2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

糞スレ

1 :くま:03/03/08 17:25 ID:AU3ijeyX
あまりに暇なのでエヴァ小説書きます。
こういうシチュが良いとかリクくだされ。
短編でちょこちょこっと書いてみますだよ。
無茶じゃなければなんでもいっすよ。

2 :漫画厨坊:03/03/08 17:27 ID:???
2げと

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:27 ID:???
レイがゲンドウの肉便器になる話きぼーん

4 :くま:03/03/08 17:28 ID:AU3ijeyX
>3
了解。

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:29 ID:???
>>4
エロでもいいのか?
と書こうとしたら>>1了解しちゃったよ!

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:33 ID:???
まんま糞スレなんて立てやがって氏ね!!>>1

ノスタルジックかつ退廃的なの頼む。
ミサトと加持の自堕落な生活みたいな。

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:35 ID:???
>>1
アスカとシンジの日常的な生活を起きてから寝るまでをヨロ
非エロで。

>>6
氏ね、とか言いつつ頼んでんじゃん。

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:35 ID:???
「ここでゴロゴロし始めてもう一週間だぞ」の前後を詳細にきびーん

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:36 ID:???
小説書かなかったら、確かに糞スレ決定だな。
もし書いたら…?

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:36 ID:???
>>1
シンジが2ちゃんねるに「エヴァよどっと来い(エヴァだけじゃない)」
なるスレを建てさんざん馬鹿にされ犯罪に走る話を書いてくれ。

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:37 ID:???
お気に入りに追加、と。

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:38 ID:JQppS1hS
えろぱろにいけや

13 :くま:03/03/08 17:40 ID:AU3ijeyX
「わたしはあなたの人形じゃないっ!」

嗚咽混じりに訴えるレイを見下ろすゲンドウの視線は冷ややかなものだった。
あるいはその瞳の奥に、黒煙を巻き上げる昏い情欲が静かに燃えていたのかも知れない。
怒りからではなく、主人に逆らうペットを躾るためとでも言った様子で、白い手袋を
した右手をあげると、乾いた音を響かせた。一つ、二つ、三つ……。
熱を持ち、じんじんと痛む頬に手を添えて、レイは悔し涙を洩らした。
「人形など抱く趣味は無い。レイ、だが、お前は私の所有物だ。それを忘れるな」
言いながらゲンドウはレイのつつしまやかな乳房に手を置き、強く握った。
愛撫と呼ぶには余りに強く、レイは苦痛に身をよじる。
同じ荒々しさで胸の先を捻りあげる。
「いたっ! は、あっ、うううぅっ!!」

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:43 ID:???
何気に伸びてるなこのスレ。

>13
書くの早!

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:44 ID:???
つつしまやか→つつましやか

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:47 ID:AU3ijeyX
ゲンドウの愛撫は全て乱暴で、思いやりなど欠片もない。
蹂躙──、その言葉通りに思いのままに気まぐれに、レイの肢体を
掴み、撫で上げ、叩き、つねり、舌を這わせ、噛み、また叩く。
そんな扱いを受けているのに、喉の奥から洩れる声に苦痛以外の
ものが混じりつつあることが余りに悔しくて、レイは涙を流す。
荒々しく息を付き横たわるレイを、膝立ちで見下ろすゲンドウ。
その手がレイの下腹部に伸びる。
「…いっ、いやっ!」
ぬるり…。
指先がレイの陰部を滑る。
「なぜ濡れている」
「し、知らないっ……」
「なぜ濡れている、と言っている」
ゲンドウは答えぬレイを急かすように、指先をぐっと陰芯に押しあて
ごりごりと擦った。
「ひゃっ、ああっ、あああああっ!!!」

>15
んが。やっちまった……。


17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:49 ID:AU3ijeyX
>6
誰の話で?

>7
学園? 普通のエヴァ?

