2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

作曲するときメロディを先に考えるのって

1 : :04/04/11 19:11 ID:fJgJHXDj
自分がそうなんですが。
しかもキーボード弾いてメロディを導き出すのではなく頭だけで考えてしまう始末。
それではやはりすぐ限界がきますかね?

2 :nanashi:04/04/11 19:18 ID:HX9nzSZI
はじめての2ゲット

3 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/11 19:18 ID:8fMrEFVC
トランクスから袋と毛が見えてます!

4 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/11 19:32 ID:BCeR29Ea
4!


5 :dai ◆7mWR1hQljo :04/04/11 19:33 ID:lt2C4dZC
自分もメロディから先。
俺はキーボードを弾いてメロディを考えてまつ。

6 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/11 19:53 ID:XjkHG8Fz
ガチンコ緊急企画決定!!
【DTM板】 Blazan男の対決! 【コテ試合】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1081680316/

7 :CrossWord:04/04/11 20:14 ID:9OT32lZ9
提案として、
まず、メロディーを作りますよね。
そして、そのメロディーにコードをつけます。
大抵その場合簡単なコードがつく場合が多いのですが、
その簡単なコードをもっと複雑な、たとえば借用和音や
テンションを使ったコードに差し替えます。
そうすると、その差し替えた部分のメロディーに対し
「このコードを当てはめるにはこうしたほうがいいよな...?」と
自然とメロディーに手直しを施していきます。
私はこの方法でメロディーを直していきますね。

8 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/11 20:23 ID:4+1b7wGf
>>5
初期のころのアルペジオ垂れ流しみたいなメロディーも素で考えたの?

9 :それでいいと思うよ:04/04/11 21:48 ID:qqKypNOn
>>1
それが最高の方法ですが、何か?
バッハは鍵盤を弾きながら作曲するなと言ってます
>>1の方法は、散歩しながらアイデアをひねり出していたベートーベンとも
つながるやり方では?

10 :dai ◆7mWR1hQljo :04/04/11 23:05 ID:qrZUIdT1
>>8
そのとおりです。

11 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 00:55 ID:5w3l5c3f
だいたいめろでぃーとかコードとか極端に分けて考えなくて良いと。
メロディー先行でもそれはコード感伴ったものの場合が殆どだし
コード先行といっても、そのコードのどこかにメロディーが隠れてるわけだしね
要は「対位」ってことだよね
メロディーの対位が要


12 ::04/04/12 01:03 ID:gKg9pLQ2
皆さんの意見を聞いてみるとこのままのスタイルでいいみたいですね。
バッハの教えに従いましょう。ベートーベン。私も常に頭の中にあるのは
音楽かエロです。
でもいつもチープなメロディしか思い浮かばないんだよなー。
もっといろんな曲聴かなきゃいけないのかな。


13 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 01:05 ID:y0lpX1IZ
第九って、オーケストラで演奏しないと
すごーくチープな間抜けなメロだと思う。
聞かせ方次第じゃないのかな。

14 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 01:15 ID:Rqt/R+de
パッションの伴わないメロなど犬のウンコだ

15 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 01:18 ID:Aaoias0w
ドラムンベースから考えます。

>>13
ぼくもそう思うんだよね。

16 ::04/04/12 01:44 ID:gKg9pLQ2
ちなみにベースラインは最後に考えてます。
あとやっぱ頭でメロ考えるのはけっこうな音感がないと決まりきった音程進行に
なりませんかね。私の場合6度進行とか絶対出てこないと思う。

17 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 02:47 ID:VePXoenG
>私も常に頭の中にあるのは音楽かエロです。

ワロタ。漏れも曲を作るにはまずメロディからです。いいメロが浮かぶと、それに
合う様なベースとドラムが出てきます。その他、外野は最終的に骨格が出来て
から作る場合がほとんどです。
いいメロ浮かんでも忘れちゃうんだよなぁ。しかも、そういうのって大抵は
死後途中に浮かんだりするし。。。_ト ̄|○

18 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 03:15 ID:5w3l5c3f
「メロディ先行」は調性内での場合は大いにありだが、
横メロディと縦コードの対位的な張力関係を表現し辛くなるのはたしか。
まあ曲によって、またはセクションによってという事に変りはないが・・
ある程度(余程?)耳が養われていれば、そんなことも関係なくメロディ完全先行型もありうる。
メロディー作ってる時点で同時に和音が頭に鳴ってるとかね。でもそうなると別に先行でもなんでも無いわけだが。


19 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 03:17 ID:5w3l5c3f
>>16
それぞれの音程についても、その意味とか効用を学んだらいいと思う。
1度から始まって7度まで長短減増と。

声帯の関係では近い音程の方が楽なのは当然(半音・スケールワイズ問わず順次進行ってのはこういう意味もある)。
声帯に伴って(従って)人間の脳みそも考える。
例えば6度音程など広い音程は(西洋・調性音楽的には)三度の展開形として考えた方が、応用が利くし、自由に使いこなせるようになる。
「三度がオクターブ上がった」とか「三度がオクターブ下がった」という風に。
一見遠回りのようなこの理屈も実は、人間の有機的・機能的な理屈から見れば、こちらの方が自然な筋道という事にもなる。

