!
  ぎゃ――――― っどこに首突っ込んでんのよぶぁかシンジぃッ!?
  やめてよとうさん!止めてぇっ!
  くのっくのくのおっ!離れろヘンタイッ!
  ごがっごがっごがっ
  アパーム…弾…



106 :ともやが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:08 ID:???
ノーコメント

107 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:09 ID:???

  ずどーん
  3番4番!弾幕薄いわ 何やってんの!?
  たたたたた どずん

「…冬月」
「なんだ碇」

  ふんばらーっ!
  弐号機 零号機に誤射!胸部に被弾!
  セカンド…死なすわ…
  ああっ綾波!持ち場離れちゃ…

「問題…」

  どぐあっ
  零号機 弐号機に延髄斬りーッ!
  綺麗に決まったわねぇ…
  あれは当分立てないっすよ

108 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:09 ID:???
>>101
全員の口調とか特徴とかしらべるのめんどいからヤダ
一人一シンジでみんなで書くならともかく

いや、書こうとしたんだけど、分類表でもないととても無理と気づいたんだよね

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:09 ID:???

「碇、今は非常時なのだが…」

  ぐっがああああ!

「問題…」

  おおースパっと卍固めに移行かあ?
  手馴れてるわね 普段誰にかけてるのかしら
  腰部だけでなく頭部にも圧迫!
  フェイスクローまで…彼女 プロね
  ぐわっあっあっ!

「…わかった、手早くな」

  うわああああ!
  さりげなく向こうで初号機がタコ殴りなんですけど…
  ホールド解いたけど…次は何?

「巫女みこナー」
「京の通り」

110 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:10 ID:???

  おおっと バックから腰をとって…?
  うわっ 綺麗なブリッジ!
  ヘソで投げたわね今の…
  ジャーマンなんて見たの久しぶりだわ

「…」
プシューッ
「おい碇っ、まだ戦闘中だぞどこへ行くッ!?」

  アルゼンチンバックブリーカーとはまた通な技を…
  タオル!タオル投げて!
  カンカンカンカン
  フィニッシュはぁ 零号機のアルゼンチン…
  うわあああっ誰か僕に優しくしてよぉっ!



111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:11 ID:???

  くらあっ このクソ使徒!降りてこんかー!
  ア・アスカ…駄目だよ 下手に刺激しちゃ…
  今度のディラック風呂はセカンドね… くす

「冬月。問題…」

  衛星軌道上の使徒 謎の発光をはじめました!
  今度は何かしらねぇ
  おらーかかってこんかーい!
  マイク握って挑発してどうするのさ…

「…」

  謎光線 照射!初撃は弐号機に確定 配当は1.1です!
  きゃあああああああっ!
  ア・アスカっ!?
  お・俺の大穴が…発令所司令席一点買いが…
  この音楽は?どこから?
  ワルキューレの騎行っすね 音源は特定できません いやぁマコト 稼がせてもらったぜ


112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:11 ID:???
  いやあああああガリガリうるさいワグナーはやめてええっ
  私のゲルマン魂がっアーリア人の濃ゆい血がっ

「北原白秋の」
「限りなく透明に近いブルー」

  ジーク・ハイル!ジーク・ハイル!ジーク・ハイル!
  パンツァー・フォー!イワンに戦争を教育してやれ!

  アスカ!しっかりしてアスカ!?
  心臓に電気ショック!500ボルト!
  だめです!まったく影響ありません!
  変ねえ 常人なら致死量なのに…
  どかーん ずどどどどど
  弐号機パイロット 暴走!

「…」
プシューッ
「待て碇っ、今のどこが正解なんだっ!?」

  アタシのケツを舐めろおおおっ!
  づどーん
  …イカリ君 呼んでるわ…
  僕はそんなことまでやってないって!

113 :104:03/06/25 20:12 ID:???
オハリ。
どっかこんな電波無いですかねえ
じだらくとかグリーンゲーブルスは読んじゃったわけで蟻マス。

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:14 ID:???
全スレの終わり辺りから、厨が跋扈しだしてからえらくつまらなくなったな・・・・

115 :ともやが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:15 ID:???
もっとおもしろいのないの??

116 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:16 ID:???
>>114
どんなのよみてえのよ?

117 :荒らし屋だがね:03/06/25 20:18 ID:???
       / .:.:. / ̄  \  _,,,,-‐'''"   \, へ、
     / .:.:/ /\.:.:    /            ヽ
     /.:.:.:,‐'" 〈.:.:.:.:\.:.:.: /.:.:___,,,,-‐ __.:.:_,,,,-‐.:.:   `、,,_
   _,,,-''"    |\.:.:.`''/_..-'/,,-‐''"∠..,,,,,,/_,,,,-‐  __ ヽ、
--‐''        |,ィ'⌒゙ヽiイ´ // , " ̄`ヽi! /// .:  ヽ、`ヽ、
      .:.   〈 (~< レ  '´  ' ..,,_('ッ ゙i!/'´ //|.:.:   \
   _,,,-''.:.   .:.:.\ `        ,,、、´゜、、、 __,,,,.../ ::|.:.:|.:.: |
--‐''.:.:.:.:/::  .:.:.:.:./´`T            ,,_(ッ,ノ /.:.: / :/|.: /
.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./:::/            /~⌒ヽ、-/゙//| :/|/ |/   从___人/(____
---‐-、____,、-‐<           /⌒゙ヽ  ヽ>  / |/ |/ __)`-ー-'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、'、        /‐-、_ 〉 / , '     >
;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,-‐'''"\\__\   `ヽ-、;_/ ,,-''      \ 
 ̄ ̄^i;;;;;;;;;;`-;;;;;;;) \ノ::::´`ヽ、   ,, - "ヽ、        )  つまらねぇ香具師だな!(ゲラゲラ
::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;∠-‐'''"`-、:.:.:.:.: `''''".:.:.:.:.:.  '、      ∠ 
::::::::::::::::\;;;;;;;;;/::::\|;;;|;;;ヽ、:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:. ',       〕
\::::::::::::::::|;;;;;/::::::::::::/;;;/;;;;;;;;|.:.:.:.:.:. / |.:.:|\: i     


118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:23 ID:???
>>117
面白い時もあるのに最近ほんとつまんないよ・・・
NGwordに追加した

119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:33 ID:???
>>118 この前から既にNGワードですが、何か?

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 20:39 ID:???
オナニー垂れ流し禁止の方向で。

121 :104:03/06/25 20:43 ID:???
荒れてるねえ。
また来るよ。

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:07 ID:???
>>113
死ねよ 馬鹿

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:23 ID:???
ガンヲタがキャスティング遊びしていた頃と比べれば100倍は面白いが。

124 :ともやが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:29 ID:???
>>104もう来んな

125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:41 ID:???
>>104
腐ってやがる

126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:42 ID:???
>>104てめーみたいなのは早く氏ねよ

127 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:49 ID:???
えーと…>>124>>125>>126ですか?

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:50 ID:???
そこまで酷い事言うなよ
ここは漏れが擁護のながれかな



……


俺にだって出来ることと出来ないことがあるんだよっ!!(逆切れ)

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:51 ID:???
>>127
そこでボケろよ

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:54 ID:???
>>104
脳内Uzeeeee
そこからエチーにでもいけよ

131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 21:57 ID:???
>104
ヴァカじゃねーの?
>>88を30回音読して回線切って吊れ

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:02 ID:???
>113
エヴァ厨体現オメ。

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:05 ID:???
エヴァ厨体言どメ

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:06 ID:???
じゃあシンジ大戦いこか

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:07 ID:???
エヴァ厨発生記念パピコ ヽ(´ー`)ノ

136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:11 ID:???
>104
( ゚д)ヒソ(゚д゚)ヒソ(д゚ )

137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:16 ID:???
          _
      ミ ∠_)
         /
         /   \\
 ウイーン   Γ/了    | |
  ウイーン  |.@|    | | ガッガッ
       | / |    人
       |/ |    <  >_Λ∩
      _/  | //.V`Д´)/ ←>>104
     (_フ彡        /


138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:18 ID:???

 艦長!>104が涙目です!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧ ∧   ∧ ∧
       ___( _冂二冂(,,゚Д゚)
      ∧⊂/ ̄|二| ̄\つ∧二ヽ
      ι匚|_/_\_匚i_|∪∪i]
      \/∠ / / \_/二/
      /∠ / /
     /∠ / ∧_∧___    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /∠ / /7´Д` ) / |  < 追撃用意!
  /∠ /   ○ =i|= ~)/ |   \_______________
/∠ /  i'''√√ i'''i ̄ ,,,,/
∠ / /__(_(_)/ ̄    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 / /  \\\/      (・∀・ )< いや、もう津ってます。
          ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ )  \____________
               |        |   |

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 22:22 ID:???
>>104
( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ (プゲラ

140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:13 ID:???
>>117
( ゚∀゚)ア━━━━ヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!

141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:17 ID:aPPryKaJ
ageるか、最前線までなあ!