>8
すまん、短編じゃ無理そう。

>10
了解。

18 :7:03/03/08 17:52 ID:???
>>17
普通のエヴァで、
とにかくアスカ中心の描写&原作に忠実なので頼む。


19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:56 ID:CdZtzJ/m
アスカ中心でシンジでてくるLASキボンヌ

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 17:57 ID:???
>>19
禿同

21 :くま:03/03/08 18:00 ID:AU3ijeyX
はぁはぁと呼吸するばかりで何も答えないレイに痺れをきらしたのか、ゲンドウは
彼女の両膝に手を置き、割って入ると性器をレイの陰部にあてがった。
こればかりは乱暴にすることが出来なかった。いかに早く突き立てようとも、
レイの花弁は潤沢に濡れていたために挿入の抵抗感など無いに等しいからだ。
彼女をそういう体にしてしまったのは自分なのに、ゲンドウは激しく苛立った。
これまでとはうって変わって嬌声を上げるレイの姿に、絶望感さえ覚える。
ゲンドウはレイの髪を掴み上げ頬を叩き、逸らす視線を無理にこちらに向けさせ言った。
「お前はやはり人形だ。お前を造ったのが間違いだったのだ」
ぼろぼろとレイの瞳から涙がこぼれ落ちる。またあそこが締まった。
ゲンドウは唇の端を上げると、また彼女の頬をぶった。

終わり。

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:04 ID:???
即興短編という新しいジャンルか? ライブ感があるかもね

>>21
乙〜

23 :くま:03/03/08 18:12 ID:AU3ijeyX
「気持ち悪いわねぇ、何ニヤニヤしてんのよ?」
夕食時、いつもと違い妙にごきげんのシンジを不気味がりアスカが訊いた。
「いや、ちょっとね」
「アンタのことなんか何でもいいんだけどさぁ、こう顔を付き合わせてる
間くらい、その変なにやにや笑いやめたらどうなの?」
「え? 僕、そんなににやにやしてる?」
「……。もういい、なんか食欲なくなっちゃった」
表情や態度全体でシンジに『バッカじゃないの!』とアスカに訴えられている
のに、シンジはそれに気づかない。いつもならありえないことだ。
食後の片づけもそこそこに、シンジは部屋に戻るとパソコンの電源を入れた。
そわそわしながら起動を待つ。起動するやいなや、デスクトップに置いてある
ショートカットをダブルクリックする。
インターネットエクスプローラーが起動する。ショートカットはURLだった。
IEのタイトルは「エヴァよどっと来い(エヴァだけじゃない)」 。
シンジが朝、学校に向かう前に2ちゃんねるエヴァ板に立てたスレッドだった。

24 :くま:03/03/08 18:21 ID:AU3ijeyX
彼が何を意図してそのようなスレッドを立てたのか、それは誰にもわからない。
ただ、スレ主であるシンジだけは盛況を信じて疑わなかった。
スレを立ててから学校に出るまでリロードし続けたがレスは「2ゲット」のみだった。
「あれは朝だから仕方ない。でも、あれからもう半日経ってるしね」
だが現実は非情だ。シンジの目に飛び込んできたのは1であるシンジを罵倒する
コピペの嵐であった。
その中にあった「1の母です(以下略)」コピペがシンジのATフィールドをみじんに
粉砕した。追い打ちをかける「1の父だが(以下略)」コピペ。
シンジは泣きながら、顔をくしゃくしゃにしてスレを読み続けた。

「なに泣きながらパソコンしてるのよ? 気持ちわるぅ〜〜」
いつの間にか勝手にシンジの部屋にあがりこんできたアスカが、容赦なく
罵声を浴びせる。「根暗」「オタク」「引き籠もり」「ケンスケもどき」……。
ついにシンジは切れた。
おもむろに過激恋愛板にいくと、またスレを立てた。
「今から同居人の女(日独ハーフ)をレイプします」

今度のスレではシンジは神になれそうな予感がしていた………。

終わり。

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:26 ID:3SCZ7oMY
omosiroi!

26 :くま:03/03/08 18:27 ID:AU3ijeyX
あ、アスカはクォーターだったか……。

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:28 ID:???
>>23,24
イイ!! もっと書いて!!

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:29 ID:???
>>26
あ、漏れも今気がついた

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:31 ID:???
レイがゲンドウの肉便器になる話
>>13 >>16 >>21

シンジが2ちゃんねるに「エヴァよどっと来い(エヴァだけじゃない)」
なるスレを建てさんざん馬鹿にされ犯罪に走る話
>>23-24

30 :くま:03/03/08 18:42 ID:AU3ijeyX
3月13日の夜、シンジがあたしに可愛くラッピングされたクッキーをくれた。
「何コレ?」
「アスカ、僕が焼いてるところ見てたじゃない。クッキーだよ」
「それはわかってるけど、だったら普通にくれたらいいじゃない?」
わかってないなぁ〜と言った感じで首を振るシンジ。なんかムカつく。
少し照れを含んだ笑顔で、シンジが言った。