20 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 03:26 ID:5w3l5c3f
あと、ある意味和音と旋律って実は定義が曖昧なもので、
ど〜ど〜み〜なんてメローディーが曲の頭にあったらこれはもうCコードなんだよね。
それか前後関係でAmとか。メロディーが先とかコードが先かって問題じゃない。
この理屈を延長すると、コードを横に幾つか並べたらそれだけで複声のメロディーでもある。
ただ聴感上判りにくいってことで、安易にこれやると「この曲はメローディーがない」なんてことにもなりやすい。
何か意味がなければただの和音の羅列に過ぎないわけだからねえ

21 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 11:26 ID:gKg9pLQ2
でもメロディが分かり難い曲ってかっこいいと思う。

22 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 11:42 ID:ucBGafRD
頭でメロディを考えろってバッハが言ったのは確か。
で、大作曲家はそういう人が多かったらしいのも確か。

でも、それは楽器を習熟して頭の中に音楽が成り立つようになってからの話なんじゃないかなあと思うわけです。
そろばんでもずっとやってる人は頭の中でそろばんを弾けるけど、そういうものなんじゃないかな。
素人には無理。

だから、俺はまずは鍵盤からってのをお勧めします。

23 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 11:44 ID:ucBGafRD
メロディじゃないや、作曲しなさいって言ったんだよね。
間違っちゃった。

〜〜を習熟するって言い回しにも不安が残るのだが・・・、さて。

24 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 13:04 ID:APbVXKks
たまにうとうとと、まどろんでいる時や、
夢で見たメロディーを再現しようとするのですが……
どうにも違う_| ̄|○

25 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 13:19 ID:FG3990l8
ラヴェルは音を正確に聞き取るのはピアノが1番だと言ってたし
ストラヴィンスキーは作曲する人間には2種類いる、ピアノを
使う奴、使わない奴ただそれだけだ。私はピアノを使って作曲する。
って話もあるから自分が作曲しやすいやり方でいいんじゃない?
こういう考え方だめかな?

26 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 13:49 ID:bufGvuBS
良スレ…?

僕もメロディーと和音を頭の中で鳴らします。
それから、楽譜や音符にいきなりなおせないので、キーボーデを使ってなおしてます。
みなさんは楽譜とかに、いきなりなおせます?
外出時にスケッチするときなんかは、音叉必須です…

27 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 14:06 ID:sHfKqMyK
俺の頭は8トラックで最大同時発音数32です。

と冗談はさておき、俺もメロディー先行かな。
先にコード進行を作ってしまうとメロディーがコードに縛られてしまうことが多いから。
もちろん歩いてるときや、学生のときは授業中とか試験中にメロ思いつくな。
んで即座にメモするわけです。常に五線譜は持ち歩いてますw

28 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 14:22 ID:/Hk4NatA
どんなに頭の中でメロディー先に作ろうとしても
無意識のうちに後ろでコードやリズムが鳴ってるものだと
思うんだが。完全に切り離して考えれる奴なんているのか?
そんなやつオレには神としか思えない。
生まれて今日まで一度も音楽を聴いたことがない奴は別だがなー。

29 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 14:56 ID:gKg9pLQ2
歌もの作るとき詩先で作ってる人いるかな?
俺歌で一番重要なのは歌詞だと思うんで今時詩先の人いたら尊敬する。
そんなこと言ってるわりに自分はメロ先なんだけどね。

30 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 15:26 ID:PrffJCXZ
メロディ先に作ったほうが天衣無縫って感じでカッコいいね。


そう思ってメロディ先に作ってみた。


人には向き不向きってものがあると思った

31 :Blazan ◆G2wckTGxAo :04/04/12 22:16 ID:4RM00Fj/
メロディーを先に作ると俺のような曲になります。

32 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/12 23:49 ID:sHfKqMyK
>>31
原因は「メロディーを先に作る手法」にではなく「作曲者の才能」にあると思われます。

33 :Blazan ◆G2wckTGxAo :04/04/13 02:09 ID:cF84yUmA
あっ、そうか!!

34 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 03:37 ID:ULBrXzZH
>>23
武満徹もピアノ弾けないよね、確か。

35 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 03:39 ID:ULBrXzZH
メロディを先に作ると、歌謡曲っぽくならない?
森山直太郎みたいな曲になる。
俺はパールジャムみたいな曲が作りたいのに・・・

36 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 04:30 ID:B3SYb2bY
>>34
そういう圧倒的な天才を比較にだしてもしょうがない。
ジョンレノンだってポールマッカートニーだってまともにはピアノ弾けないわけだし。

37 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 04:34 ID:B3SYb2bY
IDがB3、SY、b2。ちょっとウレシイ

38 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 12:05 ID:Bm6YYHTD
俺が頭でメロディー考えると鼻歌で口ずさめるようなメロディーしか思いつかないんだが・・・。
複雑なメロディーは無理。

39 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 21:38 ID:wv1uVfFy
どんな複雑な旋律でも基本は鼻歌だよ
よい旋律って意味ではそれは変らない