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:26 ID:???
スパシン大戦、それこそトモヨたんが適任のような気がするんだが?
つーか、トモヨたんで無理なら絶対無理だ(w

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:29 ID:???
許可とるならともかく、他の香具師の作品からキャラ引っ張ってくることは出来ないだろ
つまり匿名でしか無理


144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:34 ID:???
そこでハルパスですよ。

145 ::03/06/25 23:34 ID:???
今日はひっそりしてる・・・(-。-) ボソッ

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:37 ID:???
新規受付してないぞあそこ

147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/25 23:41 ID:???
>>145
ひっそりw プププ
負け犬キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 00:08 ID:???
あとはドラゴンボールかペンギンあふあふくらいか

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 00:49 ID:???
とりあえず完結してくれれば・・・。

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 00:57 ID:???
ところでよ、スパシン大戦にな七つ目玉シンジは参戦不可か?
得体の知れない思考回路でマイナスが付くけど、能力的には十分スーパーの部類にはいると思う。
天逆能力って反則だろ。

151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:11 ID:???
んでも、七つ目ってシンジ以外にも強いの一杯居るし
スパシンとはまた違った感じだと思うけどな。
平均が高いのでスーパーと言われても違和感がある。

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:13 ID:???
人並以上の能力もったらスパシンだろ?
得体の知れない思考回路しかり
軍事教練がどうのこうのもスパシン
漏れとしては剣道空手系もスパシン
めちゃくちゃ明るいのもスパシン
なんでかっつーとそういうのはたいてい超能力に目覚めて逝くからな

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:21 ID:???
>>152
馬鹿め!
スパシンはスーパーシンジの意だ。
越える対象が人並み以下のシンジである以上は、人並みなら十分スパシン。

他のロボットアニメの主人公に置き換えるなら、
ニュータイプに目覚めないアムロでさえも、ぎりぎりスパシンの領域だ。

154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:32 ID:???
>153
あーそー(w
それこそ誰も書けねーべよ。
星の数ほどあるぞ、んなスパシン(w

155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:34 ID:???
まあ大戦として面白いんならどんなスパシンだしてもいいだろうけど、
正直天逆能力とか書きにくいと思う

それに文章や喋る言葉もそれに沿わせたほうがいいと思うし
そうするとあれを中途半端に真似てたら書いてる香具師が氏ヌほど厨臭く見える罠

156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:39 ID:???
つかスパシンのうち誰が勝ってもカミソリメールじゃねえ?
ヘル(ryあたりから雪崩れてきてサ
で、決着つけなくても誰かが叩く、と
スゲー地雷だ。誰か書け(w

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:40 ID:???
>>95-96
イイ!
俺も読みたい。
誰か続きキボンヌ。

158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:41 ID:???
age

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 01:42 ID:???
ハルパ(ryのハをヘと書いた。
…まあ伝わるか。

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 02:10 ID:???
ヘルペスってけっこう治りにくいよな

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 02:16 ID:???
「ドキッ! 碇シンジだらけのスパシン大戦」の名前でスレ立てて、
各自が1スパシンを担当して厨の限りを尽くすというのもありかも。
 
間違いなく収拾が付かなくなるが、
それもまた完結しない元ネタ群を踏襲しているということで。

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 02:24 ID:???
ガラスの仮面風エヴァ。
リツコ「そんな…初めてでこんなシンクロ率を出すと言うの!?シンジくん…」

ヽ、__ /         `ヽ/  `ヽ  \
`ー,.   /  /      ヾ〃ヽ   ヽ  〉  
/   〈   {   { {  i'ヽ/`i/ /  / }  {  _、
     ヽ  `ーj } } {   { /  ノ /  `ー' i
  ノ  ノ`ー-‐'ノ ノ ノノ   !_l i { {   _,./    エ凡
 `ー-‐' \__,/ノノ‐-' ,,.-‐''`‐-`!`ー`-- 'ヽ     ハ_ヽヽ
    i/ / / ((_j }  / ,.-‐‐‐‐,'/i i | } ヽヽ
     {  { ゝ、_,.ノ  l| `‐--‐'、i/ ノ ノ ノ ノ ノ   |
    `ヽ`ニ-‐ノ   l|    il|||jノノ ノ- ' /   `ー '
   ノ  `---'"   ili;    ||ヽ__,./`ー-'{      l
、__/ ノ ノ ノ }  ,.   '" ヽ /||ヽ__,./i / ヽ_,.i   レ  ヽ
ヽ__/_/ .ノ-'   { { ̄ ̄} } / /ヽ__,./ヽ{ i  ノ    フ
`、_/_/ノ-'ヽ.    '、___,ノ  /| ヽ ヽ  } ヽ"    ‐┼‐
  `ー-‐'‐-‐' ヽ    --  / l  }  }  }  |     '
   `‐-----‐' `ヽ ___ /   l / /  /  /     | |
    ヽ _____ノ |         l' /  /  {     ・ ・
↑リツコ

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 03:09 ID:???
>>162
きさまはそのAAを使いたいだけちゃうんかと小一(ry

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 08:58 ID:???
>116
前スレ700辺りまでの雰囲気で

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 11:03 ID:???
>161
賛成
>162
大爆笑したw

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 12:41 ID:???
サキエルを生身で倒したり・・・シンクロ率が何兆%とかになるシンジが居るから
案外潰しあって普通のシンジが生き残るかもしれない。

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 13:12 ID:???
>>162
紫のバラの人役は誰よ。

168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 14:06 ID:???
ここを今強制IDにすると楽しそうだ

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 14:15 ID:???
>>168
ツールとか使えよ

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 14:18 ID:???
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1056300323/l50
ドキッ! 碇シンジだらけのスパシン大戦

171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 14:19 ID:???
強制IDを付けるツールがあるのか?
神装備だな。

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 14:23 ID:???
>>166
前スレでそういう結末が決まっていた。
「最後のシ者」でドイツからあまえんぼうアスカ来日で全員脳死。
生き残るのは「あまえんぼう」シンジと周囲と無関係にアスカとの愛の巣を作った
点火シンジだけ。

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 14:57 ID:???
ツマラン!このスレはツマラン!(AA略

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 15:00 ID:???
>>173
楽しくするように努力しろ。サナダムシ君


175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 15:01 ID:???
>>172
漏れ的には全員精神汚染で
スパシン全員でシンちゃんダンス。

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 15:07 ID:???
>174
ツマラン!藻魔ゑの話もツマラン!(AA略

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 15:10 ID:???
>>176
「ねぇ、アスカ。今日は久しぶりに乳繰り合おうよ。ジオフロントの森あたりでさ」
「いいわね。じゃ、準備するもん準備して、乳繰り合いましょ」

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 15:38 ID:???
>177
すまん、努力は認めるが素でその返しはツマラン。すまん。


179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 16:12 ID:???
荒士もあやまる威力かよスゲーw

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 16:19 ID:???
>175
バックに「Komm, susser Tod」が流れる中で一心不乱にシンちゃんダンスを続けるスパシン軍団……

オチはオリジナルアスカの「キモチワルイ」で決まりだな。

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 16:32 ID:???
>>180
感動的だなオイ

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 16:59 ID:???
>>180
感動で耳血が出るぜ

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 17:06 ID:???
スパシン大戦は専用スレ立ったのでそちらで。

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 17:26 ID:???
>183 170の事か? 立ってへん、立ってへんて(w

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 17:28 ID:???
ドキッ! 碇シンジだらけのスパシン大戦!!
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1056599619/

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 17:36 ID:???
では次のネタ。

「お気楽極楽」 この一言に該当するキャラ(シンジ以外も含む)が登場する、
あるいは作品全体の傾向がこうというのを紹介よろしく。


187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 17:37 ID:???


 * 以降しばらく大耳モナーで *
 * まったりとお楽しみ下さい  *

 マターリ    マターリ
   (\_/)          マターリ
   (  ´Д)     マターリ           マターリ
   /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
  (_(__つ⊂(´Д⊂⌒`つ (´Д` )_人__) ))

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 23:33 ID:???
>>186
おちよしひこの半熟英雄みたいなの?
でも、そういうのいくつかあるみたいだけど、どれもなんかシンジがムカつくぜ?
作者の技量かも知れんけど、なぜかスパシンやそれ紛いばっかなのよ

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 23:35 ID:???
ふつーにスパシン。で、断罪モノ。
レイリツコはメロメロで、ミサトアスカはゴミ扱い。ゲンドウと冬月は人間扱いせずとにかく虐げる。
最後、ゲンドウをプチ殺したあと、やってきたEva量産機をスパシンらしくプチっと倒す。
勝ち誇って高笑いするシンジ。何故か初号機に同乗していて「碇くん…(ぽっ)」なレイ。

と、いきなりシンジの視界が真っ暗になる。
そして、闇の中に人影が浮かぶ。

「待っていたよ碇シンジ。
数多くの戦いを乗り越え 数多くの勝利を手に入れし君を…
そして 数多くの屍を乗り越えし君を 僕は君のことは全て知っている
なぜなら・・・僕は君だからね。

この戦いで見せた君の力、生身で使徒をも凌ぐほどの力は確かに強かった。
…しかしただそれだけのことでしかない。
君のしてきた戦いとは力のあるものが正義となる争い事。
いつの世にも繰り返されてきたものでしかない。
君はそれでよいのかもしれない。戦いに意味を見いだすことはないのかもしれない。
だがそれは僕の求めるものとは違う。

君と僕と求めるものが違う以上、もはや僕は君に関与しない…
君はあの世界で生きるといい。それが君の選んだ道なのだから。
僕はまた僕の求めるものを探す。
例えそれが永遠に見つからなくても 何度でも繰り返して…」

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/26 23:35 ID:???

唐突に意識が回復するシンジ。同時にEVAとのシンクロが切れる。
S2機関を取り込んでいるのにありえないとか叫ぶシンジに、
オペレーターがN2爆弾が日本全土にばら撒かれた事を告げる。
着弾は一分後。Evaのシンクロ率は0のまま。
泣き喚きだしたオペレーターたちを尻目に呆然と独白。

「オレは…自分の信じる道を進んできた。自分の道を自分で決めてきた。
しかし人は運命を前にしては為すすべを持たぬと言うのか?
人の行く道などは初めから決められていて、
正しいものや自由なものなどはないとでもいうというのか…
この戦いが無意味だったとでも…

人間はそれ程ちっぽけな存在なのか!
もし本当にそうだとしてもオレは今ここにいることを決して後悔しない。
オレのためにも そしてレイのためにも・・・
・・・これで長かった戦いも終わりだ。もうすぐここには誰もいなくなるだろう。
使徒もEvaも人間も」


空からN2爆雷が降り注ぐ。一面を白い光が埋め尽くし、初号機も飲み込む。


さばいたのは…

だれなのか…



と、こんな大どんでん返しのある話が読んでみたいです。

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:02 ID:???
わけわからん
スパシンを断罪するオリキャラが出るってこと?