「明日はホワイトデーだよ」

正直に言えば、そんなことはわざわざ教えられなくたって知っている。
アタシが訊いているのは、どうしてそれを前日の今、くれるのかと言うことなのに。
「あ、そ。わざわざ手作りなんて、アンタもマメねぇ」
「こういうのは気持ちだからね。別に市販のでも良かったんだけど」
「ふーん……。で、そのシンジの気持ちとやらをもらうのは誰なのかしら。
やっぱり転校生? それともマナ? 意表を突いて山岸さんだったり?」
平静を装いながら、核心に迫る。
アタシはドキドキしながらシンジの返事を待った。
まだ「アスカだよ」なんて返事を期待してる自分が悲しかった。

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:45 ID:???
シンジが高校デビューに挑戦する話

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:46 ID:3SCZ7oMY
           ∩_∩     
          (;;・(Д)・)ガオー
          (;;∪.∪;;)  
           ∪ ∪     

           アッ クマダ…     


33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 18:52 ID:AU3ijeyX
3月14日の朝。いつもと違い、一人で学校に向かう。
昨晩、シンジは結局誰にクッキーをあげるのか教えてくれなかった。
期待しながら一日を過ごすのも辛いし、シンジが誰かに気持ちを
伝える瞬間も見たくなかった。だから今朝はいつもより早く家を出た。
「アスカー! 待ってよ、ねえ!!」
後ろからシンジの声。家からずっと走ってきたのか、かすれた声。
足を止めると振り返らずにシンジを待った。
アタシの前でぜーはーと肩を上下させるシンジ。
追いかけてきてくれたことはちょっと嬉しかったけど、今日の憂鬱さを
帳消しにしてくれるほどではなかった。
頃合いを見て歩き出す。待ってよ、と着いてくるシンジに腹が立つ。
「アンタねぇ! アタシがいたんじゃ、渡すモノも渡せないんじゃないの?」
「へ? 何のこと?」
ああ、もう! コイツの鈍さときたら!
「クッキー渡すんでしょ? 今日はあんまりアタシと一緒に居ない方が
いいんじゃないのって気を遣ってやってんのよ!」

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 19:02 ID:AU3ijeyX
「ああ、そんなことか」
「そんなことぉ!? 女の子にとっちゃあ重大事でしょ!
アンタ、一ヶ月前、自分がやきもきしてたのもう忘れたの?」
アタシは結局、用意したものの恥ずかしくてシンジにチョコは
あげられなかったんだけど…。
「だって、別に誰にもあげる予定ないし」
「は? だって、アンタ昨日……」
「うん、だからあげたよ、クッキー? アスカ、食べてくれた?」
アタシの頭はクエスチョンだらけで、もうパニック寸前だった。
「だ、だって、昨日はまだ13日じゃない!
 だからアタシ、どうせついでだからくれたんだなって……」
「だってアスカ、チョコくれなかったもの」
「あ、いや、そうだけど……」
「だからホワイトデーは絶対に何もあげないことにしたんだ」
「……それで昨夜?」
「うん、まぁ、そんな感じ……」
シンジはそう言って鼻の頭をかいた。アタシは堪えきれず笑ってしまう。
あーもー! あれこれ心配して損した!

「じ、じゃあ、今夜、アタシがチョコあげるって言ったら……。
言ったら……。もらってくれる?」

終わり。

35 :7:03/03/08 19:37 ID:???


36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 19:40 ID:???
レイがゲンドウの肉便器になる話
>>13 >>16 >>21

シンジが2ちゃんねるに「エヴァよどっと来い(エヴァだけじゃない)」
なるスレを建てさんざん馬鹿にされ犯罪に走る話
>>23-24

アスカとシンジの日常的な生活を起きてから寝るまで
>>30 >>33-34

37 :くま:03/03/08 19:41 ID:AU3ijeyX
>36
あ、まとめてくれてありがと。
最後の話はアスカ中心のLASのつもりです。

38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 21:53 ID:???
くまさん、とっても面白いです、がんばってください。

漏れ的にはLAS話が良かったです

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/08 23:27 ID:???
くまさんは次回も書いてくれるんでしょうか?