40 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 21:40 ID:wv1uVfFy
鼻歌も練習すれば世界は広がる

41 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 21:42 ID:wv1uVfFy
>>メロディを先に作ると、歌謡曲っぽくならない?
「売れる」「誰でも口ずさめる」ってのはある意味最大公約数的なわけだから
それはそれ。


42 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/13 21:44 ID:wv1uVfFy
武満は別に自分の演奏にピアノ使わないし、譜面書ければそれでよかったんだよ
譜面書くためにはピアノ位使ったと思うが・・

43 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 01:14 ID:wu7cetsH
>>41
でも、洋楽のロックの名曲の中にはほとんどメロディラインないのが多いよ。
へルタースケルターのイントロは4音。

44 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 03:18 ID:AsTk15Xm
ヴァン・ヘイレンのJUMPなんてリフ一発だし。

45 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 03:28 ID:ihgAr02s
ベースと同時に作ります。
ガイドにちょっとしたリズムパターンをループさせます。

46 :Blazan ◆G2wckTGxAo :04/04/14 07:33 ID:/DA1F5JD
それもいいかも。

47 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 09:56 ID:iF1jfV+e
洋楽と歌謡曲は違うでしょ

48 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 10:01 ID:NAU1Xr3q
ベースライン>メロディ>最後に会いそうなコードを乗っける
という俺。(童貞&天使

49 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 10:37 ID:IfEWF5AI
>>27
漏れの頭は2トラックの最大同時発音数4くらいだ。
低スペックだよ_ト ̄|○

50 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 12:22 ID:rPSV14LR
>>44

キーボードリフのことだよね。あれってメロディーになってるじゃん。
音色にインパクトがあって、メロディーとあってるから心地よい。

51 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 12:42 ID:wu7cetsH
>>50
ギタリストならではのキーボード利府だね。
この間ベストヒットUSAでライブやってたけど、あまりの下手さに笑った、というか懐かしくて涙出た。

52 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 18:51 ID:5tTz4mvU
>>51
「というか」の使い方がおかしいと思います

53 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/14 19:00 ID:V9QZueqX
はぁぁぁぁ!??

54 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 03:07 ID:YQTG1qec
>>52
本当に笑ったけど涙も出たんだよ。

55 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 03:25 ID:IeGp7RKv
リズムもまたメロディーってことだよね。
単純な音使いでもリズムとか音色とかいろんな要素があると
そんな考え方は20世紀の作曲家は散々やってきたことだが・

56 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 03:30 ID:IeGp7RKv
>>でもメロディが分かり難い曲ってかっこいいと思う。
どうしてもマニアックになりがちだよね
広く受け入れられるのは、いまだに強いメローディーだったりもする。
でもロックなんてのは音色に革命的な要素があったと思うから音色に強さがあるわけで


57 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 12:49 ID:lAK83tDM
音楽の構成要素は音程とリズムと音色である。

58 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 16:46 ID:SImwBkYu
>メロディが分かり難い曲
ぶっちゃけ気持ち悪い。
自分で難解な曲、
緻密に計算されたコード進行を作ったと思って悦に浸ってる作曲者がさらにキモイ。

59 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 17:05 ID:HvzyFgNQ
>>58
激しく同意

60 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 17:17 ID:lAK83tDM
>>58
まだ作ってはいないが作ろうと思っている。
やっぱ知的さを感じさせたいじゃん。

61 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 19:56 ID:dlqOOa57
>>58-59
まあものによるわな
因みに60はうp汁
99%外れだとはおもうがw

62 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/15 19:59 ID:YQTG1qec
>>58
pearl jamなんかは、よくよく考えるとおかしなコードだったりするが、全然違和感もない。
メロディも思いつかない音使いなのに奇をてらった感じがしない。
ああいうのを目指してます。
でも、目指すと不自然になるんだよね・・・

63 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/16 02:46 ID:GheDIqku
俺もメロディ先行なんだが(これが寝入る直前にいいの湧いてくるから厄介)
頭の中で鳴ってるコードを載せようとすると
いつもコード進行の規律に阻まれる。
トゥーファイブだか強進行だか・・・。
でも頭の中優先の方がいい伴奏つくとそっち優先するから
もうわけのわからんコード進行になってしまって・・・
何かいい解決方法ないですか?

64 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/16 04:30 ID:d7kI0+6T
いろんな和声進行の曲を沢山聴いて、分析して、構造を頭と耳に叩き込む
メロディー浮かんだら、すぐ譜面におこして寝る
それからじっくり譜面上かピアノで和音を吟味する
慣れたら脳内で複雑な和声進行でも扱えるようになるんではないかなと

65 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/16 09:10 ID:TGAKPIk8
和声 バス進行 メロディーを一緒に作っていく方が
簡単じゃないですか?メロディーだけパッと頭にうかぶなんて
俺には天才に見える。すげー羨ましい。かっこいいな。

66 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/16 09:24 ID:1pza81Oi
おれの場合頭にメロが浮かんだらそれをしばらく頭の中で転がして、
ギターを手にしてコード付け。