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:05 ID:???
>スパシンを断罪するオリキャラ
それはそれでかなり高CQだw

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:06 ID:???
断罪シンジが好き放題して、最後の戦いが終わった後で
孫悟空と戯れるお釈迦様シンジが断罪シンジをアボーンするのかな。

深読みすると、神シンジが逆行する前の「可能性」の世界?
理想のパターンを模索するための世界だから、必要なくなったら消すのかな。

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:12 ID:???
人に復讐などということをすると、次の転生でその10倍になって
帰ってくる。

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:20 ID:???
>191
一見断罪スパシンに見えるが、
実は赤い海にいるシンジが作り出した実験場での話。
インパクトを起こしてしまったシンジはやり直しの方法を模索している。

実験場での『シンジ』はインパクトこそ起こさなかったものの、
ミサトやアスカに対する所業、ゲンドウを殺したことからシンジに見捨てられてしまう。
『シンジ』は赤い海のシンジによる補正を幾度となく受けており、
(スパシンにありがちな)ものすごい都合のよい自体が多発していた。

ところが見捨てられてしまった事によって補正がなくなり初号機は停止、
スパシンならありえる『ATフィールドで日本全体を包んでN2兵器を防ぐ』ができず、
爆発に巻き込まれてしまう…と言うエンド。

>193
あぼーんじゃなくて、放置。
『シンジ』があぼーんしたのはどこまで言っても自業自得。

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:23 ID:???
逆行シンジに「断罪など虚しいことがわかったかな?」と大仏的したり顔で説教するシンジ。
もちろん元断罪者。

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:25 ID:???
>>196
あとがきで断罪読者に説教してたらもうカンペキw

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:35 ID:???
>>195
オリキャラでスパシン断罪のが面白いと思われ

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:41 ID:???
>198
作者の痛さは面白いだろーがな。

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:54 ID:???
>167
ゲンドウ?

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 00:58 ID:???
実験場で思い出したが、昔、テレピン油で洗い流すように
世界を混沌に戻し描き変える、って終末のSFがあった。
N2バラバラぐらいじゃ、まだ空恐ろしさを感じないね。

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 01:20 ID:???
>200
アスカは亜弓だね。

(EVAに乗って戦うシンジを見て)
「シンジ…! おそろしい子。とても同一人物とは思えない…
 圧倒される…圧倒されるわ…」

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 03:44 ID:???
>>202
オモロイ!
続けて書いてくれ!

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 09:00 ID:???
Popee The ぱフォーマーのポピーとケダモノをアスカとシンジに置き換えると、
それだけで十分ネタになると思ったのだが、台詞が全く無いので、
ここで発表すると面白くなくなることに気づいた。

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 12:07 ID:???
Popee The ぱフォーマー自体が激しくつまらんのだが

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 12:13 ID:???
ケダモノ=リリスでどうだろう

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 13:11 ID:???
Popee The ぱフォーマーをアスカシンジに置き換えようとしたところが
ちょっとわからん
いや、あれは面白いがね

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 16:09 ID:???
シンクロ率トップのチルドレンは、「紅天女」と呼ばれる。

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 16:30 ID:???
女装シンジですか? 萌え。
トウジも女装ですか? 萎え。

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 16:43 ID:???
エヴァで「今日から俺は」やるとか・・・
なぜかって言うとコンビニに売ってる久々に読んだから。
あとシンジの顔型がアスカと同じって事で金髪のシンジと銀髪のカヲル
が三橋、いとうって事で。
シンジの性格はまぁ卑怯って言うか外道って言うかそういう感じで・・・
カヲルもアルビノとかにしないで普通に黒い髪だった事にして
ANNE氏の所に「外道シンジ」って言うのがあったけど
「容赦なく厳しいッス〜」っていうロンゲは必須かなぁと。

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 16:46 ID:???
リツコの厳しい稽古により、次第にできあがってゆくたけくらべ(初号機シンクロの通称)。
しかし、卑劣な罠が待ち受けていた。
小野寺(キールのあだ名)の陰謀により、舞台稽古(シンクロ訓練の別名)日が変更されていたのだ。
知らずに劇場(実験場の俗称)を訪れたシンジたちは、オンディーヌ(弐号機班のコードネーム)の訓練を見るはめになる。
主役をやる(エヴァに乗る)ために生まれてきたような華があるアスカ…。
シンジは、完璧なアスカの演技(エヴァ操縦)を見て打ちのめされ、演じる(エヴァに乗る)ことができなくなってしまう。

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 17:06 ID:???
>211
名前とか用語入れ替えただけでは意味がない。
そんなのシンジちゃうやん。

213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 17:35 ID:???
>>212
そのままにするわけ無いよん。あくまでモチーフって言うか
2015年なんだからあんなパンチパーマとか居ないと思うし。
キャラを入れ替えると言うかトウジとかケンスケを
そのままの性格でいい感じに動かしつつギャグをやって
マナやらマユミやらレイやらアスカを出して・・・
調子乗ってんじゃねーよコラ的にシンジカヲルが変なのに絡まれたり・・・

まぁそんな話書く奴は居ないと思うけど。

214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 17:39 ID:???
>>213
捕捉
ただマターリの付かず離れずの学園物も違うし
超能力バトルもなんか違うと思うし・・・
日常的な範疇の中でエヴァキャラを動かして欲しいんだよ。

215 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 21:24 ID:???
>>210
シンジは伊藤だろ?伊藤真司なんだから

216 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 22:03 ID:???
タイタニックなEVA
カヲルキュンしかマッチしてないけど(声)

217 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 22:32 ID:???
>215
伊藤シンジだと地下帝国でチンチロリンをやってそうだな。

218 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 22:37 ID:???
レイ「伊東君..... 無理しないで......」

なんか、しっくりこないな

219 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 22:39 ID:???
誰役だ?>レイ

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/27 23:00 ID:???
>>217
ざわ・・・
            ざわ・・・
押せ!!押せ!!
>>218
外道のシンジと王子様タイプのカヲルでいいんじゃないかなぁと思うんだが
シンジ、カヲル、トウジ、ケンスケ四人が仲間で
適当に馬鹿やりながら女に逃げられたり争いに巻き込まれたり

三橋、伊藤のコピーじゃないシンジ、カヲルのコンビが見たいんだなぁ


221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/28 02:44 ID:???
>162
使徒が来るたびに訳のわからない猛特訓を繰り返すリツコ。
それをミサトやマヤあたりが
「気違いざただわ……」
とかいいながら見ている。

222 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/28 14:39 ID:RZHWOZgY
>189
シンジが俺と言ってる時点で引く

223 :革命論者:03/06/28 15:51 ID:???
最後の使徒との戦いが終わってから2年・・・
シンジはアメリカでゲンドウと二人暮らしている。
アスカはミサトと二人暮しの高校生。
どっかで見たんだが、知らん?

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/28 15:52 ID:???
それだけじゃきつい

225 :ちよ:03/06/28 15:59 ID:???
http://kotarou.free-city.net/page002.html

226 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/28 16:04 ID:???
スパシン大戦のほうもよろしく
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1056599619/
宣伝スマソ

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/28 16:07 ID:???
>>223
スレ違い。

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/28 16:18 ID:???
>223
知ってる

229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 00:46 ID:???
ほぼどんなことにも、「どっちでもいいし、どうでもいい」と考えている無気力シンジ。
めんどくさいので一回はEVA搭乗を断るが、強くお願いされると断るのが面倒くさいので乗る。
自分や他人の生き死にもどうでもいい。
痛いのやめんどくさいのだけちょっと嫌だけど、それもそう強くはない。
いつも魂が抜けたような、ぬるけた無表情。

230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 01:05 ID:???
線香へ行け。わんさかおるぞ

231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 01:20 ID:OHsmRQSq
H!
http://www.anybody.jp/~l_vanilla_ice/



232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 01:27 ID:???
>>231
(・∀・)ニヤニヤ

233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 05:46 ID:???
ある企業サイトの隠しページにエヴァFF的なものが置いてあった。
社員が暇つぶしに書いたんだろうか。。

234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 06:29 ID:???
>>233
読みたいんですが。URL晒すのはまずいでしょうか?

235 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 09:23 ID:???
検索キーワードで十分だと思われ。

236 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 10:49 ID:???
んで検索ワード何よ?

237 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 11:42 ID:???
>>235
何で検索すればイイんだよ。w

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 11:56 ID:???
>>237
ttp://allabout.co.jp/
ttp://www.google.co.jp/
ttp://www.yahoo.co.jp/
ttp://www.fresheye.co.jp/
ttp://www.nifty.com/
好きなので汁!

239 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 12:05 ID:???
>>238
キーワードのことだよ!!ヽ(`Д´)ノ

240 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 12:07 ID:???
釣られてますよ(・∀・)

241 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 12:16 ID:???
人類がどんどん使徒として覚醒する。

「以後、第四拾億伍千参拾弐萬六千壱百八拾参使徒 山田太郎131(同姓同名の場合の通番号)と呼称します」
「まぁ、人類の半分が使徒として覚醒している現在。使徒だからどうだという訳でもありませんけど・・・」
「取り合えず、使徒認定書を郵送しておいて」
「暇ですねぇ・・・こうして考えると昔のほうが、仕事にもやりがいがありました」
「いいじゃないの、私達が暇なほうが平和よ。政治家達は苦労しそうだけど」
「この調子だと、数年後には全人類が使徒となる訳ですし・・・」
「そうね、私も人間の内に子供でも産んでおこうかしら・・・使徒じゃ子供作れないから」
「・・・・・・・・(ゴクリ)」
「あれ、どうしたの日向君?」

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 12:42 ID:???
>>241
メガーネ「パターン青!間違いありません、使徒です!!」
ミサト「…そう。認定書郵送しいといてね。」

243 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 12:55 ID:gDIpBlsu
>>241
おもろいね。

244 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 15:07 ID:???
>>241
山田太郎の名前が漢字じゃねーかと突っ込んでみるテスト


245 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 15:17 ID:???
>>244
高橋覗がいたじゃないかとツッコんでみるテスト

246 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 16:07 ID:???
>>244-245
ほんとんとこどうなってんだろな。
実際には戸籍など名前も漢字で登録されているが、
アニメの演出上わかりやすくカタカナで表記してたって解釈はありなのか?