40 :くま:03/03/09 02:03 ID:xDy+ukQq
女性の恥じらいと言うのは味覚と同じで、ある状況が一定時間続くと次第に
麻痺するものらしい。加持はパンツに首にかけたタオルだけの姿で、
扇風機の前にあぐらをかくミサトの姿にそんなことを思った。
「おい、扇風機を独り占めするなよ。俺だって暑いんだぞ」
ミサトはビールの栓を開け、グイグイと喉に流し込むとさも当然といった
顔で答えた。
「いーじゃなーい。アタシ、お風呂あがりなんだもん」
「へーへー、そうでございますか」
諦めて団扇で涼をとる加持にミサトが手招きする。
やれやれ、と彼女の側に行く。どうやら彼女の前に座れ、ということらしい。
扇風機の有り難みを味わう加持をミサトが後ろから首に手を回し抱きしめる。
「こうすれば、二人で涼めるでしょ?」
言ってビールを口にし、畳の上に置くとうっふっふと笑った。
ミサトは悪戯っぽく加持の体に手を這わせた。首筋、胸、下腹部……。
「おいおい、またするのか? さっきしたばかりじゃないか」
「そんなこと言って、加持くん、ここ、熱くなってるよ……」





41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 02:14 ID:xDy+ukQq
そりゃ、そんなに触られたら誰だってそうなるだろ……。
そう思ったが、加持はそれを口にするほど無粋では無かった。
体を捻り、ミサトに唇を重ねながら視線を布団の横にやる。
一つ、思い出した。
「残念。さっき、ゴム使い切ったの忘れてたよ」
「え〜〜」
口先を尖らせ不機嫌をあらわにするミサト。
「いいじゃないか。今日は大人しく寝よう。明日、友達に会うんだろ?」
「そうだけど〜。……加持くんはしたくないの? もう飽きちゃった?」
演技がかった悲しみ顔で問うミサトに加持は溜め息をもらした。
そこまでがっついて「したい」わけじゃなかったが、女性にそう言われては
別にしたくないなんて言えるわけがない。
「わかったよ。どうせだ、ダースで買ってくるさ」
「ホントにぃ? んも〜、加持くんのえっち〜」
「あのなぁ……」
「うそ、冗談! でも、本当に一箱だけでいいわよ」
だって、とミサトは続けた。
「ゴム切らすたびに加持くん、コンビニ行ってくれるでしょ? ついでに買い出しも
よろしく〜。明日の朝はパンがいいなぁ。もうラーメンは飽きちゃった」


42 :くま:03/03/09 02:26 ID:xDy+ukQq
「わかりましたよ、お姫様」
そう言って加持は部屋を出た。
なんとまあ色気の無い生活だろう。一人、苦笑いする。
ミサトが加持のアパートに転がりこんできてはや二週間が経つ。
彼女が大人しくしてたのは最初だけで、日数で言えば二日、
セックスの回数で言えば五回だけ。少々呆れる点も無いわけではない。
ただ、彼女の開けっ広げな性格、態度、振る舞い、そうしたものがミサトの
全てではないことを知っているから、彼女を単にずうずうしい女だと
評することは出来なかった。
ミサトの胸にある傷跡。初めてそれを目にしたとき、加持はショックを受けた。
ミサトがそれまで加持の思ってたような単純な女ではないと知った。
彼女の見せる表層的な態度は、言えば傷口を覆い隠す衣装のようなもの
なのだ。加持はそれを知りたくなり、一層彼女に心惹かれた。
……のだが。

帰宅して、あられもない姿で眠るミサトの姿に加持は肩を落とした。
「買いかぶりすぎかな……」

43 :くま:03/03/09 02:28 ID:xDy+ukQq
↑ これで終わり。短くするために逃げた嫌いもあるけど加持とミサト。

>39
暇があれば来ます。なんかリクあれば宜しくです。
ある程度シチュエーションが指定されてるほうが書きやすいです。
QLASで!とかは難しい……。

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 02:40 ID:???
凄いねきみ。

45 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 02:43 ID:???
>>43
乙です。
くまさん、これからもがんがってください!!