外出中だったり、手許にギターがないときはボイスレコーダーにメモ緑しておいて、
後でコード付け作業。


67 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/16 21:18 ID:d8ECxpSb
理論も何もわからずメロを作っていたときは、結局ダイアトニックな単純な曲しか作れなかった(もちろん
そういう曲にも名曲はあるが・・・)

完全コード進行先行にしたら、今度はメロがつまらなくなった。

今ではメロとコードは同時進行でやってまつ

68 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/17 03:27 ID:Fe1oJOfA
おれはギターリフで大まかな流れを作って、適当英語で歌いながら録音。
50テイクくらいで放置。
1ヵ月後とかに聞いてもよかったら本格的に作りこみます。

69 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/18 11:49 ID:dqJtLH+M
>>39
私は、それ賛成。

70 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/18 12:16 ID:Uvk2zLwP
俺はオカリナでメロディライン作ったあとピアニカでコード付け。
貧乏くさいかもしれないけどリズムは箸と茶碗でチンチン作る。


71 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/19 05:01 ID:+uBRQtA+
↑無問題
上級者向けともいえる

72 :70:04/04/19 05:11 ID:sOYCE0Vi
ちなみにオカリナは100円ショップで買ったやすもん。
吹けるようになるまで2年かかった。
ピアニカは小学校入学時に手に入れた17年もの。
例によって箸と茶碗も秋葉原デパートの100円ショップで手に入れた代物。
キーボードあるんだからキーボード使えよ。


73 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/20 02:08 ID:uOe+o9Rd
>>68
ミスチル、サザンも適当英語だよね。

74 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/20 13:01 ID:H2Kjj/Zl
>>73
ワロタ

75 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/21 05:34 ID:jBJ4LjI4
>>74
別に笑うところではないと思うが。
以前ラジオでミスチルの桜井が自分のデモテープ紹介してたが、そこで適当な英語で歌ってる、といってた。

76 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/22 00:36 ID:jaXG2NNA
死んだ人の悪口は良くないと思う

77 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/22 19:15 ID:O6GkODn/
脳梗塞だっけ?
ご冥福をお祈りします。

78 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/25 12:36 ID:92irQafa
自分の個性を出したければ頭でメロを考えることだ。

79 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/04/25 13:04 ID:CTp4SvwL
メロだけ浮かんできて、それを繰り返し脳内再生してるとそのうちオケまで完璧に完成するんだけど
実際それを形にしようとすると…_| ̄|○

80 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/25 13:07 ID:faa3A+MS
メロディから書くと殺人的にダサくなる&コードつけて
アレンジやってるうちに元ネタを忘れてしまうので、、
コードから作ってる。

81 :名無しサンプリング@48kHz:04/04/25 17:20 ID:wDbNPw4S
>>80
no code

82 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 16:35 ID:eyqtCb5O
やっぱメロがない音楽が最強でしょう。
メロがあると各々の聴き手の頭の中に生まれる世界観が全部似たようなものになってしまう。
まあ「この曲を聴いた者は頭の中にこれを想像してほしい!想像するのは絶対これじゃなきゃダメよ!」
っていう作り手がいればメロを使い、それを実現しても構わんが。

83 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 18:02 ID:KDGklA9d
メロがない音楽が最強

84 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 18:53 ID:wlKuq5Jx
>>82
音楽の三要素はリズム、メロディ、ハーモニーなわけで…。

85 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 19:03 ID:ByWfAkcO
いや、音楽の三要素は音、時間、音程だ。

86 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 19:04 ID:+QYf2K18
>>82
それを追求して行き着いたのがシェーンベルクの12音技法。
といいつつ彼の音楽は美しいのだが。

マイルス・デイビスも、「優れた音楽家はみな12音プレイヤーだ」と言っている。

87 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 19:47 ID:xoZs6no5
>>82
世界観を聞き手に100%ゆだねる音楽なんて、
果たしてまともな音楽として機能できるのかね?

自分なりのイメージなり想いなりを曲の中にこめて、
それを音楽として聞き手に伝えるのが普通だろ。
(それを表立って公表するかどうかはともかくにして)
絵だって詩だって小説だってそうだ。

確かに、「これはあなた達の解釈に任せます」という芸術作品もないではないが、
そういうものの大半は一過性で、
初めは珍しがられるが、技法が真似されはじめると、とたんに陳腐になる。

「解釈は聞いた奴に任せるよ」っていうのは、
自分の中のイメージを具現化する能力の無い人間が、
それを取り繕ろうためのカッコつけの台詞になりつつある罠。



88 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 22:46 ID:28rGTg/D
世の中には沢山の音楽があっていいと思う。
音響系のコアな奴とかはメロディどころかコードも無いが、
好きな人は好きでたまらないらしいしな。

個人的にはまともな音楽より、少し狂ってる方が好きだし、
そういうのを目指してる。無論、まともな音楽だって凄く好きだ。

89 :87:04/05/01 23:30 ID:xoZs6no5
>>88
俺自身は音響系の音楽もそんなに好みではないが聴くし、
別にメロディが無かろうが、コードが無かろうが、
音楽形態としては全然ありだし、OKだと思う。

しかし、聞き手にまったくイメージを想起させることが出来ず、
「解釈は100%他人任せ」というのは
表現者として、音楽としてどうかなあ?と思うわけですな。

90 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/01 23:53 ID:JXJ+EAiz
>聞き手にまったくイメージを想起させることが出来ず、

この条件を付けるなら確かに微妙かも知れない。
でも、そういう話なの?