アニメ他で苗字漢字名前カタカナで表記されてるシーンってあったっけ?
漏れの記憶の範囲内ではないような気がするが。

247 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 16:12 ID:???
謎本のなかには「セカンドインパクト後、行政の戸籍管理改訂でカタカナ表記に」って
駄説を唱えてるのもあったけどイマイチ。
たぶん「本当は」漢字なんだと考えるほうが自然。

248 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 16:26 ID:???
>>241
うあ……書かれた。
やる気なくしたショボーン(´・ω・`)

249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 18:57 ID:???
SEEDの摩乳みたいに誰か親切な人がミサトやチルドレン達ににネルフの
裏の目的を暴露してネルフに反旗を翻してウナゲリオンと戦う話をきぼーん

250 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 19:03 ID:???
SEEDの魔乳には萌え〜(*´∀`)なんだがミサトさんには全く萌えない罠。
…何故?

251 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 19:09 ID:???
それが三歳差…?
マリュー・ラミアスも三年経てば初々しさも雲散し葛城化。

252 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 19:23 ID:???
年齢以前にオヤジ女に萌えるのは難しいかと。

253 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 20:19 ID:???
目の前にいたら絶対襲ってるけどな。
女は、映像媒体ではわからない匂いというものがあるから。

254 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 20:25 ID:???
「モビルアーマー乗りは嫌いです…ん…」
「もう加持くんとは何でもないんだから…そういうのやめてくれる?」

どっちも萌えじゃフォルッァ!!!!

255 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:08 ID:???
シンジが不治の病に冒されていて、もって一年程度。
シンジは既にそれを知っていて、
一時は半狂乱になっていたけれど、
親身になってくれた病院の先生や看護婦さんのおかげで恐怖と向き合い、
残りわずかな人生を有意義に生きようと決意する。
そこへ届く父からの手紙。
こんな自分でも誰かの役に立てるのならばと思いつつ第三新東京市へ向かう。

256 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:51 ID:???
EoEの後、唯一人で生きてきたシンジが30才を超え魔法使いになり逆行するスパシン物

257 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:53 ID:???
>>256 すんげーつまんなそうなんですが…

258 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:53 ID:???
>>256
ほんとに読みたいのか?

259 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:55 ID:???
>>257-258 
ケコーンとはいかなくても同棲しる。

260 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:57 ID:???
寝取られちゃいますw

261 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/29 23:58 ID:???
>>248
漢なら「もっと良い物書いてやる」くらいの意気込みだけでも示せ。

262 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:22 ID:???
「30才を超え魔法使い」になったので
女性と仲良くなると魔法が使えなくなるのです

263 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:25 ID:???
>>261
漢泣きして不貞寝するよ。
嘘でも欺瞞でもいいから別の物で脳内補完しることにすた。

264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:26 ID:???
>>255
なんとなく設定に惹かれるものがあるね。
普通、病気モノ?はEOEか逆行モノが多いからね。(多分)
テスト終わったらその設定で書いてみていいですか?(ヘタレだけど)

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:32 ID:???
期待age

266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:34 ID:???
最近荒らしが常駐してるからage無いほうがイイヨ

267 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:36 ID:???
>>266
忠告ありがと。
後、ageちゃってゴメ

268 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:46 ID:???
>264
ぜひぜひ、お願いします。

269 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:46 ID:???
アスカがドタキャンする話

270 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:47 ID:???
>264
EOEはともかく、病気になって逆行してくるのってあったっけ?

271 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 00:51 ID:???
>>270
正確に言うと病気ではなく・・・なんだ?
魔法使うと死が近くなるって様な奴(ウィザード)

272 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 01:18 ID:???
>>255
ストレートに「僕の生きる道」の様な気がする。

273 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 01:19 ID:???
魔法・・・

274 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 01:34 ID:???
>>248->>263
痛い奴だな。
自分も同じネタをずっと暖めていて何時か書こうとでも思っていたってか?
口先ばっかりで一生書かない奴としか思えない。

275 :コピペ:03/06/30 07:11 ID:???
本編再構成でも逆行でも何でも良いんだけど、
シンジがEVAに乗る事を誇りに思ってるんだけど、功ばかり焦るDQNなFFって無いかな?
要するに本編アスカの性格と入れ替えて、さらにケンスケの性格をプラス、みたいな感じ
しかもシンクロ率は綾波より低くてまるで使えない『戦意過多・戦力過少』なシンジ(藁
ミサトやアスカが凄く扱いに困るという展開。
断罪モノの一つのアンチテーゼとして、どうだろう?


↑前々スレくらいに書き込まれた。俺もこれ読みてぇ。無いかな、こういうの。

276 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 10:12 ID:???
ttp://www24.big.or.jp/~ker/poo/47.jpg
↑こんな小説。

277 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 10:14 ID:???
>>276
なんだよ、これ。しかも、Dynabookかひょ

278 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 11:59 ID:???
アンタバカ?
このAA知らないなんて!
   
             ..'⌒⌒丶
     @⌒⌒@   (从 从 )  わざわざ探して貼るなんて
    从ノ从 从)   ゝ゚‐ ゚ ν    流石弐号機パイロット
    ハG ゚д゚/ ̄ ̄ ̄ ̄/ !(
   从ノ_ニつ/  FMV  / |丶っ____
       \/____/ 
  カタカタカタカタ

279 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 20:34 ID:???
>>255
http://www.home.cs.puon.net/anne-s/novel3/ss_room25.html

280 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/30 21:38 ID:???
>255
で、自分が造った公園のブランコに座って「命短し、恋せよ乙女」を歌いつつ死ぬ。

281 :264 :03/07/01 20:31 ID:???
(暗い、真っ暗だ。どうしてこんなに暗いんだろう?もしかして僕が目をつぶってるのか?いや、目は開いてる。
 暗いのは嫌だよ。誰かいないの?お願いだよ、誰か助けてよ。)
「うわああぁぁぁぁー!!」


「シンジ君、気が付いたそうよ」
リツコは今、聞いたばかりの報告を隣であぢ〜などと、のたまっている作戦部長殿につたえる。
「本当?それでどうなの、容態は?」
「目が覚めてからかなり取り乱したわ。若干だけど記憶の混乱もあるようね」
「まさか精神汚染!?」
その報告にミサトはあせる。これからも戦ってもらわなくてはいけないのに。
「いえ、それはないわね。初めての戦闘であれだったんだもの。脳神経にかなりの負担がかかったのね」
「心。の間違いじゃなくて」
精神汚染の心配がなくなり少し安心するミサト。だがリツコの顔はどこか厳しい感じがする。
「シンジ君のお見舞い、これから行くの?」
「当たり前じゃない。これから彼は私の管轄になるんだから」
「そう・・・でも彼、もう乗らないかもよ」


ミサトは恐いぐらい厳しい顔をして病院の廊下を歩いていた。
病院関係者もその近寄りがたい雰囲気に思わず道を譲ってしまう。
その時、ミサトの頭の中では先ほどのリツコとの会話が思い出されていた。

282 :264:03/07/01 20:32 ID:???
----「それってどうゆう事よ?やっぱりシンジ君になにかあったの?」
  「シンジ君が体に障害・・・と言ってもいいわね。そういうのがあるのは知ってるわよね?」
  「ええ、たしか心臓がうまく血を送り出せない。ってやつだったわよね」
   少し言いづらそうにミサトは報告書に書いてあった事を思い出した。
   そんな子供まで戦いに巻き込まなくてはいけないなんて。
   リツコは特に気にした様子もなくつづける
  「そう、特に発作があった時なんかはね」
  「それがどうかしたの?」
  「先の戦闘中にも発作があったのよ」
  「そっか、それでもう乗りたくないって事か」
  ミサトはでもそれならばもだチャンスはあるな。などと考えていたがリツコはさらに続ける。
  「まだあるわ。彼、目が見えなくなったそうよ。」
  「っ!!なんで?」
  「血が足りない分、どこかを削るしかなかった。だから彼は見る事をやめたのよ。
   これ以上の恐怖から避けるためにね。」
   リツコの話を聞いてミサトは目の前が暗くなっていくのを感じた。



283 :264:03/07/01 20:32 ID:???
ミサトはシンジの病室まですでに付いていたがなかなかノックをしない。いや、できないのだ。
しかしいつまでもそうしているわけにはいかない。まだ自分には事後処理やらなんやら仕事が沢山あるのだ。
「シンジ君、入るわよ?」
「ミサトさん?どこにいるの、ミサトさん!!」
シンジはミサトが入るなり手をばたばたと振り回し始める。
ミサトはそのシンジの手を取るとギュッと握る。するといくばくかシンジも安心したようだ。
「シンジ君。あのね・・・あのね」
ミサトは中々言い出せない自分に、これから言わなくてはいけない真実に嫌気がさしてくる。
こんな時リツコならずばっと言ってしまうんだろうな。
「・・・ミサトさん、お願いがあるんだ。・・・部屋を変えて欲しいんだ。
「そのぐらいならお安い御用よ。シンジ君」   
話しかけてくるシンジになるべく優しい声をかけてあげるミサト。
「暗いのは嫌なんだ。どこか、どこか明るい場所に変えてほしいんです」
その言葉にミサトはついに我慢しきれなくなりシンジを抱きしめ泣き始めた。
「ごめんね。ごめんね。・・・本当にごめんね」
シンジは何も見えないが外は雨なんだな、と感じていた。

284 :264:03/07/01 20:36 ID:???
時間的なものは『知らない、天井』のところからです。
いちよう最初のもあるんだけど、無駄に説明ばかりになってしまってつまらないので省きました。
せっかく書いたので批判、中傷でもいいんで感想もらえると嬉しいです。

285 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 21:25 ID:???
いいね。続きが気になってしまう。

だがな。「どうゆう事」だの「いちよう」ってなんだ。
うっかり間違えた誤字じゃないだろこれ?萎えるぞ。
それに中傷でもいいってよ…。ほんとにいいのか?(w
辞書引いてみろ。自分でとんでもねえこと言ってるってわかるから。

286 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 21:28 ID:???
2chだから。

287 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 23:20 ID:???
単にネタ振りだけなら「シンジが最初の戦闘で失明する話」で済むだろうし、
これは完結させるつもりの話の枕と考えて良いのか?