46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 02:45 ID:???
ここ面白い!
EOE後誰も帰って来なかったらってのヨロシク。

47 :くま:03/03/09 03:01 ID:xDy+ukQq
>46

赤い海。赤い虹の空。赤い土。赤い世界。
海岸によせる波の音だけが響く……。
誰もいない。全ての生物は死に絶え、人の手に成る物は意味を失い、
ただ静かに時の流れに揺れるだけの世界……。

世界は終わった。誰も帰ってこなかった。
いかな物語も奇跡も、ここには存在しなかった。

だって誰もいないんだもーーん(・ 3 ・)

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 09:43 ID:???
騙された・・・糞スレの名を騙った良スレじゃねぇか!

筆は早いし、内容もしっかりしてるし、
しかも、リクエスト通りだな・・・2%もズレていない・・・

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 16:09 ID:???
>くま
久しぶり。

EOE直後の本編準拠ものキボン。

50 :元祖新アスカだぎゃあ:03/03/09 16:12 ID:CcAx4JUq
50ゲッツ!

51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 16:22 ID:???
では、シンジ、アスカ、レイが三人で初号機に乗っての実験中に使徒襲来。
時間が無いのでそのまま迎撃に出たら、なぜか現場にマナとマユミが。しょう
がないので二人をエントリープラグに回収して戦闘。手強い相手を倒すため
に異常シンクロが起こり五人が揃って溶けてしまう。そしてサルベージして
みると、溶けた連中(主に女性陣)がいらん事を考えたために五人が揃って
ふたなり化。その後、残りの四人に輪姦されるシンジ(藁

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 16:26 ID:???
要はふたなりシンジが同じふあtなりにも関わらず、ふたなりのアスカ、レイ、
マナ、マユミにやられる感じ。シンジだけペニス二本でも面白い(藁

53 :くま:03/03/09 17:29 ID:xDy+ukQq
おはようさんです。

>49
もう少し指定が欲しいかも

>50
(σ`Д´)σゲッツ

>51
了解。

54 :くま:03/03/09 17:38 ID:xDy+ukQq
「どうにかしてくださいよ〜〜!」
「どうにかしてよ〜!」
「どうにかしてください……」
「どうにかしなさいよ!!」
「どうなるの、これ……」

子供達の叫びにリツコは頭を抱えた。横ではミサトが引きつった笑いを浮かべている。
事の発端はこうだ。
弐号機が日本にやって来た時の、シンジとアスカが同時にエントリープラグに搭乗して
出撃した時のデータに着目したリツコが、複数人のチルドレンによるシンクロテストを
発案した。実際にはパイロットに秘密裏でダミーシステムを起動させることによる
シンクロ率の強化試験だった。
機体は初号機が選ばれた。レイとシンジの二人がシンクロ出来るエヴァがより
適切だろうという判断からであり、零号機よりは初号機が安定している為だ。
メインパイロットをシンジ、補助として急ごしらえの座席にアスカとレイが座る。
思考ノイズなどの問題はあったがシンジの適正からかシンクロ率は42%で安定した。
データを収集しはじめた途端、警報が響き渡る。使徒の襲来だった。

55 :くま:03/03/09 17:47 ID:xDy+ukQq
何故か急発進する初号機。
「シンジくん! まだ出撃命令は出してないわよ!」
焦るミサトにシンジは弁解する。
「ち、違うんです! 僕はまだ何も!!」
「……。あ、アタシじゃないわよ?」
誰も何も言ってなかったが、それでアスカの思考が初号機を動かしたのだと
皆は理解した。複数シンクロのせいだろうか、アスカのちょっとした思考が
シンジを通じてダイレクトに初号機に伝わっているらしい。
「ええーい、仕方ない! そのまま使徒迎撃!」
トラブルは続く。使徒との戦闘中、何故かまだシェルターに入ってないマナと
マユミに遭遇してしまったのだ。使徒を押さえ込んだまま、勝手にイジェクト
されるエントリープラグ。
「あれ、今度は僕かも……」
シンジがかつてトウジたちにそうしたことを思い出しただけで、プラグが
排出されてしまったのだった。成り行きで二人をエヴァに載せるシンジ。
とうとうプラグ内は5人のタコ詰めになった。
その後、やっとのことで使徒を殲滅したのであったが……。

56 :くま:03/03/09 17:57 ID:xDy+ukQq
戦闘中に異常シンクロが発生し、LCLに溶け込んでしまった五人。
リツコいわくに「エヴァが異物に恐れを抱いたのよ……」。
使徒襲来を恐れつつのサルベージは無事成功したかに見えたのだが…。