91 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/02 12:17 ID:1gP7Fs2j
まあ、12音という狭い世界の中でやってる時点で西洋音楽に嵌ってる罠。

92 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/04 13:28 ID:PH8VPLnq
誰か12音に属さない音。半音の半分の音程、クォーターっつうのか?
をフルに利用した曲をうpするのだ。

93 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/04 13:45 ID:7j4aqBWj
とりあえずコード進行ばっかりで曲作るのはやめような。
日本の売れ線ロックバンド(モドキ)とかってフォークソングばっかりで気持ち悪い。

94 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/04 17:33 ID:EwaOS6/K
>>92
バッハ以前の西洋音楽って、ドの#とレのbが違うんだよね。
バイオリンの人とかは弾き分けてるんでしょ。

クォーターどころか、1オクターブが96音あるスケールもあるぞ。
1スケールが1オクターブ以上あったり・・・

95 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/04 18:22 ID:VgAeQkrA
>>40
BPM200、64分くらいで凄まじい勢いでスケールを昇り降りする、
分かり難いメロディの鼻歌を歌いながら、
自転車でフラフラしている人を想像してワラタ

96 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/04 19:23 ID:yJn40hGU
>>94
そんな時代があったのか。知らなかった・・・・・・

97 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/04 20:09 ID:vJ6jN56g
純正律と平均律な。

98 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 00:22 ID:Y6iqq7ps
ロック房でも考えようによっちゃファ#とソbとか引き分けてるという・・。
ってかあれはミミコピで真似てるのがたまたまそうだってだけの場合が98%
純正律に基づいたものではないがs

99 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 00:34 ID:yw8pzC1x
耳で聞いたら純正律になるんだよ。
耳コピで真似は正しいよ。
転調できるように均等した半音単位でやる方がおかしい。
ベンドが出来る楽器では当たり前のことだよ。
そう言うところも気を使わないと、ベースとか低音凄いずれてくる。

100 :Blazan ◆G2wckTGxAo :04/05/05 00:37 ID:pxZ40Wh2
100

101 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 01:09 ID:wfrFJwMU
変則的かもしれないが・・・
自分の場合、出だしだけコード決めて、メロディ載せてます。

パターン的にはクリシェ進行が好きなので、出だしを決めたら曲のイメージを
頭の中で“絵”にして(例えば霧のかかった教会にいるギタリストの絵とか)
メロディをダダーっとキーボードで打ち込みます(この場合ほとんどヒネリなし)
その後、コードをつなげてその「頭の中の絵」に従ってヒネリを加えます。
手直しで最初に作った単調なメロディを足したり削ったり、カウンターライン
入れたりして厚みを作ります。
基本的に、キッカケは「絵」ですね。自分の場合。よく美術館とか行くと
シーンとしてる中で曲が浮かびます。図書館とかも便利。
逆に騒がしい曲になったりするから不思議 笑

102 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/05 01:15 ID:DhGXh5FQ
イイ感じのコード見つけて、「これ使いたい」と思ったらそのコードに合わせてメロつけるけど、
普段はメロが先。っていうかコードからとか無理。

103 :从イ ^ヮ゚ノl| ◆1IkgneKoKo :04/05/05 01:16 ID:rGw5XAJs
先にメロディを仮決めして、そこからコード起こしてまつ。
その方がコードパターンのバリエーションが期待できるんで。
その後でメロディを修正するけど。


104 :(*゚ー゚)/Rebirth ◆HkUwVbxMak :04/05/05 01:33 ID:dewl6cTE
自分はコードが先ですね.循環できそうな2の倍数小節の進行を作って,後は
それを適当に並べて(゚д゚)ウマー


だから,転調が出来ないわけだがorz

105 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 02:33 ID:qyMr4Aux
俺様はリズムが先。そこに和音バッキングを入れコードパターンを決める。
そこにいろいろ重ねていくわけさ。

106 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 04:17 ID:E4ez9vQK
>>99
アカペラを余興でやってるけど、純正律でハモったときの感動はすごい。
射精しそうになる。

107 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/05 08:51 ID:1d4WiUaP
bpmと単音のf分の1ゆらぎから作り始める人はおらんのですか

108 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 10:52 ID:pyN8p+Ji
>>88
それはまたこのスレで論じる音楽とは違う種類の音楽だと思うんだがいかがだ?