大体「シンジが失明する」という状況を、話にどう絡めるのかが問題であり、
そこんとこに触れず、感想を求められてもなぁ。

とりあえず突っ込むなら、リツコの台詞だが。
「血が足りない分、どこかを削るしかなかった。だから彼は見る事をやめたのよ」
と断言しながら、続けて「これ以上の恐怖から避けるためにね」
どっちなんだよ?

288 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 23:31 ID:???
シンジの最後は安らかだった。眼も見えなくなり、耳も聞こえなくなり、体ももはや
碌にうごけなくなっていったのに。凄く、満足した顔。

その姿を見てあたしは「シンジの満足した顔、その中にあたしもちゃんといるかなぁ」
不思議とあたしは涙とかはでなかった。病室にはあたしとシンジと二人っきり。

なんの機械もなくなって静かな病室の中でアスカはひとり呟いていた。そして暫くし
て病室から出るとき........

「シンジ、ありがとう。アンタには助けられてばっかし。正直悔しい。けれど嬉しかった。
だから、これはその御礼よ」シンジにキスをするアスカ。何の息吹も感じられない。暖
かみも感じられない唇。

「じゃね、さよなら。シンジ.....」静かに病室のドアが閉まる。出た途端、こみ上げてくる
強烈な想い。止めどもなく涙が流れる。「なぜ だろ。さっきは涙でなかったのに....」

病室の消毒薬の匂いの立ちこめる通路に蹲っていつまでも涙を流すその姿をミサト
は遠くから見つめていた。

289 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 23:31 ID:???
削るだけなら聴覚でもいいじゃん?ってことさ

290 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 23:33 ID:???
>>288
タッチを思い出す漏れはオサーン?

291 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 23:36 ID:???
>>290
タッチの監督って兄貴に恋人寝取られて、、、スマソ自粛する

292 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/01 23:40 ID:???
かまわん聞きたいw

293 :291:03/07/01 23:41 ID:???
監督って柏葉か。てっきり現実のアニメの監督かと思ったよw

294 :294:03/07/01 23:42 ID:???
間違えた293=294

295 :264:03/07/02 00:31 ID:???
>>285
ゴメン。対してチェックしないで書いたから・・・
>>287
確かにこれで感想を求めたのは酷だったかな?リツコの台詞は>>289が言ったように
削るならどこ削ってもいいんだけどあえて目を削ったみたいな。

テストが終わったら続きは書いてみようかと思うんだけどダメかな(途中で挫折しそうだけど)

296 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 00:35 ID:???
今思い出したがnakaya氏のRealはシンジぼろぼろだったな

297 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 01:20 ID:???
>>295
ちゃんとしたトコいってかけや

298 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 02:45 ID:???
>>290
タッチは毎年夏休みに再放送してるよ。

299 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 05:41 ID:???
シンジが使徒との戦闘で、中枢神経系だけ残して体を全て失ってしまう話キボンヌ。
溶液の中に浮いた大脳、小脳、脳幹、延髄、脊髄だけの存在となったシンジ。

300 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 05:41 ID:???
w♪(・∀・)ニヤニヤ

301 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 05:58 ID:???
>299
エトラムル?

302 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 14:56 ID:???
逆行モノ。

サードインパクト後の世界。
「過去に戻るの?」
「うん。僕は行くよ綾波」
「使徒としての力を持って戻ることも出来のに・・・」
「いいんだ。僕は人間としてやり直したいんだ」
「でも・・・」
「僕は過去を知っているんだ。これは大きな、大きすぎる力だよ」
「そうね」
「それに、僕はもう逃げも迷いもしない・・・大丈夫」

逆行後
駅前に立つシンジの目の前で繰り広げているのは、
国連軍を一方的にボコリ続ける、身長50メートルの渚カヲル君。
「逃げちゃ駄目だ・・・逃げちゃ駄目だ・・・逃げちゃ駄目だ・・・」
シンジは、おもむろにズボンの後ろポケットから缶コーヒーを取り出し、
震える手でコーヒーを飲み始める。

303 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 14:59 ID:???
>>302
シンジめっちゃ後悔してるーーーッ!!

304 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 16:07 ID:???
わろたw
BOSSのCMだっけ?

305 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 16:32 ID:???
>305
ワロタw*゚∇゚)っq■~~ コレヤル

306 :305:03/07/02 16:33 ID:???
マチガエタ >302

307 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 17:04 ID:???
>>304
BOSSのCMの男も「シンちゃん」と言うのが、このネタのキモ。

308 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 19:22 ID:???
コーヒーを飲むシンジを目指して突っ込んでくる自動車。
「ミサトさん?」
巻き上げた砂埃の向こうから現れたのは、青のルノーではなく黒塗りのベンツ。
「久しぶりだな・・・シンジ」
「って、父さんっ!?!?!」
もう一本缶コーヒーを取り出して、ゴキュゴキュと喉を鳴らしながら流し込むシンジ。

309 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 19:30 ID:???
>>308
これから一体何本の缶コーヒーを開けるんだろう…w

310 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 20:57 ID:???
>>309
リツコさんといいお友達になれそうだ

311 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 21:16 ID:???
>310
リツコは缶コーヒーなど邪道とか主張しそうだが(w

312 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 21:54 ID:???
リツコ「飲むならブラックにしなさい!」

313 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 22:05 ID:???
缶コーヒーの飲み過ぎで太るシンジ
さらに脂ぎって禿げ始めるシンジ
さらに糖尿が出てすぐに息が切れるシンジ
肉体年齢40代を宣告されるシンジ

シンジの肉体改造に手を染めるリツコ(w

314 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 23:47 ID:???
>312  

ゴキュゴキュ、「…うん、王道だ」

これまたコーヒーCMネタね(w

315 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 23:54 ID:???
逆行する度に色んなネタで弄られすぎて、うかつに逆行できなくなったシンジ。

316 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 23:57 ID:???
逆行する度に色んなネタで弄られすぎて、かえって快感を覚えたシンジ。

317 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/02 23:58 ID:???
俺のとっときが(吐血

318 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 02:37 ID:???
不治の病に冒されて余命幾ばくもないのはシンジではなくゲンドウ。
最初のケージへはベッドに横になったまま運ばれてくる。

「出げ……ゴホッゲホッ!」
「と、父さん!?」
 吐血する父を見て青ざめるシンジ。

319 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 03:03 ID:???
むしろシンジも病弱。

「出げ……ゴホッゲホッ!」
「と、父さ……ゴホッゲホッ!」

そして青ざめる二人。
「………」
「………」

320 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 04:16 ID:???
そして、使徒撃退に失敗したネルフに青ざめるゼーレのメンバー達。

321 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 04:52 ID:???
どういうわけか使徒に勝ち続ける病弱組織ネルフ。
何故か? それは…使徒も病弱だったからだ!

「歌はい……ゴホッゴホッゲフォッ!(吐血)」

322 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 05:38 ID:???
>>321
それは病弱ではない。耽美というものだ。

323 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 09:15 ID:???
逆行してきたシンジ。

しかし、そこはサードインパクト10秒前の時間だった。
「うわぁぁぁぁぁっ!どないせい言うんじゃぁぁぁぁぁぁっ!!」
と思わずトウジのような似非関西弁で絶叫するシンジ。

しかも、それを延々と繰り返す・・・まさに地獄!

324 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 09:22 ID:???
お前アウターゾーン読んだろw

325 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 09:26 ID:???
逆行してきたシンジ。

しかも今回は、使徒の力も手に入れてフル装備。
無人島で一ヶ月は暮らせそうな程に、無駄に準備万端なキャンプ用のリュック状態のシンジ。
ゲンドウに対しても、病院送りにして補完計画どころじゃないようしてやる覚悟で逆行。

しかし、そこはテレビ版最終回の学園編の世界だった。
優しい母親。不器用だが愛情深い父親との幸せそうな家庭。
「うわぁぁぁぁぁぁっ!何となくOKっ!!!!」
涙ながらに絶叫するシンジ。

おめでとう・・・おめでとう・・・おめでとう・・・

326 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 09:30 ID:???
逆行してきたシンジ。

しかし、そこは初号機エントリープラグの中。次の瞬間ラミエルの加粒子
砲炸裂。
「うわぁぁぁぁっ!綾波〜タイミング悪すぎ〜 しぬぅぅぅぅぅう」心の準備も
ないまま、心停止するシンジ

手には、開けられることのなかった缶コーヒーが握りしめられていた

327 :シリアス調:03/07/03 09:35 ID:???
逆行してきたシンジ

しかし、そこはマグマの中だった。おもわず手を放してしまう初号機。弐号機が
沈んでゆく。自分も手を放し弐号機を掴む。

「ふっ アスカ。ごめん。でも、死ぬときは一緒だよ。好きだった君の事が」
「シンジ〜 あたしも好き...... いっしょに....... ありがとう」

気がつくとそこはもとの赤い海。一緒に眼をさます二人。「アスカ....」「シンジ....」
抱きしめ逢う二人

Fin

328 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 09:44 ID:???
お題は「いきなり最終回」でつか?