何故か女性たちの股間に異物が発生しているのであった。
正確を期すれば、シンジを含め全員が、一対の男女の生殖器を備え…、
ぶっちゃけ、ふたなりになってサルベージされてしまったのだった。

「まぁまぁ、あるものが無くなってたら大変だけど、増えただけなら
お得でいいじゃない?」
ミサトの慰めは子供達の神経を逆撫でしただけだった。
「その問題は、赤木博士がすぐになんとかしてくれるから。ね!」
抗議する子供達をなだめすかし、とりあえずは様子を見るために全員
一つ所に集める必要があるのでミサトのマンションでしばらく暮らして
もらうことにして、帰らせるミサト。
「今日もまた残業ね……」
リツコは頭痛に顔をしかめながら、熱いコーヒーを口に運んだ。

57 :くま:03/03/09 18:10 ID:xDy+ukQq
ちょっと休憩。飯食ってきます。続きは夜に。

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 18:12 ID:???
(・◇・)ゞ 了解

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/09 21:23 ID:???
飯を食いながらふたなり乱交のシナリオを考える
ヤリ手の>>1がいるスレはここですか?

60 :くま:03/03/09 23:55 ID:xDy+ukQq
皆にとって初めての共同生活は波乱のスタートを切った。
トイレで赤面し、お風呂で混乱し、例えば部屋着の選択さえままならないと
いった有様だった。アレの形がハッキリ浮かび上がるような薄着は出来ないからだ。
だが、一番の問題は夜だった。
「眠れない……。眠れない……。って、なんでこんなに固くなってるのよ!?」
アスカは自分のそれが勃起してるのが気になってしょうがなかった。
なんだか「もやもや」としか形容できない気持ちの悪さを感じる。それが欲求不満だ
とは、生まれてこの方初めて男性器を持つ(当たり前だ!)彼女には理解できない。
「んもぅ! 気は進まないけど……」
もう寝てるだろうか? その時はたたき起こせばいいか。そんなことを考えながら
足音を立てずにシンジの部屋に向かうアスカ。餅は餅屋ということだ。
だが、シンジの部屋の前まで来てアスカは先客の気配に気づいた。

61 :6:03/03/10 02:30 ID:???
>>40-42
短けえなおい真面目にやれよ!!

サンキュー。良い感じだ。またリクさせてもらうよ。

62 :46:03/03/10 04:24 ID:???
しょーもないリクに答えてくれて有難うw
ちと笑いました

63 :7:03/03/10 09:59 ID:???
私は短くても良いんですけどね。


64 :51-52:03/03/10 16:04 ID:???
おおっ! 自分で言うのもなんだが、ここまでどうしようも無いリクにきちんと
答えてくれるくま氏に(五人の精液を)多射!!

65 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/10 17:44 ID:???
妊娠して休筆するからやめとけ

66 :くま:03/03/10 22:13 ID:rOWcIRuc
アスカがそっと中を覗き込むと、そこにはにわかに信じがたい光景が広がっていた。
なんと、シンジがレイの後ろから手を添えて彼女の突起物を摩擦しているのだ。
単純に言えば、自慰を教えているのであった。
「だ、だから、こういう感じなんだけど……。綾波、どう……?」
「……くぅっ。わ、わからないけど……。もっとして欲しい……」
あのバカ一体何やってんのよ!? と思いつつアスカの視線は二人に釘付けだ。
「だ、ダメだよ自分で出来るようにならなくちゃ」
「でも、ダメなの……っ。自分だともどかしくて……!」
どうやらレイもアスカと同じく、体が疼いて眠れなかったのらしい。
そして、シンジの助けを乞うという発想も同じだった。ただ、レイの方が行動が早かった。
「こ、今夜だけだからね……」
覚悟を決めたシンジは、アスカには信じられない早さで手を上下させ始めた。
痛くないのかしら……。そう思ったが、あられもない声をあげて体をくねらせるレイの
様子を見るに、痛いどころかかなり気持ちいいらしい。
覗き見しながらアスカは、自分でも知らない内に男根をズボンの上から擦っていた。
背筋に電流が走るような感覚。ただ擦るだけで信じられないくらい気持ちがいい。
じゃあ、ファーストは今、どれくらい気持ちいいのっ……! アスカは熱い吐息を洩らした。