109 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 13:17 ID:E4ez9vQK
>>107

コンセプトからはじめるとろくな音楽にならない。

現代音楽とか聴いてみそ。
おかしいから。
俺も一時はまってたことあるけど、
「こんなに難しい音楽を理解してるのは俺だけ」
という狂った観念に取り付かれていた。
馬鹿だったと思うよ。

110 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 16:04 ID:74A6/O5M
メロだけ先にできるという感覚が分からないです。
自分は作曲の仕事してますが、メロが出てくるときは必ず同時にコードが頭に鳴っています。
と同時にその曲で使う各パート(ドラムとかギターとかその他大雑把に)も全部同時に浮かびます。
もちろん、あとからボイシング変えるとかテンション感変えるとかはありますが
基本的なコードは変わらないです。
コード進行が先に出てきてメロを後から作ることはあるけれど
なんで曲が単音で浮かぶんだ???
分からん・・・

111 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/05 16:24 ID:DhGXh5FQ
>>110
あ・・・、漏れもそれだ。
頭ん中に、最初からほぼ曲として完成してるモノが思い浮かぶ。

112 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/05 16:28 ID:DhGXh5FQ
でもやっぱ場合によるかも。
単音の時と、>>111の時。

113 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 16:52 ID:FslNSmSM
余裕で単音で思い浮かびます。


114 :110:04/05/05 17:46 ID:74A6/O5M
>>18さんあたりも書いていますが
自分の周りのアレンジャーや作曲家さんに聞いても
メロとコードが同時に頭の中で鳴る人は多いわけで
メロのみ先行というのは非常に少ない気がする。
仕事がしたいと曲をもちこんでくる人が多いのだが
メロと和声感とコード進行がばらばら、めちゃくちゃというのは本当によくある。
結局なにも分かってないまま後からコード付けしているのかなと思う。


115 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 17:47 ID:74A6/O5M
あ、あげてしまった。

116 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 18:07 ID:mfsO8mPR
音階とその瞬間瞬間のハーモニーが大事。
コード進行はそれをバッキング用に簡略化したもの。

117 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 20:34 ID:wfrFJwMU
以前音大時代にピアニストとギタリスト数名で教授が作ったテーマに沿って
作曲する授業というのがあった。これで面白い結果が。
ギタリストグループはほとんどコード進行が先に出来上がる。
メロディは鼻歌で奏でる程度。
逆にピアニスト(この場合キーボディストも含む)の場合は、メロとコードが
同時だった。
よく考えてみると、ギターって普通コード楽器の要素が強いよね。
だけどピアノは左手コード弾きしながら右手でメロも重ねてる。
この違いが経験によるものだと分かる面白い授業だった。

だけど、投票結果を見るとギタリストグループの勝利だった。
教授が言うにはピアノのもつ持続音と、ピアニストが持ってるクラシックスタイルの
コード進行が「面白み」を縛ってしまった結果だそうだ。(本当にそうかはしらんが)
ちなみにコード&メロディを同時に作ると、バラして作るよりも時間がかかることも分かった。

つまり、楽器の音色がどーの、ピアニストがどーの、というよりも、作曲者
(創作者)の持つ人間的要素の方が作曲において重要だということ。
だから以前にもレスがあったように、鼻歌っていうのはとても大切な要素なのだ。

また、歌モノは歌詞も重要と言える。知り合いの作詞家は、歌詞先行タイプ。
歌詞を書きながらメロディを口ずさみ、それをレコーダーに記録しておいて
コード進行を決め、キーボードで打ち込む。
この際、メロディは打ち込まない。あくまでもバッキングのみ。
そのあとボーカルに歌ってもらい、歌詞&メロディ&コードを手直し。
出来上がったものは、コード先行ともメロディ先行とも違う。
歌詞に対して忠実にメロディとコードが進行する感じ。
歌詞抜きで聴くと大したことないのだが、歌が入ると別物に変わる。

118 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/05 20:39 ID:DhGXh5FQ
やっぱりギターやってる人ってコードつけるのが上手い。

119 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 21:56 ID:FslNSmSM
リズムから作る人全然いないね。意外。

120 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 22:01 ID:wfrFJwMU
>>119
インストの場合はリズムから入ることが多い。

121 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 22:16 ID:FslNSmSM
音作りしてるとき音色からメロディが浮かぶことない?
この音色だからこそこのメロディって感じで。

122 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 23:11 ID:blW2bLtF
そう言えばメロディ単音で浮かぶときってのは無いですねぇ
あるとすれば他の作業しながら鼻歌を適当に歌ってて
おっ?今の何か良かったとおもうときくらい。

ところでコードが同時に鳴っている人ってのは
そのコードの音が同時にジャーンと鳴っているんでしょうか?
自分の場合、ほとんどメロディが止んでいるところと
リズムのアクセントになる部分でコードの主にベース音なんかが
ダンーダンーと鳴ってたりするんですが・・・
これではあまり作曲の手助けにはならない。。


123 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/05 23:20 ID:wfrFJwMU
>>121
あるある。だけど、この音ネタでこのメロディ・・・あれっ!?どっかで
聴いたことあるような・・・的な事が多い罠・・・自分の場合

124 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 00:39 ID:z9a8qNfF
>>122
絶対音感保持者の私の、場合全てがそろった状態で曲が進行していきます。

125 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 00:45 ID:8b0hOUBk
真の絶対音感なんて存在しないんだよね。

126 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 00:46 ID:8b0hOUBk
真の絶対音感なんて存在しないんだよね。

127 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 00:53 ID:GgyNwXOI
ギターでつくると面白いメロになるというかフックが付くね。
ピアノでつくるとヤマハ系の曲になる。