329 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 09:51 ID:???
>>328
別にいつもいつも逆行先が第三使徒戦時の小田原でなくともいいってことでしょ。


330 :328:03/07/03 09:57 ID:???
>329
や、別に皮肉でも何でもないんだ。
単にいきなりオチの羅列というだけでなく、あと一捻り欲しいかなと。

331 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 12:22 ID:???
逆行してきたシンジ

あの赤い海でなぜかみんなが幸せになどと傲慢な優しさをゲッツしたシンジキュンは
決意を新たに逆行した。

しかしそこはゴミの山だった。
「いやだなぁ〜ミサトさん。こんなに汚しっちゃって」
彼は掃除をし始める。・・・永遠に
そう、ここは夢の島

Fin

「ペンペンどこだ〜い?」


332 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 13:05 ID:???
>>330
323&325は、>>315の逆行する度に弄られすぎシンジに対するネタふり。

333 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 13:20 ID:???
懲りずに逆行モノ。

サードインパクト後の世界。
「過去に戻るの?」
「あ、いや・・・何か最近、このまま綾波と一緒でも良いかなぁって・・・」
「戻るのね?」
「えっ、ああ・・・」
「戻るのね!」
「は、はい!」
「今度はどんな準備をしていくの?」
「準備ねぇ・・・準備したならしたで、しないならしないで苦労するのが・・・綾波に任せるよ」
「そう・・・お任せなのね・・・・・・・・・(ニヤリ)」

・・・って、逆行しねぇよ。

334 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 13:30 ID:???
何度目かのサードインパクトのあとの赤い海の前

「ねぇ、綾波。いっつもさ、死にそうなタイミングに戻るんだけど、僕のこと苛めて
いるの?」

「.......碇君、いつも弐号機パイロットのことばかり見て居るんですのも。それに、
いっつもこの世界。」

「じゃぁ、今度は綾波のことちゃんと見るよ。約束する。」

「そう。私と幸せな世界を築くのね。約束なのね。幸せな結婚生活、楽しみだわ」

「え!?何をいっているのあやな.........!?綾波〜〜〜〜〜〜〜」

強制的に話の途中で、僕はまた戻された。気がついたら、綾波の上にいた。手に
柔らかい感触が。

335 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 13:37 ID:???
おまいら…今後書かれる全てのエヴァ小説を「そのネタがいしゅつ」に
する気だな…?

336 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 13:54 ID:???
これぞ逆行補完計画!!

337 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 13:56 ID:???
つーか、このスレに出たネタは勝手に使ってもいいというか、むしろ使ってくださいというネタなわけで、スレタイ的に。

338 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 14:00 ID:???
逆行してきたシンジ  のはずだった

「あれ、なんで僕、女物の服なんか来て居るんだ? って、髪が長い!」

「あ、ミサトさん。どうして、僕がここに.......」そこは、太平洋艦隊の船の上。
「!?あら、アスカ。いくらなんでも、男言葉はないんじゃないの?」

「えっ(汗」そういえば、頭になんかかぶっている。はずしてみると赤いヘッドセット。
「うそだろ〜〜。何でアスカになっちゃうんだよ〜」

続く

339 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 14:08 ID:???
逆行してきたシンジ 気がつくとLCLの中にいた

「ここは、どこだ。なんか、眼が痛い....」体を振り向かせると
「わぁ、なんで僕がここに!?なんだこれ。僕がいっぱいいる?」

「調子はどう、シンジ。終わったら食事にしましょ(ニヤリ」
「(え、母さん?司令服なんかきて、それになんだよそのニヤリってのは)」

数日後、サードチルドレン綾波レイに出会うことになる.....

340 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 14:39 ID:7YVePIIj
>>339
それは読んでみたいかもしれん…

341 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 16:00 ID:D5lmVJwV
ミサトにぞっこんなアスカ(百合じゃない、あまえんぼうさん)

オーバーザレインボウで会ったときには既にメロメロであった。
当惑するミサト

四六時中、ミサトの身体に擦るように身体を密着
隙をみてはキスをかます。
お風呂も一緒。
寝るときも一緒。
気がつくとミサトのタンクトップをめくって、乳首をチュパチュパやってます。

ミサトも回りも諦めたのか、なすがまま状態に。
最近はトイレまで一緒しようとしてミサトを戦慄させている。
ブリーフィングでも他の二人はミサトの前に並んでいるけど、アスカは腰にしがみ付いて聞いている。

シンジに対しては好悪以前に眼中に無い。思考の外。


342 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 16:06 ID:Y7dIP9rU
☆貴方のハートをキャッチします☆
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html

343 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 16:08 ID:???
逆行してきたシンジ

こんどは普通の世界だとおもっていた。しかし、太平洋艦隊で出会ったのは
渚カヲル。弐号機パイロットとして。

そして、カヲルと同居、次々に使徒を倒してゆくが、運命は皮肉を心得ていた。
最後のシ者は、アスカだった。他の人間はアスカのことを知らないが、シンジは、
逆行前のアスカを知っている。

目の前のアスカは銀髪、赤目、白肌。でも容姿も性格も声もアスカそのもの。
愛しい人が最期の使徒。

シンジは殺すことが出来ず、アスカをさらって、駆け落ちをする。

344 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 16:25 ID:D5lmVJwV
>343
それイイ!!
すごくイイ!

345 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 16:53 ID:???
でだしのアイディアばかりだけど、ラストはどうなってほしいのか。
とかいうリクエストがあってもいいかなぁ、とふと思った。
思ったんだけど、いまいち自分の要望が思い浮かばない罠。
俺はどんな結末が読みたいんだっ!

346 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 16:58 ID:???
>>345
無理やりハッピーエンドにするくらいならゲンちゃんと駆け落ちしたほうがマシ

347 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:22 ID:???
>>343 (・∀・)イイ! 駆け落ちはどうにかしてほしいが…(・∀・)ヨロシイ!

348 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:26 ID:???
>>344>>347
俺だったらこのシーンをこう改造してみせる!! に似たようなんあったよ

349 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:38 ID:???
>>348 見つけてきた。これだな?…誰かSS化してくれねーかなァ。マジで

202 名前:名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:03/06/28 15:58 ID:???
カヲルの代わりに、ゼーレの仕業でアスカが17使徒という設定にする。

もちろんアスカは8話から登場、24話までに使徒っぽさを少し匂わせておく。

アスカ自身も、自分が使徒だというのには気づいていなくて、
24話で、使徒の衝動によって弐号機とともにセントラルドグマに向かう、
そこで初めて自分が使徒だと気づく。

「アスカ、こんなことやめようよ!」
「私は死にたくないのよ!!」とか言って、初号機と戦闘。

その後いろいろあって、結局は人類のために、「私を殺して。」とシンジ君に頼む。

シンジ君がさんざん悩んで、「アスカを殺すなんて出来るわけないよ!一緒に家に帰ろうよ!」
などと、のたまった後、

アスカが「殺しなさいよ!いくじなし!!」と怒鳴った後、
優しく微笑んで。「バイバイ、ばかシンジ。」

そしてシンジは、アスカを殺して精神崩壊。

っていうようなお話にする。

悲しい話好きなLAS人だったら喜びそうだ。


350 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:38 ID:???
>>349の続き

204 名前:名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:03/06/28 16:16 ID:???
>>202
シンジ「生き残るのはアスカのほうだったんだ。アスカが生き残るべきだったんだ」
ミサト「生き残るのは生きる意志をもったものだけよ。あなたは悪くない。」

シンジ「僕は、ウッ..... グスッ アスカのこと好きだったんだ。初恋だったんだ.... なのに
なのに... こんなのないよ。あすか.....  ごめんよぅ.... 」

ミサトには何も声を掛けてやれなかった。大人だと思っていた自分が、所詮口
だけの子供なんだと痛感していた。



351 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:47 ID:???
>>350
いきなりアスカ殺すとこからならまだいいとしても最初から書くのはキツイだろうな。

352 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:56 ID:???
アスカを殺して壊れるシンジを書く為だけに24話分やりなおす
熱意が必要になる訳で・・・体験みたいな事になるぞw

353 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 17:57 ID:???
アスカが来日するトコから書けば・・・同じことか

354 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 18:22 ID:???
>>353
アスカがそこで出てきてカヲルのポジションも取ってしまうんならどこにカヲルを出すんだ?
まさか・・・トウジの変わりにバルディエルと一緒にあぼ〜ん!?

激しくスレ違いなんだか、ここの人なら・・・
SS投稿掲示板。使うならどこのが一番いいかな?

355 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 18:28 ID:???
>343
握りつぶしてこそシンジなんだが。

356 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 19:02 ID:???
>354
そういう心配すんのはたぶん君だけ
香ばしくズレてるね(w

357 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 19:09 ID:???
>>354
http://eva-2ch.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/ss/santhology.cgi

358 :354:03/07/03 19:17 ID:???
>>357
でもここどこなんだw

359 :354:03/07/03 19:20 ID:???
お礼言うの忘れてた・・・>>357サンクス

360 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 19:31 ID:???
>>358
エヴァ板@2ch支援サイトだ。

361 :354:03/07/03 19:38 ID:???
>>360
ほんとだ・・・こんなトコにこんなものがあったなんて。
しかし人少ないねw

362 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 20:22 ID:???
(アラエル戦にて)
精神攻撃されているアスカを、ゲンドウの命令を無視して助けに行こうとするシンジ。
しかし、アンビリカルブリッジを破壊し、リニアレールにたどり着いた所でゲンドウがLCL圧縮濃度を上げさせる。
意識朦朧としながら、それでもアスカを助けに行こうとするシンジ。
命令を聞かないシンジにゲンドウは怒り、マヤにさらなる圧縮濃度上昇を命ずる。
「これ以上は生命維持に支障が出ます! 止めて下さい!」
懇願するマヤとリツコの言葉に耳を貸さず、あくまでも命令するゲンドウ。
結局命令は実行され、シンジは昏睡状態に陥る。

零号機に助けられた後、一連の事情を知ったアスカはシンジに逢おうとするが、
シンジはその時既に植物状態から治る見込みが無いと判断されていた。
初号機使用不能による戦力低下を補うため、「起動確率の高いダミープラグ」として使われることになり、
昏睡状態のまま初号機に乗せられてしまうシンジ。

アスカは結局家に帰り、
夜、一人自室でユニゾンの時に聞いたテープをシンジのS-DATで聞く。
失った物の大きさを想い、静かに涙を流しつづけるアスカ。

みたいなFFをハッピーエンドに・・・・無理だな。

363 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 20:28 ID:???
>>362
そーゆうのってハッピーエンドにするとつまんなくなんない?
まぁあくまで個人的な意見なんだけどね

364 :362:03/07/03 20:32 ID:???
>>363
まあ、そうなんだけどさ。
でも俺、LAS人だからさ・・・・ハッピーになって欲しいんだよ。
でも、じゃあなんでこんな話考えたんだろうな、俺('A`)