67 :くま:03/03/10 22:14 ID:rOWcIRuc
こんばんわ、くまです。平日はなかなか忙しいです。

>61
短編って言ってるのに 。゜(゜´Д`゜)゜。 

>64
髪にはかけないでって言ってるでしょ!ヽ(`Д´)ノ

68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/10 22:19 ID:FMzi23+C
                 γ⌒/^^/^-
               ,ゝ`/~ /~ /~  /⌒ 
           _  〈(_|  | |~  |~  /^ )
            (/~ /~ /~ /~ ~ /~ /^\
           ()/)/~ /~ |~    .|~ |~ |~ /)
           へ^〈,|,,、,,|,,、,,,,,|~,,,,、〈~,, 〈~ /⌒|)\
          |:::::::   ゛  ゛          ,,,,;;::'''''ヽ
          |::::::::      ,,,,;;:::::::::::::::       __ ヽ
          |::: "   __    ::::     <'●, |
         ┌―. - '"-ゞ,●>   ::::::...         |  
          | | ̄..          :::::::          |
          ヽ.\{_           ( ○ ,:○)   | 
           \\/.                   |
             \_ヽ.        __,-'ニニニヽ .  | ツュッ♪
..                ヽ.        ヾニ二ン"  /
                \               /
                 |              |
                 |              /
                 ヽ\             /  
                  l  `ー-::、_       ,,..'|ヽ. 
                 :人      `ー――'''''  / ヽ
              _/  `ー-、          ,.-'"   \ー-、
           ,.-'"  \:      \      .,.-''"     |
         /.     \        ~>、,.-''"      |
    ,,..-‐'''""        ヾ    ,.-''"|    /――――、/

69 :くま:03/03/10 22:38 ID:rOWcIRuc
レイがとうとう絶頂を迎える時がきた。
後ろにいるシンジの腕に手を回しギュッと掴む。体が震え息も絶え絶えになる。
「い、碇くん、わ、わたし、も、もうっ……。はっ、あああああぁぁぁぁぁ!!」
一体どこに蓄えられていたのか、大量の精液を迸らせレイは果てた。
自分自身は何も刺激してないシンジまで、レイの見せた痴態に息を荒くしている。
ぐったりともたれかかってくるレイの体重を感じていたシンジは、部屋に誰か
入ってきたのに気づいてギョッと振り返った。そして心臓が口から飛び出した。
あのアスカが下半身裸で、いきり立ったソレに戸惑いを見せながらシンジに
懇願してきたからだ。
「シンジぃ……アタシにもファーストと同じようにしてよぉ……」
シンジは声も出せずただただ頷くと、アスカをベッドに腰掛けさせ、正面から
彼女のペニスに触れた。それだけでアスカはビクッと体を震わせた。
「す、するよ……?」
「はっ、はやくして……! お願い……」
シンジはアスカの物から目を逸らし、手を動かし始めた。あっ、あっ、と可愛い
声をあげるアスカに目眩さえ覚えるほどに興奮する。
だが、アスカがしおらしくしてたのは最初だけだった。

70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/11 04:38 ID:???
18禁らぶらぶLRSを頼む。

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/11 16:53 ID:???
>>54
わっはっはっ、いいね。そういやシンジは股間の物以外女になってるんだよな、これ。
どうせなら、某ふたなりFFみたく、両胸が精巣になってるので持続力も常人の数倍、
消耗も(最後の一滴以外)ほとんど無し、女性器との併用で絶頂の瞬間が長時間続き、
かつ連続でイけ、ほとんど冷めないようにしてもいいな。(更に、体が女性ベースなの
で、本欄の男性器よりも感度そのものが高く、女性器やらアナル、乳首やらと併用す
ると個々の感度も更に上昇すうrと面白い)

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/12 18:05 ID:???
>>71
何処のエイリアンだよw

73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/12 20:43 ID:???
そのエイリアンのごとき身体で人外魔境の快楽を味わい、心身共に四人に輪姦され
ないと生きていけない体になるシンジと、攻める快楽に目覚め、心身共にシンジを
輪姦しないと生きて行けなくなる四人というのも面白いな。(人としては終わった
気もするが)

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/12 21:35 ID:???
>>73
そんなん頼んだら>>1が人生捨てることになりかねないな

75 :山崎渉:03/03/13 15:59 ID:???
(^^)