128 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/06 02:20 ID:t2MGWLsx
>>109
現代音楽くらい聴いてるから('A`)
誰もコンセプトからなんて言ってなくて僕の言ったのがコンセプチュアルな発想なら
メロディーから作ろうがコードから作ろうがコンセプチュアルになってしまう。
それに現音は別に難しくもなんともない普通の音楽だと思う。
現音全部がコンセプトから成立してる訳じゃ無いし
現音に限らずコンセプトよりも個々の原理の組合せを多様化して行く過程に音楽のフラクタルな複雑性があるわけだから
リゲティのポエムサンフォニックとかケージの4:33なんかは歴史として学んどけば良いようなもんで、今同じ事やったらアホだ。
bpmとf分の1ゆらぎから作るっていうのは
例えばノイズやサイケでピッチやヴェロシティのLFOをどう加えるかとかそういう観点から作り始める人がいないかってそういうお話で
イケダリョウジみたいにサイン波のゆらぎの推移だけで曲作ってる人を求めてるわけじゃないのです

129 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/06 02:25 ID:t2MGWLsx
わ、なんとなくレスしたら思いきり空気読めて無いな
メロディから作ってもコードから作っても大体同じ結果になるなあ。
どういう転調を加えるかとか、メロディの最高音の位置とかポリリズムとか加えつつ
無駄なテンションとコードトーンの行き来を抑制して一つ一つの音に意味を求めていくと
必然的にコードやスケール的な観点から逸脱していくからどっから作り始めても大差ないなや

130 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 04:03 ID:tcMaHyRk
>>128
現音?
研音かと思った。

まあいいや。

美しい響きを放棄したのが現代音楽。
その結果、普通の人は現代音楽を聴くとホラー映画のBGMだと思ってしまう。

131 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 14:06 ID:IE2s9b6+
俺ば弦の四声体でスケッチ書く所からはじめてる。
少数派かしら

132 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 14:59 ID:Xx6Oo9tS
>>130
現代音楽って言っても幅広くて、ホラーのBGMじゃないのもあるよ。

>>131
俺も以前はそうだった。

133 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 15:44 ID:MXIO5sMV
美しい響きを放棄したのが現代音楽<<おいおいw

134 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/06 16:49 ID:t2MGWLsx
>>130
現音の意味も分からないような知ったか初心者は
一から勉強し直したまえ
http://jbbs.shitaraba.com/music/4832/
美しい響きと響きの多様性を追究した行った結果が現代音楽でしょ
あなたのいうホラー映画で良く使われるペンデレツキのトーンクラスターの原形とか言われる
音の雲を初めて使ったクセナキスの弟子の高橋悠治が日本で最初にコンピュータで作曲した
オーケストラ曲のオルフィカの出だしのフレーズを椎名林檎のネタ元の戸川純が拝借してたり
ポップミュージックの方法論にも影響を与えているわけだし、
どこから作り始めるのかについて語るのであればメロディーやコードから作るか否かというのと同時に
調性に従って作り始めるか無調で作り始めるかっていう選択肢も等しく存在してると思う。

135 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 17:17 ID:IE2s9b6+
俺も「新しい」を追求しとるジャンルだと思ってますたスマソ
ていうか耳なんてコンテクストの奴隷が美意識の判断基準になるんだろうか

136 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 17:20 ID:C1KGPnNK
最強のジャンルはフラメンコ。

137 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 17:29 ID:Xx6Oo9tS
現代音楽は、コンセプトから考える人が多いだろうなぁ…。
俺はメロディからだけど。

138 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 18:32 ID:F5PtmOVC
>>134
一般の人が聞いたらクセナキスなんか雑音でしかない。
モーツァルトだったら失神してるだろ。

戸川純の例は、偉そうな高橋先生の高尚な音楽がポップミュージックの小手先のギミックとしてしか存在価値がない、ということをよく表していると思う。



139 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 21:16 ID:Qvd/mwi3
俺はリズムかな。
元ドラマーだったり、ファンクやってたり。

140 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/06 22:14 ID:/PC2gt62
メロディーを即興的にオケにのせられる人がいないんですよ〜、
って感じの音楽だよな。日本のポップミュージック。

141 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/07 02:08 ID:QSvpFjpR
>>138
モーツァルトで失神した人なんて見たことないが
戸川純の話はホラー映画のネタくらいにしか使われて無いと思い込んでる語彙の少ない人に分からせる為の例
ポップミュージックのギミックとして使われた一つの例から小手先の存在価値しかないという全体に結び付けるのは短絡的なうえに無知です。
実際使われている方法論は、現代のポップやクラブミュージックや音響やノイズやロックやジャズにも確実に影響を与えていて
その多くがギミックっていう単なる余興ではなく音楽上の重要な要素として組み込まれてます
っていうか例えば無調の概念が無かったら今のテクノ系の大半は死滅して小室トランスみたいなのしか残らないです
今主流のサイケデリックトランスなんかのウニョウニョした音も高橋悠治のオルフィカも音の動き自体は大差ないし
ビートルズですらやってるミュージックコンクレートなんて要は今でいうサンプリングの走りだし
コンピュータの計算によって音を作り出す事自体今の音楽ソフトでごく普通に行われてる行為だし
歴史は確実に積み重ねられてるんです
他人の話を相対的に考えられないのはハッキリ言って頭堅いし
調性の無い音楽を聴いてる一般人が今どれだけいるかという事に対する認識も相当遅れてると思います
あまりにアホ過ぎるのでsage