365 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 20:34 ID:???
今エヴァ板には負の雰囲気が漂っているからだなw

366 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 20:40 ID:???
ダミーで起動していると説明されていても、
使徒との戦いでなにかと弐号機を守ろうとして見える初号機。
「シンジよ! シンジが乗ってるんでしょ! アタシには分かるのよ……!」
戦いの終了とともに停止した初号機からプラグを抜き、
なんとかこじ開けようとするアスカ。
発令所からの通信ではやめろとゲンドウやリツコの命令が繰り返し。
それでも必死になってこじ開けると――

1)機械に繋がれ、物言わぬ姿となったシンジが。
2)感動的に意識を取り戻したシンジが「なに泣いてるのさ……」と。
3)その前に黒服が羽交い絞めにしてプラグから引き離す。


367 :362:03/07/03 20:43 ID:???
>>366
ありがとう。まさに俺が想定していた通りの展開だ。

ちなみに(3)だろうな。されるがままに放置する訳も無いし。
でも、ハッチをこじ開ける時にアスカが手を火傷したりして、
ミサトがその怪我の手当てをしながらアスカを慰めたりすると最高だ。

368 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 21:02 ID:???
>>367
いやここは1だろ
「そ、そんな」とかいってアスカ崩壊→戦自が攻め込んできてあすか復活
→なぜか復活したシンジの登場によりEVAシリーズ撃退→ハッピーエンド。
又はシンジはその戦闘の後、行方をくらましてもおもろいかも

369 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 21:09 ID:???
それが碇シンジの声を聞いた最後だった。
シンジ「また来世〜」

370 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 21:11 ID:???
>>368

最後の力を振り絞ったとかでアスカを救って力尽きるEND。
その後姿を消すのはアスカでw

371 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 21:36 ID:???
ZガンダムとエヴァのクロスオーバーFFって、なんかあるよね。
「人のこころ」という観点でかなり近いテーマ持っていながら、扱い方
が全然違うんで面白い。

372 :プロトタイプSS:03/07/03 21:37 ID:???
>>368のプロットに従って書いてみた
あたしを救おうとしてくれた。ずっと守ってくれた。なのに、なのに、アタシがみたもの
はシンジがコードでがんじがらめになっている姿だった。あの時までは確かにシンジ
はシンジだった。今のシンジは生きている機械。こんな状態になってまでもアタシを
助けてくれた。 アスカの心はこの時砕け散った。
時は流れ、アスカは眼をさます。「ここは、どこ?」くらいエントリープラグの中、突如
衝撃が襲う。弐号機の周りで何かが炸裂している。膝を抱え絶え続けるアスカ。
「.......死ぬのは嫌。シンジが助けてくれたのに......嫌、嫌、、、、、、、」この声に反応
した弐号機はキョウコの覚醒と共に起動。

迫り来る戦略自衛隊は終始敵し得なかったが、ついで投入されたエヴァ量産機
の前に苦戦する。9体、しかも使徒と変わらないS2機関搭載型。倒したはずの
量産機は破損を修復、再起動する。
その時、アスカの後方から、一本の槍が投げられた。ATフィールドで防御するも
のの貫かれ、正に弐号機が縫い止められようとしたその時。その槍は突如起動
し、追撃に回った初号機により捕まれる。

「シンジ.... 生きているの?なんか言ってよ。答えてよ....ねぇ、シンジ」弐号機は全て
の電源を使い果たし、通信維持の為の予備電源に切り替わる。目の前では弐号
機を死守すべく、満身創痍の状態で串刺しにされながらも戦う初号機。
アスカからの通信は届いているはずであるが、なんら応答もない。ついにコアを貫かれ
地面へ倒れる初号機。一斉に襲いかかる量産機、その時モニタに反応があった。機
械でがんじがらめのシンジが声にならない声で「(さ・よ・な・ら・アスカ....)」......

すべての量産機に蹂躙されている状態で量産機と共に光と爆風で初号機は消えた。
コアを貫かれた初号機の最後の手であった。唇を噛みしめ、涙を流してそのモニタが、
サンドストームになるまで見続けていたアスカ。

ネルフから救援隊が駆けつけてきた時、すでにエントリープラグは排出され、そこには、
誰もいなかった。赤いヘッドセットのみを残して....

373 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 21:41 ID:D5lmVJwV
矢吹ジョー(2バージョンの方)のようなシンジ

「へ・・へへへ」
とかいう風に、いつもヘラヘラとニヒルっぽく笑ってたりする。

374 :368:03/07/03 21:42 ID:???
>>372
ナイス!!でもアスカが最後いなくなる必要はなかったかも
悲しみを語り継ぐ役がいなくなってしまう

375 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 22:14 ID:???
しかし残ってても髭に謀殺されるだけのような
でなきゃ残りの一生を日の当たらぬ部屋でくるくるされ続けて終えちゃうとか

376 :362:03/07/04 00:24 ID:???
>>372
サンクス神様。
やや誤字が多いが、素晴らしい出来だと思います。
アスカが何も言わずにシンジの自爆を見守る所なんか、なかなかいいと思う。

>>375
くるくるって何だ! それは林間のことか! 林間のことかーっ!!(つД`)

377 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 01:38 ID:???
使えなくなったアスカがくるくるされて廃人になるのは定番設定だよね。

378 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 01:51 ID:???
>373,377

俳人?
どうせなら、焦点の合わない瞳でフラフラと拳を構えるシンジきぼん。

  「ヘイあすか、ふぁいと、ふぁいとネ」

379 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 01:58 ID:???
>>378
えーと、つまり使えなくなったシンジがくるくるされて「ヘイあすか、ふぁ(ry」な廃人化?

380 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:04 ID:???
>339
がおもしろそうだ。

零号機の起動試験を無理矢理やらされて大怪我するシンジ。
「や、やっぱり歴史は繰り返すのか……(ガクッ)」

サードチルドレン綾波レイとユイ司令の対面
「乗るなら早くしなさい。さもなければ帰りなさい」
「そうするわ」
 躊躇することなく歩み去るレイ。
「冬月先生。予備が使えなくなりました。シンジを起こしてください」
 ベッドに乗せられたシンジとレイがすれ違うが、
 彼女はチラリと一瞥をくれただけ。
「あ、あやな……まって……」
 シンジの必死な言葉も届かなかった。

381 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:04 ID:???
シンジ「ファイトファイト、楽しいネー」
アスカ「シンジ・碇、彼は一体どういうつもりなんだ。
    死んだりする事が恐ろしくないのか。彼には悲しむ人間が一人もいないのか。
    私は、私は違う。私には愛する友人と保護者がいるのだ」

あかん、ネタのつもりで書いたのに、ハマり過ぎてて(つД`)

382 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:08 ID:???
>>380 それをLRSにしてくれればなお良い。

383 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:11 ID:???
>>382
ジンジャーエールなレイにそんな事を期待しても無駄。

384 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:14 ID:???
あしたのジョーネタでつづけるとしませう。

双子使徒のスピードに対抗するため、減量とスパーリングを続ける
シンジとアスカ。

「この蛇口は一滴たりとも漏らさないジェリコの井戸!(泣」
「意味わなんないよっ!」

「み…みず」
「……はい」 
 シンジの目の前にアルサミエルをぶら下げるレイ
「そ〜いうギャグ、似合わないよ……」
「そう? よくわからない」

ああっ、いつのまにか究極超人ネタではないですか。

385 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:25 ID:???
>383
すいません。
ジンジャーエールなレイってどういうレイなんでしょうか?

386 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:27 ID:???
>>385
俺は383じゃないんだが。
ジンジャーエールの瓶(缶)になんて書いてあるか調べてみ?

387 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:41 ID:???
>383
いや、むしろそんなレイだからこそ期待したい。

388 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 02:47 ID:???
ローカルでは通用するか知らんが(w

389 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 08:12 ID:???
>>381
シンジがカーロスでアスカがホセかよ!

390 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 11:27 ID:???
またまた逆境モノ・・・もとい、逆行モノ。

サードインパクト後の世界。
「過去に戻るのね?」
「うん・・・でも、本当に今度は皆が笑って暮らせるような未来を作れるかな」
「大丈夫よ碇君なら・・・私もずっと見守っているわ」
「・・・ありがとう。綾波」

逆行後。
シンジは四六時中まとわり突くような視線を感じ続けて、精神的に追い込まれていた。
「だ、誰だ?一体誰なんだ!!」
「・・・・・・・・」
シンジの問いかけに答えるものは無く、静寂だけが辺りを満たす。
「と、父さんだな!父さんが監視カメラでも仕掛けてるんだろ?そうなんだろ!」
「・・・・・・・・」
シンジは気づかなかった、物陰からひっそりとシンジを伺う小さな影に。
「・・・・・・・・(にやり)」
小さな影は、そのくちばしを歪めて、妙に人間臭い笑みを浮かべるのであった。
「・・・・・・・・(ずっと見守ってるわ碇君)」

・・・こわっ!