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/13 22:53 ID:???
保全

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/13 23:37 ID:???
>>49だけど、あの赤い海、「キモチワルイ」の続きキボン。直後から。
話が飛んじゃわない現実的なやつ(食べ物とかどうしたんだろう?)。
キモチワルイと言われたシンジの反応からスタート。
落ちは別になくとも良いです。リアルにお願いします。

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/15 19:05 ID:???
くま氏再臨を願いage

79 :超先生 ◆lqB/RR/OqE :03/03/21 21:27 ID:???
.    ∧_∧
   < `ш´> 終わりかよ。
  ._φ__⊂)__
./旦/三/./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. |
| 誰彼百円 |/

80 :くま:03/03/22 11:17 ID:???
ども。最近、忙しかったくまです。
ふたなりのやつは間が空いちゃったのでこれまでにしてください。ごめん。

流れとしてはシンジの手コキに満足できなかったアスカがシンジを押し倒して挿入。
レイも復活してシンジに挿入。起きてきて覗いてたマナとマユミをアスカが招き
入れて、二人ともシンジに挿入。その後、マユミがレイに挿入。マユミの後ろに
アスカが挿入。アスカのをキレイにしたマナにアスカが挿入。誰にも挿入できずに
泣き出すシンジを哀れに思ったみんなが彼を誘い、シンジが4人に順番に挿入。
乱交で徹夜したところに帰宅したミサトを5人で挿入。

「しばらくは、このままでいいかな〜」となった5人に、ひきつった笑顔のミサトに
不審がるリツコで終わり。構想が長すぎた。失敗、失敗……。

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/03/25 03:02 ID:???
くま氏復活?
無理せん程度に頑張って下さい。
気長に待ってますンで

82 :51-52:03/03/30 18:06 ID:???
>>80
うーむ。残念。しかし、ここまで想像を超えたおぞましき展開を考えてくれていた
くま氏に改めて(五人の精液を両目、両鼻、口めがけて)多謝!!

83 :7:03/04/04 12:04 ID:???
くま氏来ないなぁ…
一応このスレ、お気に入りに叩きこんでいるんだがね…

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/04/04 13:08 ID:???
>>82のせいで産休中か…

85 :山崎渉:03/04/17 12:02 ID:???
(^^)

86 :山崎渉:03/04/20 00:33 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

87 :山崎渉:03/05/28 13:36 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

88 :v106.ctktv.ne.jp:03/06/21 17:08 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉


89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/06/21 19:11 ID:???
        │\   Λ_Λ 
        │  \≡(゚∀゚ ) ≡=   アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!
        │   \≡// ))≡=
        │    ≡」」」≡=
        │
        │ 
        │
        │
        │
        │
        │
        │
         |
       Λ| Λ
      ( / ⌒ヽ
       | |   | >>88
       ∪ / ノ
        | ||
        ∪∪

90 :ネオだがね:03/07/02 22:14 ID:???
                 γ⌒/^^/^-
               ,ゝ`/~ /~ /~  /⌒ 
           _  〈(_|  | |~  |~  /^ )
            (/~ /~ /~ /~ ~ /~ /^\
           ()/)/~ /~ |~    .|~ |~ |~ /)
           へ^〈,|,,、,,|,,、,,,,,|~,,,,、〈~,, 〈~ /⌒|)\
          |:::::::   ゛  ゛          ,,,,;;::'''''ヽ
          |::::::::      ,,,,;;:::::::::::::::       __ ヽ
          |::: "   __    ::::     <'●, |
         ┌―. - '"-ゞ,●>   ::::::...         |  
          | | ̄..          :::::::          |
          ヽ.\{_           ( ○ ,:○)   | 
           \\/.                   |
             \_ヽ.        __,-'ニニニヽ .  | ツュッ♪
..                ヽ.        ヾニ二ン"  /
                \               /
                 |              |
                 |              /
                 ヽ\             /  
                  l  `ー-::、_       ,,..'|ヽ. 
                 :人      `ー――'''''  / ヽ
              _/  `ー-、          ,.-'"   \ー-、
           ,.-'"  \:      \      .,.-''"     |
         /.     \        ~>、,.-''"      |


91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/03 00:02 ID:???
>>90
( ゚∀゚)ア━━━━ヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!

92 :*******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/07/11 14:46 ID:???
死ねば?

93 :だがね帝國:03/07/12 20:55 ID:???
>>91
( ゚∀゚)ア━━━━ヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!


94 :山崎 渉:03/07/15 11:34 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)