142 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/07 03:02 ID:HX7SlFwU
>>141
>>138はモーツァルトがクセナキスを聴いたら
失神するんじゃないか、と申しておるのですが

143 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/07 05:22 ID:QSvpFjpR
>>142
主語が一般の人になってるから読み間違えた

144 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/07 07:32 ID:aPK2UG8k
現代音楽がホラーっていつの時代の話してるんだ

145 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/07 12:41 ID:OdKzCNno
>>141

あんたみたいな人がいるから現代音楽に興味がなくなったんだよ。
ペルトは今でもよく聞くけど。
音楽を歴史的文脈で語るなよ。マルクス主義者かよ。

つーか、お前高橋悠冶本人じゃねえの?
お久しぶりです。
その節はお世話になりました。

146 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/07 13:34 ID:SyFDTwvX
音楽の快楽の本質が時代によって全く別のものになるなら歴史的文脈で語るのは間違いだけど
実際そんな事なくね('A`)バカジャネーノ。
快楽とか抜きにしたって昔の人が糞みたいなコンピュータでやってたことを今の人達だってmspとかスーパーコライダーでやってるわけじゃん。
それ以前にたかだかメロディーやコード以外から作る選択肢もあるってだけの話に感情的なレスされても困るよ全く。

147 :('A`)ア?オモテデロ ◆NOSI/F85nc :04/05/07 13:38 ID:SyFDTwvX
>>145
もう一つ言えばあなたのいう一般人とやらの認識がおかしいと思われたので
その事を説明する為に歴史的文脈を背景にした現代の話をしてるんですよ
マルクスとか関係無いんですよ

148 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/07 13:40 ID:6RNSAMev
俺QY70で現代音楽やってたよ

ピアノ全部微妙にチューニング変えてぐにょぐにょに
して悩むフリしただけだけど、一応単位は取れた

149 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/08 01:52 ID:i31llTPL
>>146
とりあえず高橋悠治は糞。

150 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/08 12:35 ID:JttIfhae
なんだか寒い人が来てるなあ。

とりあえず、思い込みと語彙は関係ないですよ。
語彙は表現手段なんだから。言葉はきちんと使いましょう。

151 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/08 14:47 ID:NzjjXy+r
まあ俺は様々だな
メロディーが先だったり、コードが先だったり、かと思えばリズムが先だったり
CD聞いてインスピレーション得て作ったりと色々するなぁ
同じ方法で曲作ってたら、似通った曲ばかりになっちゃう時あるからね

152 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/08 19:18 ID:RKrBbEeu
>>146も十分感情的なレスだと思うのだが。

153 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/08 20:43 ID:Jvu76wmH
フィルが浮かんで曲を作るときもあるなあ。
なんやら複雑なキメフレーズみたいなの。
で、一週間くらい置いてみると80%が陳腐になってる罠。

154 :オモテデロ@職場:04/05/09 10:13 ID:cLnbBtHV
>>150
比喩表現につっこみ入れられてもつっこみ返す気起きませんよ。
>>152
そりゃそうだ。ROMに徹します


155 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/09 19:29 ID:9JmwvJmz
誰か楽器から作るって香具師はいねぇのか?

156 :从イ ^ヮ゚ノl| ◆1IkgneKoKo :04/05/09 19:43 ID:chyKS/Kj
音色から作る人ならいそう


157 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/09 23:56 ID:Nz6rUjP2
作り始めのパターンが決まってるってのは、ある意味狭いよな。
同じような曲になるような気がする。
オフコースの小田和正みたいに 笑。

158 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/10 05:31 ID:9ACu7U47
ワンパターンが何百曲あって数曲大ヒットすれば十分一流なんだな。

159 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/10 12:32 ID:sD6Tjl0o
>>154
比喩表現?ますます意味がわかんねえ。

160 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/10 13:20 ID:im32hq80
私としてはイメージした曲とか頭の中で流れた曲を
メロディ、リズム、コード、伴奏や曲の形態などなど
完璧に再現して楽譜に書けることが重要だと思うんですが
こればっかりは100%成功したことがない。
作ってくうちに曲風が変わってしまう。(それが決して悪い曲になるわけじゃないけど)

誰か100%俺はイメージどおり書けるぜ!って人いませんか。
いたらコツを教えてください・・・。

161 :名無しサンプリング@48kHz:04/05/10 13:36 ID:K+GbHAaQ
イメージが現実的な範囲から逸脱しているのかな?

イメージの方を妥協しる。
またはイメージに合わせる為に足りない事を箇条書きで整理しる。
どの道100パーセントなんてのは無理だけど。

ラフスケッチ組み立ててから作り込んでいくのもアリかな。
熊の木彫りを掘るには熊じゃない所を削ぎ落とすだけで良いという訳だ。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)