391 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 17:20 ID:???
戦自のネルフ襲撃の終盤、量産型エヴァンゲリオン来襲。
ジオフロントの各所をバラバラに守っていたシンジの初号機、トウジの参号機、ケンスケの四号機が各個撃破され
本部周辺の護衛にあたっていたレイの零号機が倒れ、それを自分の担当区域を片付けてきたアスカの弐号機が庇う。
弐号機に容赦無く突き刺さるロンギヌスの槍。激痛に悶え、それでもレイを庇い続けるアスカ。
「弐号機パイロット、本部のスタッフは避難したわ。私はもういいの、逃げて」
「アタシは……天才なのよ……このバカ共を始末して……アンタと三バカを回収するの……
 それに……大丈夫……もう……すぐ……来る……」
壊れた玩具のように積み上げられ、黒い煙を噴き上げる戦自の兵器の残骸。
横たわる紫、黒、白の巨人の内、紫だけが起き上がり、パイロット確保の為にやって来たミサトが叫ぶ。
「シンちゃん! どこ行くの!?」
「待ってろ……今、行く……」
「そんな状態でどこ行こうってのよ! 治療を受けなきゃ駄目よ!」
無意味とは知りつつ、生身でエヴァの前に立ち塞がるミサト。追い越して行けば良いものの、シンジは落ちついた口調で告げた。
「ピンチ……なんだよ、アスカが……」
紛れもない事実を言われ、口篭もるミサト。
「今、僕を助けに来ねーって事は……僕を……待ってるんだ……」
ブラブラと風に揺れていた初号機の左腕が地に落ちる。
「ここで……行かない奴は……シンジじゃ……ないよ」
ミサトの開けた道を、ゆっくりと歩いていく初号機。

392 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 17:21 ID:???
本部周辺、九本目のロンギヌスの槍が弐号機の顔面を貫き、凄まじい痛覚がフィードバックしたアスカが吐血する。
「弐号機パイロット! 私はいいの、逃げて!」
「まぁ……待ちなさいよ……」
何かが砕ける音がした。
首の吹き飛んだ量産機の一体が、噴水のように血を撒き散らして倒れる。
暴走状態にあるように見える初号機は、右腕に引き抜いた首を抱えながら、静かに他の量産機と対峙した。
「来たじゃ……ないの」
糸の切れた操り人形のように崩れ落ちる弐号機。それを見たレイは今までにない大きな声を発する。
「弐ご……ア、アスカァッ!」
「ウオオオオオオオオアアアアアアアアアアア――――――――!!!!」
初号機の背中に展開する、光で構成された天使の羽根。
それを背負ったまま、初号機は九体の量産型エヴァに突撃して行った。



「今日俺」風エヴァってこんなんかな…

393 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/04 17:38 ID:???
うまいな

394 :*************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無しが氏んでも代わりはいるもの :03/07/08 20:34 ID:vul3xow+
>>392
いとーちゃんだ

空から襲来する9機のエヴァ量産機。
レイ、シンジ、アスカ、トウジ、ケンスケはそれぞれ各個撃破の戦法を取った。
相手を仕切れなかった5機の量産期は弐号機に群がり弐号機に襲い掛かる。
量産期の持ったロンギヌスの槍を交わしきれず肩に受けるアスカ。
その余りの痛みに動きが止まった所にまた槍が飛んでくる。

「ぐっ」

三馬馬鹿「「「アスカ〜(惣流〜)」」」

「クソ〜よくもアスカを!!このクソ離せ!!」
「ド畜生エヴァの癖して惣流をようやってくれたな!!どけっ!」
「惣流〜!!おんのれ〜〜〜!!離しやがれ〜!」

シンジは怒った。
トウジは怒った。




ケンスケは叫んだ

「待ってくれ〜」

ケンスケは量産期を振り切れず捕まってしまいました。

395 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/08 20:36 ID:aAlfZ0dh
http://esenden.com/rank/network/ranklink.cgi?id=mercury

396 :だがね帝国:03/07/08 20:53 ID:???
               ,、:'":::::::::::::::::``:...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            !::::::::::::::::::::::;‐、:::::::::_::::::_::::';
         |::::::::::::::::::::::|  :: ̄      ``!
         r''ヾ'::::::::::/  ::          |
         l r‐、\::/  _,,、ii_;;_、    _,,,l、
         ヽヾ〈    ::= -r:;;j_;、`/ :;'ィ;7
          !:!_,、    :: ` ー  : |: `´/
         ,./ヽ |  、_  ::  ,: 'r' :i |:  /
       ,../ `ヽ;_  i | '"、_:::__`:'‐'. /
        / ``'ー 、_\  ! `::` ̄''`チ`シ
    /ー 、_    `\:、_ :: ` ̄/   
   /     ``ヽ、   ヽ`'7‐--'゛    >>395 ( ´,_ゝ`)プッ
  /          `ヽ、 `/



397 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/10 02:22 ID:???
ところで、前スレのログ、だれかコピペする? >407まであったはずだが。

398 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/10 16:51 ID:???
俺がもってるかちゅ〜しゃのログは>>468まであるよ。

399 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/11 21:56 ID:???
エヴァパイロットであることが発覚し、人気者になったのをいいことに
学校の女の子たちを抱きまくるシンジ。

400 :クスクスクスクス♪ :03/07/12 04:13 ID:???
クスクスクスクス♪

401 :山崎 渉:03/07/12 08:02 ID:???
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

402 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/12 08:28 ID:???
第三新東京市に現れた使徒は、実は心優しい巨人だった・・・

403 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/12 16:25 ID:???
人類補完という悪魔の計画を実行せんとするゼーレ。
その手先となって、人の魂を取り込んで動くオカルト兵器エヴァンゲリオンを駆るネルフ。

エヴァに取り込まれた母親を救うために、第三新東京市に来た少年。
碇シンジは、使徒と呼ばれる心優しい巨人に出合う・・・

404 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/12 16:35 ID:???
使徒使いシンジ

2015年 セカンドインパクトによる多大なる被害から立ち直った人類の前に
使徒と呼ばれる巨大な生命体が襲来した。

特務機関ネルフのもと、人造人間エヴァンゲリオンが製造されこれに立ち向かう
ことが期待されていた。そこへ、サードチルドレンとして招集された少年がいた。

彼の名は碇シンジ。ネルフ総司令である碇ゲンドウの長男。碇シンジには特殊
な才能があった。かわいい猫から猛獣まで扱うことのできる「猛獣使い」の能力。
しかし、使徒は扱うことができなかった。ただ一つを除いて

彼はエヴァへの搭乗を拒否、生身のままサキエルへ向かう。そして、サキエルを
得意の能力で自らの配下に置くことに成功。以後シンジはサキエルと共に残り
の使徒達を二人!?でネルフとは別行動で排除に向かう。

戦いのパートナーサキエル。そしてサキエルと心を通わせ合う少年シンジ。彼らは
ネルフとどう付き合い、そしてどう使徒達に立ち向かうのか。

近日公開 乞うご期待

405 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/12 18:25 ID:???
シンジが最初から最後まで徹底的に人間不信
周りの人たちはそれを癒そうとするんだけど、すれ違っていく とか
こんな感じのやつないかな?

406 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/12 23:31 ID:???
「15年ぶりだな」
「ああ、使徒………………………………………と、シンジだ」
「(°Д°)ハァ?」

凛然と第三新東京市に降り立った第三使徒サキエル。
その肩には、シンジ。碇シンジ君がちょっと困った表情を浮かべ正座している。

「父さぁ〜ん」
「シンジ、何をしている」
「よくわかんない」
「そうか」

「「どうしよう?冬月先生?」」

「また恥をかかせおって…」

407 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/12 23:55 ID:???
「シンジ、お前が今正座しているソイツは使徒という。
 ソイツを倒さなければ人類は滅びる…………と冬月とかが言っていた」
「アバウトだね、父さん」
「まあ、冬月だからな。気にするな」
 でだ、我々ネルフは…ああ、ネルフというのは使徒殲滅機関で、
 司令官は私だ。因みに冬月は雑用だ」
「偉いんだね、父さん」
「まあ、冬月に比べればな。
 ああ、閑話休題。我々ネルフは使徒殲滅のために決戦兵器を用意した。
 名をエヴァンゲリオンという。由来は冬月にでも聞け」
「もしかして僕が今座ってるのが?」
「お馬鹿。だからそれは使徒だ。
 お前が乗るべきものはエヴァンゲリオンであり、使徒ではない」
「じゃあ何で僕は使徒に座ってるの?」
「知らん。とりあえずソイツから降りてエヴァに乗れ」
「どうやって降りるの?」
「そうだな…」

「「どうしよう?冬月先生?」」

「恥だらけだな…」

408 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/13 00:39 ID:???
「ユイ君、君の最愛の息子は使徒に乗ってやってきたよ…。
 使徒に乗った少年…○ちるー!み○るー!」

とまあ、親子の会話の中にさり気なく鏤められた「第一印象は嫌な男」の嫌味も
右から左へスルーしてしまうほど恥かきっぷりで、
とうとう弱錯乱傾向に陥ってしまった冬月先生(最近胃腸虚弱)。
そんな冬月先生のスルーパスを受け取ったのが泣き黒子がとってもキュート、
ママンは3人のスーパーコンピューターこと赤木博士。

「あきれた。(副司令、)また血迷ったのね。
 何やってたの、碇司令。人手もなければ時間もないのよ」
「ごみんっ!」
「…気持ち悪いから葛城一尉の真似はやめてください。
 で、サードチルドレンは?」
「あそこだ」

碇司令、何故主モニターを指差すのです?
あれはどう見ても使徒じゃないですか。
……サードチルドレンは、第三使徒?
…何を言うのよ(ポ)。バカね私。親子揃って大馬鹿者だわ!…ハッ!
副司令の菌が移ったのかしら?あら?使徒の肩の上に何か……………?
ポクポクポク…………チーン。
そう…これがサードチルドレンの真意だったのね!

「現時刻を以てサードチルドレンを抹消。
 目標を逆行断罪スーパーシンジと識別するわ!」

409 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/13 01:30 ID:???
・・・ふぇっくしゅん

410 :406-408:03/07/13 01:56 ID:???
スマソ
ここはこうやって書いていくスレじゃなかったね
プロットだけのつもりがついつい調子に乗ってしまいました
この辺で止めておきます

411 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/13 02:09 ID:???
スレッドを移って続けて欲しい。

412 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/13 03:14 ID:???
>>410
ノリは良いのだが、スレ違いイクナイです。
でも411氏同様にどっかでひっそりと公開して欲しいという気も・・・

413 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/13 16:09 ID:???
>406-408
漏れも連載キボン。どこか投稿サイトの掲示板とかでやってみては?

414 :山崎 渉:03/07/15 11:42 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

415 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/19 20:43 ID:???
 

416 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/22 21:50 ID:???
過去スレとか読んでみたんだけど、
「こんなシンジの話が読みたい」というのが多いのは当然として、
「こんなアスカの話が読みたい」というのもそれなりにあったと思う。
けど「こんなレイの話が読みたい」っていうのはあんまり無かったような気が……
やっぱりレイはデフォが一番という人が多いのだろうか。

153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)